ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

IIJ閉域網を経由してMicrosoft Azureに接続 クラウド利用者にネットの選択肢を提供する

重要な業務システムを社内データセンターからパブリッククラウドに移し替えようとする企業にとって、自社サイトからクラウドまでの通信経路をいかにセキュア・低遅延・広帯域にするかが重要な課題になっている。そうしたニーズに応えるための仕組みとしてマイクロソフトが2014年に発表したのが、Microsoft Azureに閉域網(専用線)経由で接続できるMicrosoft Azure ExpressRoute。Network Service ProviderモデルとExchange Providerモデルの2つの形態がある。日本国内ではインターネットイニシアティブがNetwork Service Providerモデルを提供。そしてエクイニクス・ジャパンがExchange Providerモデルでサービスを提供する。

IIJクラウドエクスチェンジサービスfor Microsoft Azure

IIJ閉域網を経由してMicrosoft Azureに接続
クラウド利用者にネットの選択肢を提供する

インターネットイニシアティブ
四倉 章平 氏

株式会社インターネットイニシアティブ
マーケティング本部
アライアンスマーケティング部
副部長
四倉 章平

ネットワークサービスとクラウドをビジネスの両輪とするインターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は、IIJのバックボーン上で提供されるクラウド環境向けバックボーン(IIJ GIOプライベートバックボーンサービス)を経由してお客様環境とMicrosoft Azure ExpressRouteを直接接続する「IIJクラウドエクスチェンジサービスfor Microsoft Azure」を2015年1月に開始する。これにより、利用者はMicrosoft Azureを帯域確保型の安定したネットワークで利用できるようになる。帯域幅は、10Mbps、50Mbps、100Mbps、500Mbps、1Gbpsの5つから選択可能。

最大の特長は、利用者がクラウド利用の障壁を感じることなくサービスを開始し、活用できるようにしている点である。IIJの四倉章平氏は「多様なキャリアとの接続サービスに対応しているため、現在お使いのWAN構成を変更することなく、そのままのかたちでMicrosoft Azureにつなぐことができます」と説明する。利用者は、インターネットをまったく経由せずに、社内システムの延長線上でセキュアかつ低遅延なネットワークとしてトラフィック量に関わらず月額固定料金でMicrosoft Azureのリソースを活用できるようになる。

日本の大手企業では、業務システムのすべてをパブリッククラウドに移行しようとする企業がまだ少ない。セキュリティ面で懸念を感じている日本の大手企業が悩むことなくクラウド環境を利用するようになるには、既存の構成やポリシーを踏まえて閉域接続できる形態がもっとも合理的なのだという。

 

全ての全国区キャリアに対応。
今後地域キャリアにも拡大へ

日本企業においては、社内ネットワークを障害対策、DRやセキュリティポリシーの違いから複数のWANを異なるキャリアでご利用されているケースが多い。IIJはサービス開始当初から東京、大阪にアクセスポイントが用意されているため、お客様の複雑なネットワーク構成やポリシーにもマルチキャリアで対応が可能だ。利用できる通信事業者は、ARTERIA、KDDI、K-Opti、KVH、NTTコミュニケーションズ、NTT東日本、NTT西日本、ソフトバンク、TOKAIの大手9社。オプションとして、冗長構成を実現するための動的ルーティングなども用意されている。

2015年1月のサービスイン後も、IIJはサービスの内容を順次拡張していく予定だ。既存のアクセスポイントも順次拡張に合わせてAzureに対応。これにより地域キャリアとの接続も可能になるという。「東京・大阪以外にもアクセスポイントを拡充し地域キャリアを通じてMicrosoft Azureへの快適な通信ルートを提供していきます」と四倉氏は話す。

エンタープライズ対応の高信頼性の「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure」
最大の特長は、多様なキャリアと接続サービスに対応していること。ニーズに合わせて柔軟な形態でMicrosoft Azureに接続できる
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ
  • 株式会社インターネットイニシアティブ

    TEL 03-5205-4466(IIJインフォメーションセンター)
    URL http://www.iij.ad.jp/
    メールでのお問い合わせはこちら