ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

失敗しないWindows Server 2003からの移行 ~ 移行手順と何のために移行するかを考える ~

Special Report

失敗しないWindows Server 2003からの移行
~ 移行手順と何のために移行するかを考える ~

Windows Server 2003のサポートが終了する2015年7月15日まで1年を切り、すぐにでもサーバーを移行しなければならない状況となってきている。しかし、何から行えばよいかがわからない人も多いのではないだろうか。Windows Server 2003から新たなサーバーOSに移行する手順や目的を考えてみよう。

Windows Server 2003のマイグレーション 何から行うかを把握することが重要

 マイクロソフトの推測では、2014年6月末時点で国内には約30万台のサーバーにWindows Server 2003が搭載されて稼働しており、ターミナルサービスを利用するクライアントも50万台近くある。また、サポート終了から半年後の2015年末の段階でも、10万台のWindows Server 2003が稼働しているとIDC Japanは予測している。

 これらのWindows Server 2003をいち早く最新のWindows Server 2012 R2に移行することが急務であることは言うまでもない。更新プログラムが配布されないことによるセキュリティリスクはもちろん、サポートされていないサーバーOSを使い続けていることはコンプライアンスの面からも問題がある。また、Windows Server 2003で利用しているハードウェアやアプリケーション、ミドルウェアなどもサポートが終了しつつあるため、新たなハードウェア/ソフトウェアの更新もできなくなる可能性が高い。

 しかし、1年を切った現時点でも移行方針が決まっていない企業は多い。IDC JapanのWindows Server 2003サポート終了に向けた対応方針の調査では、少数だが6.1%の企業が「まだ計画は何もない」と答えており、8.2%が「サポート終了後もWindows Server 2003を使い続ける」と回答している。Windows Server 2003でシステムを構築した当時の担当者が現場を離れ、サーバー移行などを経験したことのない担当者が現場を任されているケースなどもあり、移行するために何から始めたらよいかがわからないという場合も少なくないと考えられる。

Windows ServerとSQL Serverの利用期限
[画像のクリックで拡大表示]
Windows Server 2003サポート終了に向けた対応方針
[画像のクリックで拡大表示]

単なるサーバーOSの入れ替えではなく企業競争力を高めるシステム構築を行う

 移行手順を考える前に、“何のために移行するのか”を考えておくことも重要だ。現在利用しているサーバー環境をそのまま移行させて、同じように業務などが行えるようにすることも1つの手だ。しかし、クラウドの登場やデバイスの多様化、震災後のBCP(事業継続性計画)対応やディザスタリカバリ(DR)の必要性など、Windows Server 2003でシステムを構築した12年前(ハードウェア保守期間と考えれば4~5年前)とは、ITを取り巻く環境は激変しており、長期的なコストメリットを考えた施策やビジネスの競争力を高める施策をITの力で行うことができるようになっている。単なるサーバー入れ替えとOSの更新と考えるのではなく、これを機会に仮想化技術やクラウドの活用を見据えた次世代のシステム基盤を構築するチャンスと考えたほうがよい。

 たとえば、最新のWindows Server 2012 R2のHyper-Vで仮想化環境を実現し、全体最適化や垂直統合を行って、集約化でコスト削減を狙うこともできるだろう。また、クラウドを利用して、社内外からのアクセスを可能とし、ワークスタイル変革を行うことも考えられる。メールサーバーなどのいくつかの機能をOffice 365などのSaaSサービスを利用するように移行させることも、コストや利便性の面で有効な手段だろう。

 そのため、Windows Server 2003から移行させるサーバーOSは、Windows Server 2008ではなく、Windows Server 2012 R2にすることが望ましい。Windows Server 2012 R2であれば、クラウドOSとしての最新のテクノロジーを活用することができ、サポート期間も長いため、新たなシステム基盤を試しながら、その次のシステム更改に向けてじっくりと施策を練ることもできるようになる。

 また、現在、SQL Server 2005を使っているのであれば、こちらもWindows Server 2003のサポート終了の約1年後の2016年4月12日にサポートが終了してしまうため、クラウドに最適化されて、インメモリ機能やExcelによる強力なデータ分析機能などを搭載したSQL Server 2014に移行させておきたい。

棚卸しから始まる4ステップの移行手順 その後の計画をしっかりと立てる

 Windows Server 2003からの移行手順は、「棚卸し」「移行方法の検討」「移行先の検討」「移行作業」の4つのステップで行う必要がある。なかでも、まず最初にしっかりとした棚卸しを行って、現在のサーバー環境を分類しておくことが重要だ。棚卸しを行って何をすべきかを見極めることで、その後の計画をしっかりと立てることができるようになる。

