日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

CityNext Headline

Message メッセージ公共・医療・教育向けサービスの価値はクラウドで高められる

日本マイクロソフト株式会社
執行役 常務
パブリックセクター担当
織田 浩義

 世界のどの国や地域でも、公共・医療・教育の各機関のお客様は、限りある予算でより多くのサービスを住民の方々に提供するための取り組みを続けておられます。そうしたお客様に対して、弊社の製品とサービスを利用してサービスの価値を高めていただきたい、というのが私たちの願いです。

 そうした製品、サービスの中でも特に重要な役割を果たすのが、Microsoft Azure、Office 365、Microsoft Dynamics CRM Onlineなどのクラウドサービスです。私たちが提供するグローバルレベルのクラウドは、最新のテクノロジーで開発・運用しているだけでなく、お客様の大切なデータをサイバー攻撃などから確実に守るなど、情報管理を徹底しております。またこの度、国内の東西それぞれ複数拠点にデータセンターを配備し、3つのサービスのいずれも国内データセンターからの提供が可能になり、より災害に強くセキュアな体制を整えることができました。

 また、お客様の側でもクラウドへの期待はますます高まっているとみています。総務省の調査では地方自治体の61%は次期システム更新の際にクラウドを選択すると回答しています。少ない費用で高い品質のサービスが提供され、オンプレミスでは実現できない新しい住民サービスを実現できることに魅力を感じておられるようです。実際、公共・医療・教育の各分野で弊社のクラウドサービスを利用するお客様が増え始めました。公共分野では愛媛県様の「愛媛マルゴト自転車道サービス」、医療分野では国立病院機構 神戸医療センター様や長野市民病院様の電子カルテシステムのバックアップ、教育分野では東京工科大学様の全学フルクラウド化をはじめとして、いくつもの事例があります。このような事例は、今後ますます増えると考えています。

 私たちは、オンプレミス、プライベートクラウド、パートナークラウド、そしてパブリッククラウドのいずれにもシームレスに対応できるという強みを活かしながら、今後とも「信頼できるクラウド」を提供し続け、進化させていき、さらに価値の高いものとしてご提案していく所存です。ご期待ください。

日経ビジネス無料定期購読を日本マイクロソフト株式会社から贈呈いたします。
アンケートをご記入いただいた方から抽選で50名様に「日経ビジネス」 3カ月購読(12冊)をプレゼントいたします。
この機会に是非ご応募ください。
  • 【 購読プレゼントについての注意事項 】
    下記注意事項をご確認いただき、ご了承の上、プレゼント企画にお申し込みください。
  • ■ 当選者の発表は日経ビジネスの発送をもって代えさせていただきます。
  • ■ 応募期限は2015年3月31日となります。
  • ■ 雑誌の送本開始は、キャンペーン終了後、3~4週間後を予定しています。
  • ■ 無料購読期間終了が近づきましたら、日経BP社より継続購読(有料)のご案内をさせていただきます。
  • ■ 本プレゼントの対象は、雑誌のお届け先が日本国内の方に限らせていただきます。

<日経BP社の個人情報の利用について>
本キャンペーンにお申込いただきました方の個人情報は日本マイクロソフトがとりまとめ、日経BP社が行う製品やサービスの案内のための情報として日経BP社に第三者提供されます。第三者提供された情報は下記日経BP社のプライバシーポリシーに従い、日経BP社の責任において管理されます。 日経BP社のプライバシーポリシーにつきましては以下をご確認ください。
http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/privacy/