ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

MS クラウドOS時代のIT基盤の選び方―ビジネス戦略から考えるIT基盤の“To-Be”

マイクロソフトが進める理想のIT基盤像とは
ビジネス戦略から考えるIT基盤の“To-Be”
柔軟なハイブリッドクラウドがビジネスを支える

クラウド元年と言われた2010年から3年――。すでに多くの企業がクラウドを自社のIT基盤にしようと考え始めている。そして、これからの企業IT基盤の“最適解”として期待されているのが、オンプレミス(自社運用)とクラウドを適材適所で組み合わせる「ハイブリッドクラウド」だ。マイクロソフトのクラウド戦略と、それを支えるサーバーOSコンセプト「クラウド OS」について、日本マイクロソフトの吉川顕太郎氏と日経BP社の桔梗原富夫が語り合った。

まずはビジネス戦略を考え それを支えるITと基盤を検討

日本マイクロソフト株式会社
サーバープラットフォームビジネス本部
吉川 顕太郎

桔梗原 最近、企業のIT部門の方から「これからのクラウド時代に向け、IT基盤をどのように考えればよいのか」と聞かれることが多くなりました。マイクロソフトはどのようなIT基盤を目指して製品・サービスの開発を進めているのか。それがユーザー企業にどのような影響をもたらすのか、本日はそのようなお話を伺いたいと思います。

吉川氏 これからのIT基盤を考える場合、いま目の前にあるものをどうしようかということではなく、少し下がった視点で見たところから始めたほうがよいと思います。というのも、現在、ITはほんとうにビジネスに貢献できるかどうかが問われているからです。また、人口が減りつつある日本では、国際的競争力を確保するための生産性向上という観点も重要です。そうしたビジネス貢献や生産性向上の原動力となるのが「イノベーティブなビジネスのアイデア」と「それを可能にするIT」という2つの要素。そのITを実現するにはどのようなIT基盤が必要か、という順序で考えなければなりません。

桔梗原 まったく、おっしゃるとおりです。

吉川氏 ですから、CIO(最高情報責任者)が経営会議などでアピールする際も、コスト削減効果だけを訴えていては取り合ってもらえないはず。そうではなく、クラウドではこれまで夢物語だったことが可能となり、その結果として売り上げや利益が伸びる、といった説明をしなければなりません。実際、クラウドの力をうまく利活用できるかどうかが、今後、企業の競争力に直結するようになります。

顧客の声にすばやく対応するには迅速さと柔軟性に優れたITが必要

日経BP社
執行役員
日経BPイノベーションICT研究所長
桔梗原 富夫

桔梗原 そうした「ビジネスに貢献するIT」を支えるためのIT基盤には、どのような要件が求められるのでしょうか。

吉川氏 いくつかあります。例えば、顧客の声を聞いてすばやく手を打てるようにすること。スマートフォンの普及によってソーシャルでの情報流通が激しくなり、消費財や消費者向けサービスの世界では顧客の気持ちがとても移ろいやすくなりました。投入時には競争力があると思われたサービスであっても、あとから登場したもっと良いサービスにそのポジションを奪われてしまうことがあるのです。このように変化の激しい時代には、いろいろなことをすばやく実行できるIT基盤が欠かせません。

 また、ビジネス機会の損失を避けるには、短時間に発生した大量のリクエストを効率よく処理することも求められます。クラウドが普及する前は、処理ピーク時の必要量を見積もり、それに耐えられる規模のリソースを初期投資として投入することが一般的でした。しかし、クラウドを容易に使えるいまなら、リソースの割り当て量はいつでも自由自在に伸縮可能です。クラウドストレージに格納したソーシャルの大量データをHadoopで分析し、新しいビジネスに利用するといった使い方にも注目が集まっています。

桔梗原 IT基盤をめぐっては、ここ数年で確かに大きな変化がありました。

吉川氏 さらに、要件の“出し手”にも変化が生じています。かつては、IT部門の人たちがITの活用方法を考え、システムを構築し、実際のビジネスに携わる事業部門の人に使ってもらうというスタイルでした。しかし、ITのコンシューマライゼーションにより、一般の方々がITに触れる機会が増えた結果、事業部門みずからITの活用法を考えることも増えました。スマートフォン/タブレットやパブリックのクラウドサービスでできることがわかってくると、「自分たちならこう使うのに」と思うわけです。ややオーバーに言えば、現場の事業部門のほうが進んでいて、IT部門は追い付けていないというのが現在の状況だと思うのです。

