ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

MS クラウドOS時代のIT基盤の選び方 日本ビジネスシステムズ株式会社

日本ビジネスシステムズ株式会社
マイクロソフトの最新技術を社内で活用して
Ambient Officeなどのソリューションに反映

日本ビジネスシステムズは、マイクロソフトのサーバー製品群を効果的に導入できる統合ソリューションサービス「Ambient Office」を提供している。最新のWindows Server 2012 R2/System Center 2012 R2のリリースにも対応し、最新機能をAmbient Officeに盛り込み、展開していく予定だ。

効果的にビジネス戦略を高める統合ソリューション「Ambient Office」

日本ビジネスシステムズ(以下、JBS)は、マイクロソフトのパートナーとして10個のゴールドコンピテンシーと1つのシルバーコンピテンシーを取得している。SIerでありながら、ライセンシングソリューションパートナーとして製品を効果的に組み合わせて、顧客に最適なソリューションを提供している。

JBSが提供する「Ambient Office/アンビエントオフィス」は、SharePoint Serverをベースにマイクロソフトやサードパーティベンダーの製品を組み合わせた統合ソリューションサービスだ。マイクロソフト製品の機能や性能を最大限に引き出し、業務効率化などの目的に合わせて、導入のコストや期間を抑えて最適な情報共有基盤やコミュニケーション基盤を構築することができる。

JBSではAmbient Officeを自社内でも展開しており、技術・開発部門や保守センター、コール受付窓口、営業部門やマーケティング部門などで全部門に渡って実際の業務に利用。実ユーザーとして得たノウハウや知見をAmbient Officeにフィードバックし、Windows Server 2012に続いてWindows Server 2012 R2でも新機能を活用しながら、機能の拡張・強化に役立てている。

最新のマイクロソフトテクノロジーを今後のソリューションにも役立てていく

JBSではSystem Center 2012 R2にも注目しており、App Controllerによるセルフポータルサービスや、Orchestratorによる自動化ソリューションも提供予定である。System Center 2012ではこれまで個別の製品だったコンポーネントが1つにまとめられており、今後はさまざまな運用管理ソリューションを企業のニーズや課題解決のために、積極的に提案できるようになるとJBSでは期待している。

さらにJBSでは、System Center 2012 R2の新機能をベースにプライベートクラウドとパブリッククラウドのハイブリッド環境での運用管理もソリューション化し、Windows Azureとの連携も視野に入れながら、プライベート環境のパブリッククラウドへの移行メニューなども用意していく予定である。また、Windows Azureのサービス管理もSystem Centerに統合できるので、ハイブリッド環境での統合管理なども提供していく。

2013年10月にはセキュリティ専門部隊「セキュアデザインセンター」を立ち上げ、ID管理やシステム監査、ログ収集・分析によるセキュリティ向上サービスを提供。セキュアデザインセンターでもSystem Center 2012 R2を使ったソリューションを提供する予定である。また、Active Directory未導入の中小規模の企業に対しては、Office 365やWindows Azure Active Directoryを提案し、確実なID管理を行えるようにする。モバイルデバイスや非Windows端末の管理ソリューションも、Windows Server 2012 R2、System Center 2012 R2、Windows Intuneをベースとした提供を検討している。

[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