住宅特集 東京郊外の田舎暮らしを楽しんだ次郎と正子のカントリーハウス

住宅特集 知っとく情報コラム 住まいづくりのワンポイント解説 住宅展示場に出かけて建てたい家をイメージしよう

家を建てるなら、できるだけたくさんの住宅を見ておきたい。そこで活用したいのが、住宅展示場だ。実物大の空間を体験することでイメージも膨らんでくる。まずは気軽に足を運んでみよう。

自分の好みを知るために様々なタイプの住宅を見学

 住宅を何棟か見ていくと、自分の本当の好みが分かってくる。「こんな家にしたい」という希望が既にある場合でも、経験値と知識レベルが上がると、理想の家のイメージが変わることも少なくない。最初のうちはえり好みせずに、いろいろなタイプの住宅を見に行きたい。

 総合住宅展示場に行けば、複数の住宅メーカーのモデルハウスを一度に見学できる。実際に建っている住宅を見ておくと、間取りや部屋の広さ、廊下の幅、天井の高さ、吹き抜けの開放感などについて、写真や図面からでもスケール感を想像しやすくなるだろう。また木造軸組工法やツーバイフォー工法、軽量鉄骨工法、鉄筋コンクリート(RC)造など、住宅には様々な工法がある。技術も日々進歩しているので、それぞれの工法の特徴を確認して、比較検討することが大切だ。

見て触れて感じて空間を把握。モデルハウスで情報収集

 住宅展示場に行くと、一度にたくさんのモデルハウスを回ってみようと考えがちだが、真剣に見学するとなると時間もかかるし、またイメージが混同してしまうこともあるだろう。多くても1日3~4棟に絞ってじっくり見るのがおすすめだ。単世帯向けや二世帯住宅、賃貸併用タイプ、子育て世代向き、都市型の狭小地向けなど、タイプも違えばコンセプトも違う。効率よく見学するためには、住宅展示場のインフォメーションセンターへの相談や、事前にWebサイトで予習するなどして、どの住宅メーカーのモデルハウスを優先して見たいか、見当をつけておくといいだろう。

 一つ気をつけておきたいのは、モデルハウスは一例にすぎないということ。住宅メーカーの商品でも、グレードやオプションによって価格は大きく異なる。たいていモデルハウスは、比較的高いグレードのものにオプションも豊富に付けられている。今見ているモデルハウスがどのグレードで、どんなオプションを付けたものなのか、確認するのを忘れないようにしたい。

 聞きたいことがあれば、モデルハウスのスタッフと話してみるとよい。間取りにどんな工夫をしているのか、使いやすさのポイントは何か、使われている素材や特徴、プランの自由度、アフターメンテナンスなど、気になることは遠慮せずにどんどん質問してみよう。「バリアフリーにしたい」「将来間取りの変更が可能なプランにしたい」「総額2000万円以下にしたい」など、条件や希望をあらかじめリストにしておくと話が早い。

 住宅展示場で気になる住宅メーカーを見つけたら、その住宅メーカーの別のモデルハウスを見に行くのもおすすめだ。メーカーによっては施工現場や工場の見学、また経年変化を見るために実際に建設した住宅を見学する企画も催しているので、ぜひ参加したい。

Present! 特集掲載企業へ資料請求いただいた方に抽選でプレゼント!

今回、資料請求いただいた方の中から、抽選で10名様にJCBギフトカード(3000円分)をプレゼントいたします。

■資料請求対象企業 ミサワホーム住友林業

資料請求のお申し込みはこちら

■応募期間 2015年4月28日(火)~8月31日(月)

■請求方法 上記の資料請求用のバナーをクリック。資料を請求したい企業にチェックして、必要事項をご入力のうえ、ご請求ください。

当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。