ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

ビッグデータ時代に高まるBIへの期待 BIツール特集

総論
再び注目を集めるビッグデータ時代のBI

ビッグデータ、IoT(IoE)など企業におけるデータ活用の機運が盛り上がる中、強力なデータレポーティングツールとしてのBI(ビジネス・インテリジェンス)が再び注目を集めている。ビッグデータ時代の企業活動を支える水先案内人としての役割が期待されているのだ。BIがバズワード化した1990年代後半の轍(てつ)を踏むことなく、データを活用しようとするスタッフが使えるBI環境構築にむけての課題を探った。

なぜBIはバズワードで終わったのか

BI(ビジネス・インテリジェンス)を導入したものの、「期待した効果が得られなかった」「会社の業務に浸透しなかった」といった声をよく耳にする。経営状況を反映した様々なデータがBIによって可視化され、経営判断と戦略立案の迅速化と強化が可能になるはずだった。ところが、そうはならなかった。

それが今、BIの可能性に再び注目が集まっている。その背景にはビッグデータ、IoT、センシングコンピューティングなどといったムーブメントがある。企画、開発、製造、販売などのビジネス現場はもちろんのこと、顧客購買行動などまでを含めた膨大なデータを収集・活用しようとしている昨今、そこからどのように有益なデータを抽出し分析するかに関心がむき始めたためだ。

このムーブメントのもとで、BIはデータの大海を航海するための水先案内人として企業活動を支える役割を期待されている。そのためには、かつてBIを導入した多くの企業が、なぜその釣果を得ることができなかったのかについて考える必要がある。

BIがビジネスのバズワード化した90年代後半、世は分散型システムへの転換の時代を経て、社会インフラとしてのIT浸透の時代を迎えていた。企業活動はERP、CRM、SCMなどといった目的別のシステムを導入し、それぞれのシステムに集約されたデータが個別に機能していた。経営にスピードと戦略性を持たせるためには、それらのデータを吸い上げ、意味のある経営情報としてまとめ上げる必要がある。そこで、強力なレポーティングツールの性格をもつBIが注目された。

最大のミッションはデータの「視覚化」「見える化」である。様々なデータから必要なデータを抽出し、わかりやすく表示することが第一に求められる。当然、そこには分析の目的と利用範囲を明確にし、分析結果をどう活用するのかという視点が不可欠だ。

そうした視点を持たないまま、BIありきで導入する企業が多かった。また、経営層やマネジメント層といった一部の意思決定層だけしか利用できない仕組みで、その効果を実感できるスタッフが限定的だった。「期待した効果が得られなかった」という声の背景にはこうした課題が少なくない。

ビッグデータ環境下で存在感を高めるBI

ビジネススピードがかつてないほど高速化している中で、企業が扱わなければならない情報は多様化・膨大化の一途をたどり、今まさに本格的なビッグデータ時代に突入したといえる。しかし、データ活用は高度な分析技術で大量データを扱うことだけが目的ではない。ビジネスに役立てることが目的であり、そのためにはビジネス現場のスタッフ自らデータ分析ができることが優先されなければならない。

それを実現するためには、かつてのように経営企画部門や経営層に限定したツールではなく、データを活用しようとするスタッフが使える機能や目的別に用途を分け、全社的に活用できる環境を整備する必要がある。

その際、どのような立場のスタッフが利用者になるかによって、BIに求められる要件は異なってくる。企画部門や経営層であれば、企画会議などでの活用を考え、直感的に把握できるグラフィカルな情報提供が必要になるだろう。現場部門であれば、データ取得が効率的になる、あるいは製造計画や販売予測に必要なデータが自由に入手できるといった業務寄りの要件が求められることになる。

90年代後半に比べ、ビジネスを取り巻くコンピューティング事情は大きく変わっている。BIの環境も、クラウドやモバイル端末、Excelとの連携強化など、様々な現場の要求に対応可能で柔軟性のあるツールが整ってきている。ビジネスとデータマネジメントの関係性がこれまでになく密接になっている今、BIの重要性は高まっている。

ActiveWP BIツール特集 関連PDFダウンロード 各社の資料を一括でダウンロードできます

▲このページのTOPへ戻る