ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

サーバーOSの“サポート切れ”は クラウド対応のITインフラに移行するチャンス

2015年7月15日のWindows Server 2003のサポート終了まで残りわずか。これを競争力向上のチャンスとして、「脱Windows」に踏み出してはどうだろうか。多くの企業ではWindowsをベースにクライアント/サーバー(C/S)システムを構築・運用してきた。しかし、IT環境は大きく変化しており、今やオープンなクラウドとモバイルが企業ITの主役に躍り出ようとしている。こうしたなか、次期サーバーOSとして注目されているのがオープンソースソフト(OSS)のLinuxだ。その代名詞となっているレッドハットにOSSの動向や移行ソリューションを聞いた。

2015年7月15日のWindows Server 2003のサポート終了まで残りわずか。これを競争力向上のチャンスとして、「脱Windows」に踏み出してはどうだろうか。多くの企業ではWindowsをベースにクライアント/サーバー(C/S)システムを構築・運用してきた。しかし、IT環境は大きく変化しており、今やオープンなクラウドとモバイルが企業ITの主役に躍り出ようとしている。こうしたなか、次期サーバーOSとして注目されているのがオープンソースソフト(OSS)のLinuxだ。その代名詞となっているレッドハットにOSSの動向や移行ソリューションを聞いた。

サポート終了は絶好のチャンス

レッドハット株式会社
常務執行役員
パートナー・アライアンス営業統括本部長
古舘 正清氏

Windows Server 2003のサポート終了まで9カ月余り。「Windows XPの移行をやっと終えたと思ったら、今度はサーバーの番か」といったIT部門のぼやきも聞かれるが、手をこまねいてはいられない。サポート終了後は、新たな脆弱性に対してセキュリティ更新プログラムや修正プログラムが提供されず、セキュリティリスクが増すことになる。また、無償・有償を問わずサポートを受けられなくなるため、障害やトラブルへの対応が困難になるといった問題も指摘されている。

Windows Server 2003に代わる次期サーバーOSを検討する企業IT部門の責務は大きい。ビジネスの変化を追従できるIT基盤の構築が企業成長の命運を握ることになるからだ。そのため、次期サーバーOSの選定に当たり、「サポート終了でセキュリティリスクが増すから、新たなWindows Serverに替える」といった消極的な取り組みではなく、Windows Server 2003のサポート終了を企業ITの刷新のためのチャンスにする。そして、今後のビジネス環境を見据え、企業成長を加速するITプラットフォームとして「脱Windows」の次期サーバーOSを位置づける必要がある。

脱Windowsの動きについて、レッドハットの古舘正清氏は次のように指摘する。「セキュリティリスクの排除に加え、Windows Server 2003のサポート終了を契機に、クライアントがサーバーの機能を利用する権利であるCAL(Client Access License)のコストを削減したいという企業は少なくありません。そして、企業競争力を高めるIT基盤として、時代遅れのC/Sモデルから、OSSのLinuxをベースにクラウド&モバイル環境へ移行することが急務になっているのです」。

「クラウド&モバイル」対応を最優先に

古舘氏は企業ITを見直す上で、二つのポイントを挙げる。まず、一つめはデバイスの変化に応じた企業ITモデルの確立である。Windows Server 2003のリリース後、この10年間のうちに業務で利用されるデバイスは大きく変わってきた。10年前はパソコン以外に選択肢はあまりなかったが、今や非Windows系のスマートフォンやタブレットがデバイスの主流になってきた。

これらスマートデバイスによって、IT活用は場所と時間の制約から解き放たれ、社外でメールやスケジュールを確認したり、ファイルサーバーのデータを参照したりして業務を行うスタイルも珍しくない。つまり、Windowsをベースとする従来型のC/Sモデルでは情報の活用が場所や時間の制約を受け、リアルタイムの情報活用ができず、企業の競争力を低下させかねないリスクがあるのだ。

そして、二つめのポイントは、スマートデバイスや各種アプリケーションなどの利活用の基盤となるクラウド環境への移行である。クラウドはリソースの増減が容易に行え、俊敏にビジネス環境の変化に追従できる。「情報系はパブリッククラウド、基幹系はプライベートクラウドというように、それぞれをうまく組み合わせたハイブリッド環境を実現することにより、企業の競争力を高められます」と古舘氏は述べる。

こうした「クラウド&モバイル」の基盤として、次期サーバーOSの主役を担うのがOSSのLinuxである。OSSはクラウド、モバイル、ビッグデータ、ソーシャルなどの分野で標準技術となっており、一方で通信や金融など社会インフラやミッションクリティカルな分野でも強みを発揮している。

また、国内サーバーOS市場動向を見ると、依然としてWindowsが根強いものの、Linuxが着実にマーケットシェアを広げている。そして、「有償Linuxのなかではレッドハットが80%以上のシェアを占め、LinuxサーバーOSのデファクトスタンダードになっています」と古舘氏は説明する。

2007年からの国内サーバーOS市場動向(2014年からは予測)

OSS、Linuxへの移行を支援するエコシステム

Windows Server 2003サポート終了を目前に控え、企業の動きはどうだろうか。Windows系のグループウエアやコラボレーションツールなどを導入済みの企業の場合、次期サーバーOSもWindowsが選択肢の一つとなるとみられている。

一方、脱Windowsを進める企業も一定の割合で存在する。前述のように、企業ITのトレンドは旧来のC/Sモデルからクラウド&モバイルへと移っており、「企業システムがWindowsである必然性がなくなってきた」(古舘氏)という流れがある。例えば、レッドハットの社内IT環境はLinuxで構築されており、メールや文書作成などはOSSを基盤にするクラウドサービスを利用することで、Windowsを使わなくても業務に困ることはないという。

OSSやLinuxに関心があっても、移行の手順や方法が分からない、Windowsと同様に使えるビジネスアプリケーションがあるのか不安といった声も聞かれる。こうした企業IT部門の懸念を解消するのが「Red Hat OSS Integration Center」だ。企業の相談窓口として機能し、「クラウド基盤活用へのロードマップの提示や、Windows Serverやメインフレームなどからのオープンシステムへのコンバージョンや移行方法についてサポートします」と古舘氏は同センターの役割を説明する。Windowsからの移行についても、OSレベルからアプリケーションの移行、システム構築、運用管理まで総合的なソリューションを用意している。

同センターではWindows Server 2003からの移行ソリューションを用意。例えば、WindowsサーバーのActive Directory(AD)環境をLinux上で実現するOSSの提供により、ADの使い勝手はそのままに、低コストでのリプレースが可能だ。

さらに、同センターではレッドハットと主要なベンダー、SIerなどのパートナーと協業し、エコシステムを構築している。OSSへの移行、システム再構築のノウハウを横断的に結集。「各ベンダーやSIerが蓄積してきた移行ソリューションをセンターに集約し、企業ごとのニーズに応じて最適な提案が行えることが大きな特長です」(古舘氏)。企業の現行システムの棚卸しや移行アプリケーションなどのヒアリングを行う無償ワークショップもあるので、相談してみてはどうだろうか。

Windows Server 2003移行ソリューション。「Red Hat OSS Integration Center」では簡易ロードマップ作成までを無償で行っている
お問い合わせ
  • レッドハット株式会社

    セールスオペレーションセンター SOC
    TEL 0120-266-086
    URL http://www.jp.redhat.com/
    メールでのお問い合わせはこちら

    〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-1-18 恵比寿ネオナート