ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

Cloud Days 2015|IoT Japan 2015|ビジネス上の価値創出に貢献するIoTアプリケーション開発を強力支援

INDEXページへ ページトップへ

PTCジャパン

ビジネス上の価値創出に貢献する
IoTアプリケーション開発を強力支援

今日では様々な「モノ」がインターネットにつながり「IoT(Internet of Things)」と呼ばれる世界が出現しつつある。ここで重要なのは、収集した情報を人やアプリケーション、プロセスにつなぎ、価値を生み出していくということだ。PTCジャパンが提供する「ThingWorx」は、まさにそうした要請に応えるIoTアプリケーションのための開発プラットフォームである。

「モノのインターネット」が
ビジネスのあり方を変える

PTCジャパン株式会社
ソリューション戦略企画室
執行役員
成田 裕次 氏

ITの進化を重要な背景要因として、いままさにビジネスの世界が大きく変わろうとしている。製造業を例にとれば、製品そのものを販売するというこれまでの形態から、製品がもたらす価値を顧客に提供して対価を得るという“Product as a Service”といったアプローチが注目されはじめている。

あるジェットエンジンのメーカーでは、エンジンを単体で販売するのではなく、実際にそのエンジンを搭載した航空機が飛んだ時間により課金すると同時に燃費削減提案も行っている。また、ビル用空調設備を提供するメーカーは、自社の機器によって実現されたビル内の快適性のレベルを指標化し、それに応じて顧客に課金するというサービス型ビジネスをすでに開始している。

「こうしたビジネスモデルを考える際、メーカーにとって最も主要な関心事となるのが、顧客に納品した製品が現場でどのように動いているかを知ることです。それには、製品が搭載する各種センサー類から上がってくる情報をインターネット経由で収集し、分析するという、まさに“IoT”(「モノのインターネット」)の時代ならではの取り組みを実践してくことになるわけです」とPTCジャパンの成田裕次氏は語る。

加えて、こうしたIoTにかかわる取り組みは、保守サービスの効率化はもちろん、製品価値の適正化にも貢献していくことになる。ここでいう製品価値の最適化について、一例を挙げるなら、製品で提供している機能のうち、実際にはあまり使われていない機能があることがデータの収集、分析によって分かったとする。そうすると、その機能へのナビゲーションを改善したほうがよいのではないかという仮説が成り立つわけだ。それについての検討を行って、よりよいモノづくりにつなげることが可能になるといったことである。

IoTアプリケーションに特化した
開発プラットフォームを提供

このようにIoTの世界では、まず様々な情報を収集してそれを分析し、製品やサービスの改善など、新たな価値提供につなげていくというのが基本的なアプローチである。「情報は収集しただけの状態では基本的には無価値であり、人やERP、CRM、SCMなどのビジネスアプリケーション、業種向けソリューション、業務プロセスなどで利活用されてはじめて価値を生みます。PTCの提供するThingWorxは、まさにそうした局面を支援するIoTアプリケーションに特化した開発プラットフォームです」と成田氏は紹介する。

ThingWorxでは、収集されたデータを可視化するダッシュボードの構築から、可視化により得られた気付きを次なるアクションにつなげていくためのルールをアプリケーションに実装したり、あるいは特定のしきい値を超えた際のアクションを定義してそれを実行するという自律型のアプリケーションの実現なども可能である。

「IoTアプリケーションでは、この可視化から気付きのルール化、そしてアクションの実行という一連のサイクルに沿った改修を継続し、成熟させていくというプロセスをとります。つまり『データの永久保存、アプリケーションの永久改修』がその重要な要件となるわけです」と成田氏は説明する。

ThingWorxはまさにIoTアプリケーション開発に必須のこうした要件に応えるもので、ビジネスモデル確立までの試行錯誤や、多くの開発者の思惑を盛り込んだインターフェイス、ビジネスプロセスの構築を高度な生産性により支援している。

圧倒的な開発生産性の提供で
「永久保存、永久開発」を支援

その後セッションでは、成田氏によってThingWorxを使ったアプリケーション開発についてのデモが実施された。その内容は、日本各地に点在する球場の温度や湿度、照度などの情報を収集し、ダッシュボード上に可視化するというもの。

デモにおいて成田氏は、画面のレイアウトを作成して、そこにゲージなどのUIコンポーネントを配置。それらコンポーネントの属性をプロパティシートで設定し、データの読み込みなど必要なメソッドを選択して、データソースとのリンクを行うといった一連の作業を実施。ドラッグ&ドロップを基本とした簡単な操作により、ノンプログラミングでIoTアプリケーションを手軽に開発していける様子を実演して見せた。

ThingWorxではこのダッシュボードを起点に、例えばサードベンダーが提供するアプリケーションとの連携を行ったり、自前のプロセスを起動するといったことが可能である。特に既存の外部アプリケーションとの連携に関しては、接続用のアダプタ群も豊富に用意されている。

「アダプタについては、PTCだけでなくパートナー各社からも提供されており、今後、さらなるラインナップの拡充が図られていくことになります。そうしたなかで、例えば、ThingWorxをSFA/CRMのクラウドサービスと連携させたり、機械学習のサービスと接続するといったことも実現されていくことになるでしょう」と成田氏は語る。

そのほか、ThingWorxの今後の展開についてPTCでは、これも同じく同社が提供するIoTアプリケーション向け開発プラットフォーム「Axeda」との機能連携統合も実現していきたいとしている。例えば、直近ではAxedaで提供されているマシン情報クラウドのデータを可視化するためのダッシュボードをThingWorx上で開発するといったことも可能にしていく予定だ。

「IoTアプリケーション開発に課される『永久保存、永久開発』というテーマに応えていくためには、開発プラットフォームの生産性が重要な鍵となります。『作りやすい』『使いやすい』『改修がしやすい』をコンセプトとするThingWorxの提供をベースに、PTCではお客様の『モノのインターネット』にかかわる事業の推進、その成功に向けた取り組みを強力に支援していきたいと考えています」と最後に成田氏は力強く語った。

お問い合わせ
  • PTCジャパン株式会社 コンタクトセンター


    TEL 03-3346-3659
    URL http://www.ptc.com/
    メールでのお問い合わせはこちら