ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

Windows Serverの豊富なノウハウを生かしたスムーズなマイグレーションを提供

Migration Guide by Partners

Windows Serverの豊富なノウハウを生かした
スムーズなマイグレーションを提供

日立製作所

Windows Serverに関する知見を 移行にもフル活用

多田 公昭 氏
株式会社 日立製作所
ITプラットフォーム事業本部
PFビジネス本部
サービスビジネス推進部
主任技師

 大手サーバメーカーの日立製作所(以下、日立)は、さまざまなWindows Server 2003の移行ソリューションを提供している。「現時点で未着手でも、対処するための時間はまだあります」と語るのは、日立製作所の多田公昭氏。同社の移行ソリューションにはWindows Serverについてのノウハウが生かされている。

 例えば、Windows Serverに関する深い知識がある。「ハードウェア/ソフトウェアを設計する際、当社はOSの下位レイヤーとの連携について深く調査しており、Windows Serverのバージョン間の相違点についても理解しています」と多田氏は語る。最新のWindows Serverについて早い段階から評価と検証を実施してきた強みもある。

 また、同社の製品サポートから生み出された技術情報もWindows Server 2003からの移行を円滑に実施するのに役立っている。日立に寄せられるWindows Server関連の問い合わせは15年の累計で約15万件。多田氏は「当社のサポートエンジニアによる調査と独自分析ツールの組み合わせによって、99%以上マイクロソフトにエスカレーションすることなく、当社内で原因究明と対策立案ができています」と胸を張る。

サーバリプレースをベースにバックアップなどの+αも提案

 移行ソリューションのベースとなっているのは、Windows Server 2003が動いている旧サーバからのリプレース先となるサーバ製品群だ。日立アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」は価格性能比が高く、ハードウェアコストを抑えられるだけでなく、省エネ設計で運用コストも削減することができる。

 また、予算的に全てのサーバを移行できないケースに対しては、仮想化環境の構成要素を1ラックに集約した「Hitachi Unified Compute Platform」を提供。早期に対応しなければならない物理サーバに対して段階的に仮想化環境へ移行をしていくことで、移行時間や費用を抑制することができる。

 Windows Server 2003マシンの中で多くを占めるとみられるファイルサーバに対しては、簡単な初期設定で使い始めることができるネットワークストレージサーバ「HA8000/NS」を用意。ファイル階層制御やファイル重複排除などの高度な機能をストレージ側に組み込んだファイルストレージ「Hitachi Virtual File Platform」も選択可能だ。

 「単純にサーバOSを移行するだけでなく、移行を契機にさらにITを使い込むソリューションを取り揃えています。例えば、重複排除機能付きのバックアップやクラウドを利用した自動バックアップなどです。お客さまには最新のITを活用してビジネスを伸ばしていただきたいと思います」と多田氏は言う。

企業のさまざまな使用目的に合うサーバとストレージをラインアップ
ITの価値をより高める+αのソリューションを用意
企業のさまざまな使用目的に合うサーバとストレージをラインアップ ITの価値をより高める+αのソリューションを用意
[画像をクリックすると詳細ページにリンクします]
お問い合わせ

株式会社 日立製作所
ITプラットフォーム事業本部

URL■http://www.hitachi.co.jp/products/it/server/portal/inquiry.html