日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

キーワードは“SMACS” 初のソフトウェア総合イベントでIBMの総合力を提示

5月21日(水)と22日(木)の2日間、日本IBMのソフトウェア分野の総合イベントである「IBM Software XCITE Spring 2014」が開催される。これまで開発や運用、データベースなど、ソフトウェアのブランドごとに行われていたイベントを統合した同社初の“ソフトウェアの総合イベント”となる。各イベントを統合した背景にはどのような変化があり、本イベントからどんなヒントが得られるのだろうか。

5つの切り口から見せる技術力と提供できる価値

日本アイ・ビー・エム株式会社
専務執行役員
ソフトウェア事業本部長
マハジャン ヴィヴェック

IBMのソフトウェア分野における総合イベント「IBM Software XCITE Spring 2014(以下、XCITE)」が、5月21日(水)・22日(木)の2日間、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪のコンベンション施設「国際館パミール」で行われる。これまで同社が開催してきたIODカンファレンスやPulse、IMPACTといったソフトウェア関連の5つのイベントを統合した、初の総合イベントとなる。

各ブランドで開催されてきたイベントが統合された背景には、市場の変化とそれに伴う同社の戦略の変化が挙げられる。ITが社会や企業活動に広く、深く浸透したことにより、ITの役割も大きく変化している。求められているのは個別のソリューションではなく、どんな価値が提供できるかだ。「クラウド、ビッグデータ、アナリティクスなどの分野でソフトウェアによって“何ができるか”が問われているのです」と日本IBMの専務執行役員 ソフトウェア事業本部長であるマハジャン ヴィヴェック氏は語る。

確かに、ソフトウェアが提供できる価値は大きく広がった。どんなソフトウェアをどう使うかによって、得られる情報ともたらされる収益は大きく変わってくる。ソフトウェアそのものが新しい産業を創造するとすら言われるようになった。

では、実際にどんなシナリオを持ってどこからどうアプローチすればいいのか。また、どんなソフトウェアをどんな方法で連携させれば効果的にビジネスに貢献できるのか、経営者や実務者にとって全体像が描きづらくなっているのも事実である。

「だからこそ、私たちは日本IBMとして切り口を提示したうえで具体的なソリューションを見せていきます。それが“SMACS”です。XCITEではSMACSという切り口を軸に私たちのテクノロジーと、提供できる価値をお見せしたい」とヴィヴェック氏は意欲を見せる。

企業利用の必要条件であるセキュリティーにこだわる

SMACSとは、ソーシャル(Social)、モバイル(Mobile)、アナリティクス(Analytics)、クラウド(Cloud)、そしてセキュリティー(Security)の頭文字をとった造語である。最初の4つのキーワードがこれからソフトウェアの力を発揮することが期待されている分野であり、最後のSecurityはそのために必要となる共通要素として捉えることができる。これをキーワードにXCITEでは何をどう伝えていくのだろうか。

「まずお伝えしたいのは、最初の4つの分野にわたってIBMが最高レベルの技術を持っていること」とヴィヴェック氏。「米国の特許取得件数で21年間連続1位という実績が示すように、IBMは圧倒的な技術力を維持し続け、どこよりも幅広い製品ポートフォリオを持ち、そして導入実績でもNo.1の成果を上げています。当社のスピーカーとお客様の講演を通してそれを実感していただけるはずです」(ヴィヴェック氏)。

「もう1つが、最後の“S”、セキュリティーです。どんな目的でどんなソリューションを利用するにしても、エンタープライズ用途である限りセキュリティーの確保は不可欠です。たとえば、セキュリティーに不安があるクラウドは企業では使えません。安全で、安心して使えることが常に問われているのです。そして、すべてのソフトウェアの活用分野で高い技術力と高いセキュリティーレベルの両方を提供できるのはIBMだけです。それをご理解いただきたい」とヴィヴェック氏は強調する。

