ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

モバイル活用支援フォーラム 2015 Spring Review|富士通 ワークスタイル変革成功の秘訣は 企業全体の「ビジョン策定」にあり

富士通

ワークスタイル変革成功の秘訣は
企業全体の「ビジョン策定」にあり

ワークスタイル変革に向けては、ICT導入以前に、全社で「ありたい姿」のビジョンを共創し、その実現に向けた施策を試行していくというアプローチが近道となり得る。富士通の「ワークスタイルUXデザインコンサルティングサービス」では、デザイン思考に基づくビジョンの創造から、取り組みのロードマップやKPIの設定、インフラ選定までをトータルに支援している。

西山 聡一 氏
富士通株式会社
統合商品戦略本部
統合商品ビジネス推進統括部
シニアマネージャー
西山 聡一

働き方の多様化への対応や業務効率化に向けたニーズが高まる一方、スマートデバイスが普及し、モバイルネットワークの高速化など技術環境も大きく変化している。こうしたことを背景に、ワークスタイル変革への期待が高まってきている。

富士通では、変革の推進力となるスマートデバイスの活用領域に関し、特に社内での日常的な業務である「オフィスWORK」、営業活動にかかわる「営業WORK」、そして生産、保守、物流等の「現場WORK」と、大きく三つに分類している。

例えば、オフィスWORKについては社内コミュニケーションの効率化や高度化、営業WORKなら客先訪問時のタイムリーな商談機会の発掘、さらに現場WORKであれば電子化された保守マニュアル等による作業支援などが考えられる。「様々な業種・業態のそれぞれのシーンにおいて、スマートデバイスの特長を生かしたワークスタイル変革を支援していきたいと考えています」と富士通の西山聡一氏は語る。

ビジョン策定からICT施策実行までトータルに支援

とはいえワークスタイル変革の推進にあたっては、経営層や情報システム部門、そして実際に業務を行う現場部門の三者がそれぞれ思いを異にしているというケースも多い。「まずは三者が立場の違いを超えて、例えば2020年を中期目標に据えながら、ワークスタイルについての『ありたい姿』をビジョンとして描き、未来に思いをはせるところからスタートしてみては」と西山氏は提案する。つまり、そうして描かれたビジョンに基づいて必要な施策を試行していくというデザイン思考の考え方こそが、ワークスタイル変革に向けた近道になり得るという。

富士通の提供する「ワークスタイルUXデザインコンサルティングサービス」では、顧客が目指すべき将来のワークスタイルをデザイン思考によって描き、そのビジョンの実現に必要となる最新ICTの活用や、ルール・制度の見直し、さらには組織や意識の改革などのテーマを盛り込みながら、将来のワークシーンを明確化していく取り組みを専門チームが支援している。

さらに富士通では、描かれたビジョンに向けた、就労管理やセキュリティポリシー、インフラ選定にかかわるロードマップやアクションプランの策定、あるいは効果検証に必要となるKPI・KGIの設定、さらには具体的なICT環境の設計に至るトータルなサービスを提供する。

「未来のワークスタイルにかかわるイノベーション創出には、情報システム部門が中心となり、経営企画や事務部門、現場部門などがビジョンを共創していくことこそが重要です」と西山氏は強調する。それが、今後の企業にとって重要な成長戦略となっていくはずだ。

ワークスタイルUXデザインコンサルティングサービスの進め方
デザイン思考によるビジョン策定からコンサルティングする
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