ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

Cloud Days 2015|Cloud Days OpenStackでクラウドを管理してビジネスのスピードをさらに加速

INDEXページへ ページトップへ

日本IBM

OpenStackでクラウドを管理して
ビジネスのスピードをさらに加速

オープンテクノロジーに独自の付加価値をプラスして、クラウドによるビジネスのスピードを加速する──。この“オープン・プラス”戦略に基づいて、IBMはオープンなハイブリッドクラウド管理ツール「OpenStack」を選択。付加価値として、仮想サーバーを利用するための業務フローを効率化する「IBM Cloud Manager with OpenStack」を提供している。

日本アイ・ビー・エム株式会社
IBMシステムズ ハードウェア事業本部
システムズ&
テクノロジー・エバンジェリスト
-OSS-
新井 真一郎 氏

今や、企業におけるクラウドの利用目的はコスト削減からビジネスの加速化へと移っている。それに対応して、クラウド管理の力点も「仮想化による集約・統合」から「配備の自動化・迅速化」へと変わった。そうした最新のクラウド管理を可能にする技術として、日本IBMの新井真一郎氏はOpenStack(ハイブリッドクラウド管理)やDocker(ソフトウエアコンテナ)などのオープンソースソフトウエアを紹介。「オープンなテクノロジーなら、目的に合ったクラウドを自由に選んでつなぎ、マルチクラウドへと広げていくことができます」と述べた。

このような考えに基づき、IBMはOpenStackへの取り組みを強化してきた。OpenStackのコミュニティに対しては、コミュニティ版OpenStack開発への貢献、IBM製品用ドライバの開発・提供、OpenStackと連携可能な技術の提供などで協力。さらに、OpenStackベースの商用製品やクラウドサービスをIBMブランドで提供することによって企業におけるイノベーションの加速を支援している、と新井氏は話す。

オープン技術に付加価値をプラス
クラウド管理用の製品も投入

例えば、仮想マシンの自動再配置が求められるケースでは、独自のスケジューラー「IBM Platform Resource Scheduler」を提供。ポリシーに従って各サーバー上のリソースを自動的に移し替えることで、リソース管理ワークロードの削減とリソース利用の効率化を両立した。

また、プライベートクラウドに構築した実行環境をパブリッククラウドに持ち込む機会が増えることを想定して、OpenStack HEATという新しいテンプレート方式にも対応。アプリケーションとミドルウエアを含む仮想マシン全体を移行するのではなく、アプリケーション導入・設定用のOpenStackスクリプト「HOT」(HEAT Orchestration Template)だけをやり取りする方法で移行やシステム変更を容易にした。継続的デリバリーツール「IBM UrbanCode」を使えば、このOpenStack HOT用のスクリプトはGUI環境で作成・展開できる。

「このようにオープン技術ならではの最先端テクノロジーに付加価値を加えてビジネスユースでも安心して使えるようにするのが、IBMの“オープン・プラス”戦略です」と、新井氏。この例として、仮想サーバーの申請・承認・利用・課金といったワークフローを効率化してビジネスをスピード化するクラウド管理ソリューション「IBM Cloud Manager with OpenStack」を挙げた。

お問い合わせ
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社 IBMアクセスセンター


    TEL 0120-300-426 (受付時間:9時30分~17時30分 土曜日、日曜日、祝日、12月30日~1月3日を除く)
    ※お問い合わせの際は「IBM OpenStackソリューションの件」とお申し付けください。