日本以外の地域では、“SMACS”の5文字ではなく、活用領域を示す“SMAC”の4文字が切り口になっている。安心、安全を重視する日本のユーザー向けに、あえてセキュリティーの“S”を加えて同社のセキュリティーへの取り組みを明確に伝えようという姿勢は、「日本市場に合った展開を目指していく」というヴィヴェック氏のこだわりがある。

経営者と実務者の両方を対象に用意された2日間のセッション

実際にXCITEはどんな構成で開催されるのだろうか。イベント全体は、Day1とDay2の2日間で構成される。その違いはどこにあるのか。両日ともインパクトのあるスピーカーからの基調講演が予定されているが、その後のトラックの構成に違いがある。

Day1で予定されているトラックは、ビッグデータ、アナリティクス、クラウド、そしてスマーター・エンタープライズ。Day2では、ソーシャル、モバイル、スマーター・コマース、そしてセキュリティー。どちらかと言えば、Day1がテクニカル寄り、Day2がビジネス寄りだ。

ただ、ヴィヴェック氏は「両日とも、経営者と実務者の両方に聞いてもらいたい」と語る。「これからはITとビジネスの融合が欠かせません。経営者がビジネスを支えるITを理解し、実務者がITのもたらす経営的なインパクトを理解することが重要です。どちらの立場の方にもすべてのトラックを聞いてもらうことで相互の距離を縮めてもらいたい」と、経営者、実務者、両者にとってのXCITEの意義を強調する。

今は、ITをビジネスにどう生かすのかという視点が常に求められる。そこでは経営者と実務者といった立場の違いを超えた共通理解と問題意識が重要になる。「たとえば、モバイルをどうビジネスに活用するのかと考えたときに、経営者がモバイルのテクノロジーをまったく知らなければ適切な判断が下せません。テクノロジー面については、経営者の方にも理解しやすいようにわかりやすく解説していきます」(ヴィヴェック氏)。

こうしたテクノロジーの変化は、システムインテグレーターにとっても関心の高い話題だろう。ヴィヴェック氏は「クラウドの普及によって、システムインテグレーターの役割は変わりつつあります。ビジネスモデルも当然、変わってきます。ITを提供する立場の方にとっても有意義な内容にしていきます」と語る。

ソフトウェアがもたらすワクワク感を期待したい

XCITEでは、最新ソリューションのお披露目もある。たとえば、2月にベータ版が公開されたPaaS型クラウドサービス、コードネーム「BlueMix」。IBMのクラウドサービスである「SoftLayer(ソフトレイヤー)」上にオープンテクノロジーを基盤としてモバイル、Webなど多数のサービスが用意され、それらを組み合わせてプログラミングすることでアプリケーションを即座に開発・実行することができる。まさにクラウド時代の新しい開発スタイルを実現するプラットフォームだ。

そのほかにも、社内外を結び付けるソーシャルネットワーク、モバイルに対応した開発環境、ビッグデータを扱えるアプライアンスやデータベースなど、SMACSに結び付くソリューションが多数登場する。「しかし、個々のテクノロジーだけを見ていただきたくはありません。それらを結び付けてソリューションとして提供できるのがIBMの強みです」とヴィヴェック氏は語る。

また、両日ともテクニカルトラックが3トラックずつ用意されている。そこでは技術的に掘り下げた解説や、DevOpsなどのソフトウェア開発者向けのテーマが用意され、さらにセッションの内容を掘り下げるハンズオンセミナーや展示も実施される予定だ。

「2日間で、基調講演以外に80のセッションを用意しています。自社の課題やニーズに合ったセッションを選択してご参加ください。また、展示会場には60小間以上の展示が設営され、2日間にわたって各ソリューションのエキスパートが説明にあたります。セッションで聞き逃したテーマについてもここでフォローいただけます。こちらもぜひご活用ください」とヴィヴェック氏。

イベント名の“XCITE”には、ワクワクするような、新たなソリューションMIXを紹介していく、という思いが込められているという。会場に足を運んで、IBMのソフトウェアがもたらすワクワク感を実感してみてはどうだろうか。

お問い合わせ
日本アイ・ビー・エム株式会社

http://www.ibm.com/software/jp/xcite/?REF=O72