 棚卸しでは、稼働中のアプリケーションやミドルウェアを把握し、稼働実績から必要なCPUやメモリを見積もるほか、何のために利用しているサーバーかを見極め、場合によってはサーバー移行の対象から除外して廃止してしまうことも考えなければならない。情報システム部やシステム管理者が把握していない部門サーバーなどが勝手に設置されている場合などもあるので、これを機会に会社全体のシステムをアセスメントしておくことが重要だ。これらの棚卸しやアセスメントに対しては、マイクロソフトが提供しているMicrosoft Assessment and Planning(MAP)Toolkitを利用できる。また、移行診断や相談、コンサルティングなどのサービスを提供する企業もあるので、うまく利用したい。

 「移行方法の検討」では、棚卸ししたサーバーごとにどのようなシステムを構築するかを考えていく。Active Directoryのディレクトリサーバーやファイルサーバーの移行は、比較的容易で、マイクロソフトがホワイトペーパーで移行手順などを公開しているので、参考にするとよいだろう。

 難易度が高いのは、アプリケーションサーバーの移行だ。移行後のOSやデータベースでアプリケーションが完全に動作するかどうかを検証テストする手間がかかる。WebアプリケーションはInternet Information Services(IIS)の互換性が高く、ミドルウェアやパッケージソフトなども移行が容易だが、スクラッチで構築された業務アプリなどは、場合によっては再開発が必要となる場合もあるので注意が必要だ。WOW64(Windows 32-bit On Windows 64-bit)などを使えば、32ビットのアプリケーションを簡単に64ビット環境で活用できるが、前述のように、新たなシステム基盤を作ると考えるのであれば、現在のアプリケーションの機能をSaaSで利用したり、余裕があるなら付加価値のある新たなアプリケーションを構築することを考えたいものだ。

Windows Server 2003からの移行手順
[画像のクリックで拡大表示]

移行先としてクラウドも検討し優先順位を決めて取り組む

 「移行先の検討」では、まず、移行するサーバーOSを選択する。前述のように、機能的にもサポート期間的にもWindows Server 2008よりもWindows Server 2012 R2を選択したほうが有利だ。しかし、Windows Server 2008からダウングレードしてWindows Server 2003を利用している場合は、ライセンスコストの面でWindows Server 2008のほうが有利となる。仮想化基盤やクラウド活用を進めるか、コストを考えるかで選択肢が決まってくるが、マイクロソフトはWindows Server 2012 R2およびUser CALを10%割引するキャンペーンを2014年9月30日まで行っているので、うまく活用したい。

 Windows Server 2003でのシステム構築時は、オンプレミスがほとんどだったが、移行先としては、オンプレミスだけでなく、クラウドの利用も選択肢とすることができる。また、オンプレミスで仮想化基盤を構築することで、将来的に最新ハードウェアやプライベートクラウドへの移行を容易にするような環境にすることも考えていきたい。

 たとえば、情報系のシステムはMicrosoft AzureなどのIaaSのクラウドサービスを利用し、メールサーバーやスケジュール管理機能などをOffice 365などのSaaSのクラウドサービスを利用する。そして、メインフレームとの連携が必要な基幹系のシステムはオンプレミスで最新のハードウェアとOSに切り替えるのだ。また、これまでテープバックアップなどで行っていたバックアップ先を新たにクラウドに置き換えたり、DR対策としてクラウドを利用してデータを同期させることも可能だ。オンプレミス側のシステムを仮想化基盤としておけば、Microsoft Azureと相互に利用して、必要に応じて仮想マシンをクラウドに置いたり、オンプレミスに戻したりすることが可能となり、より利便性の高いシステムになる。

 何と言っても、最も時間がかかるのが「移行作業」だ。これまでの3つのステップで分類・検討を行うことで、2015年7月15日までにどれくらいの移行作業を割り当てることができるかが決まってくる。1年を切った現在では、高度な機能強化を含めたサーバー移行が現実的とはならない場合もあるかもしれない。しっかりと移行を行うためには、最初のステップである「棚卸し」で各サーバーの利用目的を把握し、簡単な移行が行えるもの、SaaSなどに移行できるもの、新たなシステム基盤として改修を行うもの、利用頻度が低いので廃止してしまうものを、しっかりと“仕分け”、何を行うかの優先順位を決めておきたい。そのうえで、システムインテグレーターやパートナー、各ベンダーの移行ソリューションをうまく活用したい。マイクロソフトのパートナー各社は、様々なWindows Server 2003からのマイグレーションサービスを提供しているので、まずは相談してみてはいかがだろうか。

シームレスなハイブリッドクラウド
[画像のクリックで拡大表示]