柔軟なシステム展開を実現するシームレスなハイブリッド構成

桔梗原 そのような要求が強まっている今、IT基盤にはどのようなものが望ましいのでしょうか。

吉川氏 現在のIT基盤を表すキーワードは「仮想化」と「クラウド」の2つです。これまではサーバーが仮想化の主な対象でしたが、今はストレージとネットワークを含め、3つのリソースを自由に仮想化できます。また、クラウドももはやバズワードではなく、お客さまはシステムやアプリケーションの展開先を柔軟に選べるようになりました。展開先として、社内のオンプレミス、Windows Azureのようなパブリッククラウド、データセンター事業者などのサービスプロバイダーが提供するサービスなどから自由に選択できます。「システムの載せ替えに苦労した」「いったんある場所に展開してしまうと元の場所には戻せなくなる」といったことはもう昔話です。

そこで望まれるのが、“ポータビリティ”と“オープン”になります。お客さまがやりたいのはビジネスであり、ITの管理ではありません。そこにオンプレミスからクラウドへと移行していく必然性があるのですが、その半面、すべてがクラウドに行くわけではないというリアリティーも存在します。となると、お客さまにとってベストな選択となるのは、オンプレミスとクラウドをシームレスにつなぐハイブリッド方式。オンプレミスとクラウドの間で自由に行き来ができ、オンプレミスで使っていたOS、アプリケーション、データベースをクラウドでも同じように使えるからです。

また、技術面だけでなく、ソフトウェアのライセンスやサポート、サービスについてもハイブリッド対応であることが望まれます。クラウドを利用する際にすべて買い替えとなるのであれば、いくらよい方式でも普及は難しくなるでしょう。企業が求めているのは、購入済みのソフトウェア資産と長年の使用で培われた経験、ノウハウをうまく転用できるハイブリッドクラウドなのです。

桔梗原 スタートアップ企業の場合はクラウドだけでもよいと思いますが、ほとんどの企業の情報システムには連綿とした開発と更改の歴史があります。

吉川氏 そうした歴史をきちんとリスペクトしつつ、そのお客さまにイノベーティブなビジネスをしていただく――。そのためには、既存のスキルセットとラーニングカーブに基づく道具立てを小さなところから始められるようにしなければなりません。お客さまにとっても、それが一番受け入れやすいプランとなるはずです。

ビジネスに役立つIT基盤の提供がIT部門やITベンダーの存在理由に

桔梗原 コンシューマライゼーションに対応しつつ、オンプレミスもクラウドにも対応できる柔軟なIT基盤を提供しなければならない――。IT部門にとっては、非常につらい厳しい時代になりました。

吉川氏 そうした要請にうまく応えられるかどうかが、ビジネスに貢献できるIT部門の試金石になると思います。それはITベンダー側もまったく同じ状況です。そうしたシステムやプラットフォームを提供できるベンダーは今後もお付き合いしていただけますが、旧態依然の製品やサービスしか提供できないのでは取引の継続は難しくなるでしょう。

桔梗原 マイクロソフトは、そうした状況にどのような戦略で臨むのですか。

吉川氏 クラウド時代を迎えた今、マイクロソフトは展開の柔軟性を重視しています。われわれの目標は、ロックインのないオープンなIT基盤として、オンプレミスのサーバー、クラウドとしてのWindows Azure、ホスティング事業者が提供しているクラウドのいずれにも、OSやアプリケーションを展開できるようにすることです。われわれはクラウド専業ベンダーのように「すべてがクラウドに向かう」とも、オンプレミスに力を入れているベンダーのように「クラウドは使い物にならない」とも言いません。ハイブリッドクラウドこそがリアリティー、というのがマイクロソフトの考えです。そのハイブリッドクラウドをいかにシームレスに構築するかが、お客さまの最大の関心事になるのではないでしょうか。

