ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

MS クラウドOS時代のIT基盤の選び方 ユニアデックス株式会社

ユニアデックス株式会社
Windows Server 2012 R2のHyper-Vを活用し
ミッションクリティカルな仮想環境構築を推進

ユニアデックスは、常に最新技術を活用しながらさまざまな仮想化環境を構築しており、サーバー、ネットワーク、ストレージのトータルな仮想化環境を提供している。Windows Server 2012 R2のコア機能にも注目し、新たなHyper-Vを活用したソリューションにも対応していく。

仮想化環境の構築から運用・管理 保守サービスまでをトータルに提供

ユニアデックスは、Windows Serverをベースに10年以上ミッションクリティカルなシステム構築を手がけてきた。同社の得意分野である仮想化ソリューションについても、Windows Server 2008からHyper-Vを利用した仮想化環境の構築を行ってきており、数多くの実績を積み上げている。

ユニアデックスの仮想化ソリューションは、現状のシステムをスムーズに移行できるように、サーバー、ネットワーク、ストレージの仮想化をトータルでコーディネートし、柔軟性の高い提案を行うことが特徴だ。抽象化や自動化で仮想化環境のメリットを最大限に活かした運用管理を提供し、コンサルティング、導入構築、保守、ユーザー教育にいたるまで、充実したサービスを提供している。

Windows Server 2012 R2のHyper-Vに関して、他の仮想化製品と同等以上のスペックを備えたWindows Server 2012 Hyper-Vからのさらなる進化を期待しているユニアデックスでは、Windows Server 2012 R2のサポートを基本とし、OSのコア機能を中心に製品やソリューションに反映させ、System Center 2012 R2の新機能を活用したソリューションも提供していく予定だ。

ユニアデックスでは、統合システムマネジメントサービスという運用保守サービスも提供しており、仮想化によって規模が大きくなってしまったシステムの一元管理を行い、運用や利便性を向上させる手段として、System Center 2012 R2にも期待を寄せ、Operations ManagerやConfiguration Manager、Virtual Machine Managerを積極的に活用していくとのことだ。

ライブマイグレーションの高速化とSMBダイレクトによる高速転送に注目

企業の情報システム基盤としてミッションクリティカルな仮想化ソリューションを提供しているユニアデックスでは、Windows Server 2012 R2のHyper-Vで「ライブマイグレーション」が高速化されたことにも注目。メモリページの圧縮転送によって転送速度が約2倍に改善されており、SMB 3.0のSMBダイレクトによる高速転送を利用すれば、ストレージやネットワークも含めたトータルな仮想化環境を提供する同社のソリューションの大きな強みとなり、階層化ストレージ機能などとともに高速で柔軟な仮想化基盤を企業に提供できるようになる。

VDI(仮想デスクトップ基盤)への需要や注目が高まる中、デバイスの多様化やBYOD(私物端末の業務利用)などで個人のPCやスマートデバイスが企業に入り込み、VDIを導入したくても運用・管理の複雑さやコストが大きな壁となっているのが現状だ。これらの企業の課題に対してもユニアデックスは、Windows Server 2012 R2、System Center 2012 R2、Windows Azure、Windows Intuneなどの最新のクラウドOS環境を使ったソリューションを提供していく。

[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