日経ビジネスオンライン Special 住宅特集 朝の連続テレビ小説に登場した「石炭王」のモデル伊藤伝右衛門の近代和風住宅

住宅特集 住宅性能の基礎知識(2) 住宅の断熱性能を高めて快適・省エネを実現する

寒暖差が大きい日本の気候で快適に過ごせる室内環境を作るには、断熱性能を高めることが基本となる。さまざまな工法があるが、ここでは木造住宅に用いられる二つの工法の違いを解説する。

断熱材の設置方法で「充てん」と「外張り」に分かれる

 今年の夏も猛暑が続いた。これからは暖房が恋しい季節になる。断熱性能の高い住宅は快適であるとともに、冷暖房効率が高まるので省エネにもつながる。

 国土交通省が定めた「次世代省エネルギー基準」は、断熱性能のほか気密性も規定している。この基準を満たした住宅は一般的に「高気密・高断熱住宅」と呼ばれる。

 高気密・高断熱住宅は、構造体の外側に断熱材を貼るものと、内側に入れるものの二種類に大別される。木造住宅の場合はそれぞれ、「充てん断熱(内側)」と「外張り断熱(外側)」と呼ばれる。

 木造住宅の充てん断熱工法は、壁の内部に断熱材を詰め込んで熱が伝わりにくくするもの。外張り断熱は柱や梁などの構造体の外側に断熱材を貼る工法だ。

 どちらの工法が優れているかは一概には言えない。室内で快適に過ごせるという点では、いずれの工法も十分な断熱性能を発揮する。大切なのは、きちんと施工されているかどうかだ。

気密性を保つことは住宅の耐久性にもかかわる

 木造住宅において「高気密」には二つの目的がある。一つは、すき間を少なくして空気が漏れるのを防ぎ、冷暖房効率を上げること。もう一つは柱などの木材部分に結露が起きないようにすることだ。

 水蒸気を含んだ暖かい空気が冷やされると結露が発生する。寒い日に窓ガラスの表面に水滴が付くのは、暖かい室内の空気が窓ガラスの近くでは冷やされて、ガラス面に結露するためだ。

 これが壁の内部で起こるとどうなるか。冬に暖房をしている室内から、水蒸気をたくさん含んだ暖かい空気が壁に入り込み、断熱材よりも外側に流れていったとする。断熱材の外側は温度が低いので、窓ガラスのときと同じように、壁の内部で結露してしまい、柱や筋かいなど大切な構造部材を腐らせてしまう。

 そこで、充てん断熱の場合は水蒸気を通さない材料(プラスチック製のフィルムなど)を室内側に張って、壁の内部に水蒸気が入るのを防ぐようにする。外張り断熱の場合は、構造体の外側にある断熱材をすき間なく貼る。また継ぎ目部分はきっちりとテープでふさぐことで、冷気が入り込まないようにする。

 この気密性を確保するための施工がきちんとされていないと、木材の腐朽を招いてしまう。品質や安全性を高めるために、住宅会社は手間をかけて施工している。

 さて「高気密」と聞くと、窓を閉め切って住むようなイメージがあるかもしれないが、そんなことはない。春先や初夏、秋口など冷暖房を使わない季節は窓を開けて生活すればよい。また気密性の高い住宅には全館を換気する設備の設置が義務付けられているので、冷暖房時でもきちんと換気がなされる。

 高気密・高断熱住宅は省エネ性が高いので、全館冷暖房が可能になる。どの部屋に行っても暑さや寒さを感じなくて済む。冬に、暖かい部屋から寒い部屋に移動したときに起こる、ヒートショックによる健康被害を防ぐことにも有効だ。

1 2 3 4 5

Present! 特集掲載企業へ資料請求いただいた方に抽選でプレゼント!

今回、資料請求いただいた方の中から、抽選で10名様にJCBギフトカード(3000円分)をプレゼントいたします。

■資料請求対象企業 住友林業/積水ハウス/ファイヤーサイド/ミサワホーム/三井ホーム/もりぞう

資料請求のお申し込みはこちら

応募期間 2014年10月28日(火)~2015年1月31日(土)

上記の資料請求用のバナーをクリック。資料を請求したい企業にチェックして、必要事項をご入力のうえ、ご請求ください。

当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。