クラウド OSコンセプトに基づき位置付けの明確な製品を提供

桔梗原 現実問題として、企業がIT基盤の刷新を決断するにはそれなりの計画と覚悟が求められます。

吉川氏 われわれは2つのケースを想定しています。1つは、IT基盤のあるべき姿を考えてからシステムを載せていくお客さまのケース。この場合、ITとその基盤のあり方はエンタープライズアーキテクチャーなどの方法論に基づいてお客さまが決めることですから、われわれが心配するまでもありません。もう1つは、システム単位で物事を考えるお客さまのケースです。こちらのお客さまには、全社共通のIT基盤にどのようなメリットがあるかをきちんと説明し、単一のIT基盤でも異なる部署からの多種多様なリクエストをうまく処理できるということを理解していただく必要があると思っています。

これまでのオープン系システムでは、その時点でベストな製品をピックアップしてシステムを構築していくのが一般的でした。ただ、良かれと思ってマルチベンダー構成を選んだ結果、かえって苦労しているお客さまが多いのも事実。システム運用管理やトレーニング負荷を考えると、標準化のセットは1つまたは2つ程度にとどめておいたほうがよいのです。

そこで、われわれは「クラウド OS」というコンセプトを打ち出しました。「クラウドOS」はすでに一般的な用語になりつつありますが、マイクロソフトはクラウド OSを「オンプレミスかクラウドかを意識しなくてすむ世界」という意味で使っています。言い換えれば、複数のサーバーやデータセンターで構成されたシステムも1台のサーバーであるかのように扱えるようにするということです。

また、このコンセプトに基づいて製品開発を進めていけば、今後登場する新製品の位置付けも明確になります。単に「新機能を搭載した製品」ではなく、「クラウド OSという大きな枠組みの中で役割を果たす製品」としてお客さまに評価していただく――。そうした連続性を約束できることが、プラットフォームという標準化のバリューだと思います。

オープンなWindows AzureではLinuxもJavaもOracleも利用可能

桔梗原 Windows AzureではWindows以外のOSも使えるようになったことで、活用できるシーンもずいぶん広がってきました。

吉川氏 弊社のチーフソフトウェアアーキテクトだったレイ・オジーは、Windows Azure構想時から可能なかぎりオープンにすると決めていました。Windowsという冠が付いてはいますが、当初からマイクロソフト純正のスタック以外も積極的にサポートしていく方針だったのです。実際、OSはLinuxが使えますし、ソフトウェア開発キット(SDK)ではJava、PHP、Python、Node.js、Rubyがサポートされています。また、弊社のHyper-VはOracle Databaseを稼働させるハイパーバイザーとしてオラクルから正式な認定を受けましたから、Oracle Databaseを使っているアプリケーションもWindows Azureに安心して載せ替えることができます。

桔梗原 そこまでオープンな戦略をとるのであれば、もはやサーバー関連背品の開発を続ける必要がないのでは、という疑問を抱くのですが。

吉川氏 まずは弊社のパブリッククラウドに来ていただき、Windows Serverやサービスに触れていただく機会を増やそうということです。今、LinuxやOracle Databaseを利用している企業の中には“食わず嫌い”の方もいるのではないでしょうか。一度Windows Serverや.NET Frameworkを試していただき、マイクロソフトのテクノロジーも悪くないと評価していただく――。そうした道筋を確保するためにも、オープンなパブリッククラウドの運用とWindows Server/.NET Frameworkの開発は並行して続けていかなければなりません。

桔梗原氏 最後に、顧客企業の成長と発展に向け、今後マイクロソフトはどのような支援をしていくのですか。

吉川氏 クラウド OSの4本の柱が、成長と発展を目指すお客さまに確かなバリューを提供していくと考えています。第1の柱は、オープンなパブリッククラウドとしての「Modern Datacenter」。第2に、SQL Azureで大量のデータを分析して洞察を得る「Data Insight」があります。第3の柱となるのが、Windows IntuneベースのBYOD(私物デバイスの業務利用)や仮想デスクトップ/リモートデスクトップで生産性を向上させる「People-centric IT」。最後に、クラウドならではのビジネスモデルを実現する「Modern Application」があります。弊社のWindows Azure WebサイトにはModern Applicationでビジネスを急拡大させた企業の事例が多数掲載していますので、ぜひご覧になっていただければと思います。