ケンプラッツ Focus ケンプラッツFocusケンプラッツ

SMAジャパン株式会社 信頼性の高いパワコンで顧客の心を掴む

太陽光発電による電力の買い取り価格の低下が予測される中、今後ユーザーの関心は発電期間20年の運転コストに向けられるはずだ。もしも途中で追加費用が発生すれば、投資回収計画は大きく狂う。「20年間交換修理をしなくても良いパワーコンディショナ(以下、パワコン)」を選択・提案することが、顧客からの信頼獲得につながる――そんな時代が目前だ。

SMAジャパン テクニカルダイレクター 川上 勝史 氏と、 同社の誇るパワコン「SUNNY BOY(左)」「SUNNY TRIPOWER(右)」

2012年に再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が開始して以降、駐車場や倉庫の屋根、遊休地などに、オーナーが投資目的で太陽光発電システムを設置するケースが増えている。10kW以上のシステムの場合、申請した年の買い取り価格のままで20年間、発電全量を買い上げてもらうことができる。

だが、買い取り価格の下落が間違いないと言われる今後、確実に収益を上げるためには、20年間を通して高効率な運転を持続させることが必須になる。そのために最も重要なのがパワコン選びだ。

「パワコンを選ぶこと」が 最大のリスクマネジメント 詳しい内容は次のページへ
よくわかる太陽光発電 PDFダウンロードはこちら