ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

MS クラウドOS時代のIT基盤の選び方―Windows Server 2012 R2

クラウドOS時代のIT基盤を強力に支援するマイクロソフトの最新ソリューション[Operating System]
Windows Server 2012 R2
~大幅に強化されたクラウド対応とストレージ機能~

2012年、「クラウド OS」ビジョンに基づき、クラウド化を進める企業に向けたIT基盤として登場したWindows Server 2012。そのWindows Server 2012がブラッシュアップされ、「R2」となった。新たなWindows Server 2012 R2は、性能、安定性、拡張性といったOSとしての基本仕様はそのままに、仮想化、ストレージ、モバイル対応の3つの点で強化されている。

新たなアーキテクチャで仮想マシンがさらに高速化

Windows Server 2012の仮想化テクノロジ「Hyper-V」は、中堅中小規模の企業で積極的な採用が進んでいる。専任の管理者がいなくともWindows Serverのライセンス体制や使い勝手のよさ、コストメリットなどで受け入れられてきた。新たなWindows Server 2012 R2のHyper-Vは、リソースの利用や基本機能などの仕様は変わっていないが、従来の仮想マシンを第1世代とし、Windows Server 2012 R2以降で利用できる仮想マシンを第2世代として、仮想マシンの作成時に選択できるように進化した。

新たな第2世代の仮想マシンではアーキテクチャを一新させ、仮想マシン用のバスを直接作るようになっている。第1世代の仮想マシンでは利用しないレガシーデバイスのエミュレーションまで行っているのに対し、第2世代の仮想マシンでは不要なエミュレーションをなくすことで起動時間を約20%、インストールを約50%高速化。仮想デスクトップを提供しているような企業では、始業時に同時に複数の仮想デスクトップを起動させることがあるが、ここが高速化されれば利用時のストレスも軽減される。

第2世代の仮想マシンは、UEFIベースのファームウェアでセキュアブートが可能なほか、仮想NICやSCSIコントローラからの起動もサポート。2TB以上のOS起動ディスク、OS起動ディスクのオンラインリサイズ、仮想化対応デバイスによる高速化などの特徴を備え、64ビット版のWindows 8以降またはWindows Server 2012以降をゲストOSとしてサポートする。

また、Linuxのサポートがさらに広がりを見せていることも、Windows Server 2012 R2の特徴の1つだ。Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux Enterprise Server、CentOS、Ubuntu Server、Debianなどの主要Linuxベンダーが、Windows Server 2012の「Linux統合サービス(LIS)」に標準で対応してリリース。マニュアルでコンポーネントをインストールする必要がなく、仮想マシンにOSをインストールするだけで自動的に有効になる。

仮想マシン接続では、クリップボードの共有がサポートされ、スマートカード、オーディオ、フォルダ、USBデバイスなどをリダイレクトすることも、Windows Server 2012 R2で可能となっている。

障害対策から災害対策までをHyper-Vレプリカで安価に実現

Windows Server 2012で搭載された「Hyper-Vレプリカ」は、データセンター間でのディザスタリカバリ(DR)環境を低コストで構築できる機能だ。5分間隔のレプリケーションで仮想マシン単位の同期が行え、異なるハードウェアでも構成が可能なため、簡易なフェールオーバなどの障害対策でも活用されている。Windows Server 2012 R2では、同期間隔を5分固定ではなく、30秒、5分、15分から選択できるようになり、サーバーの利用目的やネットワーク環境に合わせて選ぶことができる。

また、プライマリサイトからセカンダリサイトに作成されたレプリカを、さらに別のリモートサイトにレプリケーションする「レプリケーションの拡張(Extend Replication)」をサポート。これにより、運用中のサイトでクラスタリングのように活用して障害対策を行い、さらに災害対策用にDRサイトに2つ目のレプリカを置くことが可能となる。各レプリカの同期間隔は個別に設定できる。Windows Server 2012 R2のStandard版から、このようなクラスタリング機能を利用できることは注目に値するだろう。

ゲストクラスタの構成オプションとして、「シェアードVHDX」も追加された。シェアードVHDXでは、クラスタの共有ボリューム(CSV)やスケールアウトされたファイルサーバーの共有ボリューム上に配置した1つのVHDファイルに複数の仮想マシンから同時に接続でき、クラスタの共有ストレージとして利用できるもの。仮想マシンのゲストOS側は、シェアードVHDXを共有のSASディスクとして認識する。

さらに柔軟な利用が可能となったストレージ機能

Windows Server 2012の「記憶域プール」は、容量の異なる物理ディスクをまとめて大容量化することが可能で、その中から領域を切り出して仮想ディスクを作成することが可能となっている。また、ミラーやシングルパリティの冗長化機能を持ち、可用性を高めるほか、必要に合わせて物理ディスクを追加でき、同じストレージデータの重複除去による利用量の削減などに対応している。

Windows Server 2012 R2の記憶域プールは、ミラーとシングルパリティに加え、デュアルパリティのオプションが追加され、パフォーマンスを維持しながら耐障害性がさらに高まっている。また、高速なSSDをI/Oキャッシュとしておき、書き込み要求のバーストに対応する高速化するライトバックキャッシュ機能も追加された。

高速なSSDと大容量のHDDをまとめてプール化し、頻繁にアクセスするデータをSSDに、アーカイブされたデータをHDDに自動的に配置する「階層化ストレージ」機能も新たに追加された。これにより、ディスクI/Oを効率化でき、オンラインでのストレージ追加などの従来の機能をうまく利用すれば、ストレージコストの削減を目指すこともできるようになっている。さらに、Windows Azureとの組み合わせで、アーカイブされたデータなどをクラウドにバックアップすることも可能だ。

モバイルデバイスの活用を促進するWebアプリケーションプロキシ

スマートデバイスの多様化やBYODが話題となっている中、ユーザーはモバイルデバイスで社内リソースに簡単にアクセスでき、いつでもどこでもデータを有効利用できることが求められている。Windows Server 2012 R2ではActive Directory(AD)でのユーザー認証ではなく、デバイス自体をADに登録することで、登録デバイスの社内リソースへのアクセスとシングルサインオンを可能とする「ワークプレイス(社内)参加」機能が追加されている。

スマートフォンやタブレットなどのデバイスが登録されると証明書がデバイスにインストールされ、デバイスとユーザーIDによる認証が行われ、Webアプリケーションプロキシという機能を通じて社内リソースが提供され、AD側ではユーザーとデバイスの紐付けが行われる。Windows 8.1からは、このワークプレイス参加機能が標準で提供されており、メニューの「ネットワーク」→「社内」から簡単にアクセスすることが可能だ。より厳しく特定の条件を満たすデバイスのみを許可するように多要素認証を行いたい場合は、Windows Azure Active Authenticationで認証を利用することができる。こうしたデバイス認証を可能にすることで、管理者の負荷を軽減しつつ、よりユーザーの利便性は高まる。

Windows Server 2012 R2および関連製品によるBYOD/リモートワークへの対応
[画像のクリックで拡大表示]