ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

ITproSpecial MS クラウドOS時代のIT基盤の選び方 デル株式会社

デル株式会社
デルがお勧めするWindows 8 Enterprise
PowerEdgeサーバーは全機種既に対応済み
System Center 2012 R2で包括的な管理環境を実現

世界有数のサーバーベンダーであるデルは、現行の全サーバーがWindows Server 2012 R2に対応していることを確認済み。あわせて、マイクロソフトの運用管理ツール、System Center 2012 R2とデル製サーバーの組み合わせを顧客に推奨していく。

“デル推奨設定”で短期・安価を実現 System Centerは手軽に導入可能

デル株式会社
マーケティング統括本部
ソリューション マーケティング マネージャ
布谷 恒和

「Windows Serverの管理には、System Centerがベスト。相互運用性が高く、同じGUIならではの高い操作性が得られます」

デルの布谷恒和氏は、こう断言する。そのSystem Centerを手軽に導入できるパックとして同社が提供するのが「System Center 2012 R2導入支援Liteパッケージ」だ。ポイントは、デルの推奨設定やデフォルト設定を適用することで、導入の期間とコストを圧縮できること。必要なSystem Centerのコンポーネントを1~3個の範囲で選択すると、デルのエンジニアが簡単なヒアリングをした上で、そのコンポーネントをサーバーに導入、設定する。その後、運用管理のトレーニングと手順書が企業の担当者に提供されるという流れだ。

より高度な活用を望む企業向けに、運用設計サービス、運用アセスメントサービス、System Centerアドバイザリーサービスといったオプションも用意している。

ハードウエア監視・管理ツールは System Centerアドオンとして提供

デルでは、System Center 2012 R2を自社ハードウエア(サーバー、ストレージ、ネットワーク機器)を監視・管理する標準ツールに位置付けている。もちろん、System Centerからは直接ハードウエアを監視・管理することはできない。そこでデルは、自社ハードウエア用の監視・管理ツールをSystem Centerのアドオンとして開発。System Centerのコンソールから直接ハードウエアを監視・管理できるようにして、ハード/ソフト両方をカバーする包括的な運用管理を可能にしている。

無償提供のアドオン群「DELL OpenManage Integration Suite」は、Configuration Managerを利用した導入と更新、Operations Managerでの監視、Virtual Machine Managerによる仮想化管理の4ジャンルをカバー。デルのWebサイトからダウンロードして、System Centerに組み込むだけですぐに利用できる。

布谷氏によると、もっとも数多く利用されているのはハードウエアの動作監視をする「Dell Management Packスイート」で、これに次ぐのが、BIOSなどのファームウエアをOSのパッチと同じ方法で配布できる「Dell Server Update Catalog」と「Dell Client Update Catalog」とのこと。その他のアドオンとしては、初期状態からのハードウエア設定をSystem Centerのタスクから展開できるようにする「Dell Server Deployment Pack」と「Dell Client Deployment Pack」、ハードウエア障害などをトリガーとしてLive Migrationなどを自動起動できる「Dell Server PRO Management Pack」が用意されている。

デルから無償提供のアドオンをSystem Centerに組み込み、ソフトウエアだけでなくハードウエアも一元的にSystem Centerから監視・管理する
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