ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

NetApp Private Storage for Microsoft Azureの活用で クラウド間でデータを自由に交換

Migration Guide by Partners

NetApp Private Storage for Microsoft Azureの活用でクラウド間でデータを自由に交換

ネットアップ

Unbound Cloudビジョンを掲げFlexPodでHyper-V認証を取得

 ユニファイド・ストレージで知られるネットアップは、独自の“Unbound Cloud”ビジョンを掲げてクラウドビジネスにも積極的に取り組む。

 ネットアップが推奨するプライベートクラウドアプライアンス「FlexPod」は、同社製ストレージのNetApp FAS、ブレードサーバーのCisco Unified Computing System(UCS)、仮想スイッチのCisco Nexusを組み合わせた構成になっている。このFlexPodにより、認証を取得済みであるWindows Server 2012 Hyper-VやMicrosoft System Centerをベースとしたプライベートクラウド基盤の迅速な導入が可能となる。

Unbound Cloudを実現する「NetApp Private Storage for Microsoft Azure」

高野 勝 氏
ネットアップ株式会社
ソリューション技術本部
エンタープライズSE第1部
シニア システムズエンジニア

 企業のニーズに応じて、NetAppのUnbound Cloudのビジョンはさまざまなクラウドの構成を取ることができる。Microsoft Azureとオンプレミスを組み合わせるハイブリッドクラウドの場合は、Microsoft AzureとMicrosoft ExpressRoute(高速プライベート接続)で接続されたコロケーション施設にNetApp FASを置き、オンプレミス側のNetApp FASと SnapMirror/SnapVaultでデータの交換や同期をする構成が最適。その理由を、ネットアップの高野勝氏は「この構成ならMicrosoft Azure側のデータをオンプレミス側に転送する際に費用が発生せず、回線費用だけで経済的にディザスターリカバリーを実現できます」と説明する。また、ワークロードの負荷が高いアプリケーションを一時的にMicrosoft Azure側で処理させたり、アプリケーションのテスト開発環境をMicrosoft Azure側に配備したりできる。

vSphereの仮想ディスクをHyper-Vの仮想ディスクに直接変換

 また、既存のvSphere環境からHyper-V環境への移行を容易にする目的で、ネットアップ製のストレージにはNetApp Project Shiftの成果も活かされている。無償ツールとして配布されている「NetApp Powershell Tool Kit」を使うと、NetApp FASのデータを変換したり移動したりすることなく、vSphereの仮想ディスク(VMDK形式)とHyper-Vの仮想ディスク(VHDX)をハイパーバイザーの共有ストレージプール内で直接変換できるのだ。「エクスポート/インポート処理では数時間かかるようなケースも、30秒ほどで完了します」と高野氏。このほか、NetApp FAS最新版OS「clustered Data ONTAP」ではスケールアップとスケールアウトの両方に対応できるようになり、複数のワークロードをうまく制御するQoSにも対応している。「Unbound Cloudのビジョンに従ってクラウドサービスプロバイダーへのNetApp FASの導入を急ピッチで進めています。クラウドOSが当たり前となった今、オンプレミス側のストレージとしてもNetApp FASはベストチョイスです」と高野氏は語る。

Hybrid Cloudを実現するNetApp Private Storage for Microsoft AzureとFlexPod
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ

ネットアップ株式会社

TEL■03-5404-1200
E-mail■xdl-japan-mktg@netapp.co.jp
URL■http://www.netapp.com/jp/