ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

Cloud Days 2015|Cloud Days ITインフラの煩雑さ解消の切り札クラウド環境の短期実装を実現

INDEXページへ ページトップへ

VCEテクノロジー・ソリューションズ

ITインフラの煩雑さ解消の切り札
クラウド環境の短期実装を実現

クラウド環境の構築には、サーバー、ストレージ、ネットワーク、仮想化基盤などのコンポーネントを事前に設計・設定・検証する必要がある。これに対し、VCEの「Vblock」は必要な機能を一つにまとめたコンバージドシステムを採用しており、ユーザーはハードウエアの機種設定や構成作業をせずにクラウド環境を容易に構築できる。

VCEテクノロジー・
ソリューションズ株式会社
vアーキテクト
シニア・マネージャー
三邉 祥一 氏

「IT部門の仕事は、ITインフラを構築して運用・管理することではなく、ビジネスに価値をもたらすことです。その第一歩として、ITインフラの煩雑さを解消する必要があります」。VCEテクノロジー・ソリューションズの三邉祥一氏はこう指摘する。

サーバー統合やストレージ統合、仮想化ソフトウエアの導入などを通してIT部門はこれまでITインフラの最適化を追求してきた。にもかかわらず、部分最適化を繰り返してきたため、ITインフラはかえって煩雑になったことは否めない。多くの企業でIT予算の70%は運用・管理コストに使われているのがその証拠。企業競争力を左右する新規投資には30%を投下しているにすぎない。クラウドコンピューティングはその解決策として注目を集める。

納入前に詳細設計と論理設定
専用ラックにまとめて納入

VCEが提供するVblockは、このクラウドの導入と管理を簡素化する。VCEは米シスコや米EMC、米ヴイエムウェアが出資する企業だ。Vblockはこの3社の製品を組み合わせ、サーバー、ストレージ、ネットワーク、仮想化基盤などのコンポーネントをすべて事前に設計・設定・検証した製品である。

Vblockは「コンバージドシステム」(一つの製品)として専用のラックにまとめて納入するため、顧客はハードウエアの機種選定と構成作成をせずにプライベートクラウドやハイブリッドクラウドを短期間で実装できる。「クラウドとオンプレミスの統合はもちろん、クラウド統合を簡単に始められます。オーダー後45~60日で納品され、その後5日あればVM環境が立ち上がり引き渡しが完了します」(三邉氏)。

導入のメリットはそれだけではない。運用に入った後も、各コンポーネントのパッチやファームウエアの整合性情報を一元管理できる。アップデート作業の簡素化も図れ、データプロテクションや機能拡張性にも優れる。

Vblockの導入でストレージやCPUの使用率が上がり、効率化により既存のデータセンターの運用コストは大幅に削減できる。また、サービスデリバリーにかかる時間やサーバーダウンタイムも大幅に削減されるという。

「当社の『コンバージド インフラストラクチャ』の範囲を、複数のVblock、さらに複数のデータセンターにまたがった規模に拡大することで、『コンバージド ソリューション』に進化させられます」と三邉氏は説明する。コンバージド ソリューションにより、欧・米・アジアの3極のデータセンターに設置したコンバージド インフラストラクチャを統合するような大規模なハイブリッドクラウドの構築が実現可能になり、グローバルな対応やニーズの変化などに機敏に対応できる柔軟性と効率性をこれまで以上に追求できるようになる。

お問い合わせ
  • VCEテクノロジー・ソリューションズ株式会社


    TEL 03-6830-3700(代)
    URL http://japan.vce.com/
    メールでのお問い合わせはこちら