日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

日経ビジネス創刊45周年記念広告企画 |eコマース全盛で物流が主役に 高付加価値のソリューションを提供

eコマースが物流を主役に

―物流関連企業を取り巻く環境の変化をどう捉えていますか。

 リーマンショックの後は落ち込みましたが、ここ2~3年は回復してきました。 特に拡大しているのがeコマースのマーケットです。現在、市場規模は11~12兆円と言われており、2020年には20兆円規模になるとの試算もあります。

―eコマース市場拡大のカギは、物流にあるのではありませんか。

 そうです。物流は長らくコスト削減をする分野として捉えられてきましたが、今は事業を拡大するための戦略ポイントとして重視されています。いかに早く、確実に届けるかが消費者に支持されるか否かを左右するからです。

 経営のリスク管理の面でも、物流が注目されています。東日本大震災以降、災害が起きても、企業活動を止めずに済む拠点配置や物流センターの仕組み作りを重視するようになったのです。

 トーヨーカネツソリューションズ(TKSL)が今、お客様から求められているのは、戦略的なソリューションの提供なのです。2014年1月に豊田自動織機様と業務提携し、サービスを始められたのも、そうしたビジネスの流れがあるからなのです。

物流業から製造業にも導入が広がる

―具体的にはどのような企業の利用が進んでいますか。

 グローバル大手通販企業様が、物流センターの投資を続けています。TKSLはこのお客様が全国で展開している超大型センターの中核設備を担っています。お客様が必要とする配送スピードは非常に速く、両社にてシステム構築・開発を行うことでTKSLの技術力が着実に向上し、高いハードルを越えられるようになっています。

 「オムニチャネル」戦略を掲げ、新たな流通革命を進めている日本最大の総合流通グループの物流センターも手がけております。同グループからは物流センターの統廃合による物流コストの削減や物流品質の向上が求められておりますが、着実に計画を実行に移しております。

 製造業との取引も拡大しております。例えば多品種の電子部品を製造する日本トップクラスの電子部品メーカーには部品を一カ所に集め国内外に仕分け・配送を行うためにマルチシャトルを納入しております。国際的に強い企業の物流改革に携わることでTKSLも強くなっているのです。

内製化への回帰で技術力を確保

―2014年10月、主力の和歌山工場を16億円かけて刷新しました。

 これまでの和歌山工場では生産の3割ほどしかまかなえず、7割をアウトソーシングしていました。しかし、今後、このままでは企業としての成長はおぼつかないと考えました。お客様は新しい技術の素早い提供を求めています。生産の7割を外注しているようでは、それに応えられません。技術の伝承・蓄積ができず、開発のスピードも落ちてしまうからです。

 顧客ニーズに応えられる付加価値の高い機器を製造するには自社工場を強化し、内製化率を高める必要があったのです。そこで、生産効率を高められる最新鋭設備を導入しました。これまでアウトソーシングしていた7割の生産の多くを、ゆくゆくは和歌山で処理できるようにしたいと考えています。

生産効率の向上を目的に2014年10月に刷新した和歌山工場。左は外観、右は最新鋭のタレットパンチプレス・レーザー複合機および鋼板自動倉庫
生産効率の向上を目的に2014年10月に刷新した和歌山工場。左は外観、右は最新鋭のタレットパンチプレス・レーザー複合機および鋼板自動倉庫

生産効率向上、人材育成にも注力

―和歌山工場を他社の手本になるような生産拠点にしなければなりませんね。

 和歌山工場の刷新は、特産品であるみかんにちなんで「みかんPJ(プロジェクト)」と名づけて推進しています。「Method(生産・工場運営方法を鍛え直す)」「Ideal(理想とする製品づくり)」「KAizeN(絶えずカイゼンする)」の意味を込めています。みかんPJでは、世界に通用する工場を目指せと檄を飛ばしています。生産効率を向上させお客様にスピード感を持ってソリューションを提供します。

―2015年度には現在の中期経営計画が最終年度を迎えます。

 中期経営計画で重視していることの1つに人材の育成と確保があります。顧客ニーズが複雑、多様化し、様々なソリューション提案を求められているからです。特にIT系の人材は中途入社も含めて育成を強化しています。企業体質も、徐々にですが厳しい体質に変化しています。

 規模を追うのではなく物流のオンリーワン企業を目指しています。お客様に信頼を得られるソリューションと、付加価値のある製品を提供していきます。お客様とタッグを組んで、新しい付加価値のあるソリューションを一緒に創り上げる姿がTKSLの理想です。

トーヨーカネツソリューションズ株式会社

  • トーヨーカネツソリューションズ株式会社

  • 〒136-8666 東京都江東区東砂8-19-20
  • TEL 03-5857-3126
  • FAX 03-5857-3185
  • URL:http://www.tksl.co.jp