日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

今さら聞けないICTキーワード VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)

今さら聞けないICTキーワード
VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)

 VPN(Virtual Private Network:バーチャル・プライベート・ネットワーク)は、共用の通信回線網の上に構内ネットワークを構築すること、あるいはその技術のこと。共用の通信回線網に構築したにもかかわらず、専用線のように利用できることからバーチャル(仮想的)なプライベートネットワーク(専用線)と呼ばれ、仮想閉域網と訳されることもある。活用する共用の通信回線網によって、通信会社の回線を使うIP-VPNと、インターネットを利用するインターネットVPNの2種類に分けることができる。

 共用の通信回線網を使うため、データの中身を盗み取られたり、データの中身を書き換えられたり、第三者が他人になりすまして情報を送信したりする恐れはある。こうした事態を防ぐため、VPNではデータを盗聴されにくくしたり、盗聴されても解読されにくくする技術が用いられている。具体的には、トンネルと呼ばれる仮想的な経路と、拠点間でやり取りする通信の暗号化で対応している。そうすることで、共用の通信回線網を介して通信しているにもかかわらず、論理的には専用線でつないで通信しているのと同じ機密性を保持する。

 通信会社の回線を使うIP-VPNは、インターネット網から隔離した高信頼の閉域網を利用し、高度な暗号化技術を施したデータ転送サービスといえる。一方、インターネットVPNは文字通りインターネットを利用し、アクセス回線に光回線やADSLなどのブロードバンド回線を使い、コストを抑えたサービスだ。

適材適所のVPNの選択を

 VPNと一口に言っても、IP-VPNは高度なセキュリティを確保しているのに対し、インターネットVPNは投資効果に優れており、それぞれ向き不向きがある。自社の事業規模、投資金額、業務に求められるセキュリティ水準や信頼性といった条件を考慮に入れてIP-VPNとインターネットVPNのどちらが最適か判断しなければならない。大規模拠点同士を結ぶ基幹回線はIP-VPNと接続し、そうではない小規模拠点とはインターネットVPNで結ぶといった具合にIP-VPNとインターネットVPNを組み合わせて活用するのが一般的だ。

 VPNが企業間の通信手段として急速に普及したのは、通信コストの安さによるところが大きい。かつての企業ネットワークの主流であった専用線に比べると、IP-VPNの月々の通信コストは圧倒的に安い。インターネットVPNに至ってはIP-VPNよりも一段と安くなる。このほか、VPNはネットワーク規模の大小を問わず比較的導入が簡単なうえ、距離に比例してコストが高くならない。接続先が海外にあっても簡単で、安価に構築することができ、自宅で仕事をするSOHO環境やモバイル環境からのアクセスも容易だ。

 企業の規模を問わず数多くの企業がVPNを採用するようになった要因はそれだけではない。VPNでは、あたかも自社専用のネットワークのように利用するために拠点間同士でしか解読できない暗号機器を使う。以前なら数百万円規模の初期投資が避けらないことが珍しくなかったが、通信会社のVPNサービスが年々充実した結果、ユーザーが機器を購入せずにVPNを導入できるようになってきた。導入・構築に伴う機器の設定・設置までの作業すべてを提供するサービスも登場し、VPNの利用企業の裾野を広げ、中堅中小企業の利用が急速に増えている。

VPNの仕組み

▲トップページへもどる