日経テクノロジーonline SPECIAL

【三菱電機】FAとICTがシームレスに連携、ネットワークで大容量化にも対応

異なる発展形態をとってきた生産現場のFAシステムと管理部門のICTシステム。これらをリアルタイムで連携させる仕組みを備えた先進的なFAトータル・ソリューション「e-F@ctory」を支えるキーテクノロジーの一つが「ネットワーク」である。その進化が製造業にもたらす新しい可能性などについて三菱電機が解説した。

可知 祐紀氏
三菱電機 名古屋製作所 FAシステム第一部 次長

三菱電機の可知祐紀氏は、「生産現場とITシステムを『つなぐ』ネットワーク」と題した講演の冒頭で、ものづくり全体を管理する情報ネットワークと、現場を管理するFAネットワークのそれぞれが求められる機能を整理した。情報ネットワークは、現場のデータをリアルタイムで収集し、分かりやすい形で分析・提示する機能が求められている。一方、FAネットワークに対する主な要求は生産性向上である。可知氏は、これらの要求に対してe-F@ctoryを構成するネットワークがどのように対応しているのかを説明した。

e-F@ctoryでは、 FAシステムに接続可能なMESインタフェース・ユニットを用意。それを介して生産現場が発するデータを、ICTシステムに設けたデータベースなどにシームレスに転送できるようにした。転送に必要なプロトコルの処理機能をユニットに内蔵しているため、新たなプログラム開発なしで、転送が可能な点が特徴だ。

帯域分けて定時性を確保

ICT側のエンジニアリング・ツールからFA機器を制御できるように、共通のインタフェース「EZSocket」も用意している。これを利用してCAE(computer aided design)ツールでシミュレーションした結果を、FA機器の制御に反映させたり、制御結果をICT側に書き戻したりする仕組みを速やかに構築できる。

FAネットワークの高速性や安全制御などの要件に対応するうえで大きな役割を担うのが、Ethernetベース産業用オープン・ネットワーク「CC-Link IE」である。物理層レベルで1Gbpsの高速大容量通信が可能なネットワークである。「制御用データと情報通信用のデータの帯域を分けているため、大容量のデータを扱っても制御の定時性を確保できます」(可知氏)。

安全確保のために必要な通信を最優先で行う機能を備えているのもCC-LinkI Eの特徴だ。「安全用のネットワークを別に敷設する必要がなくなります」(可知氏)。

CC-Link IEでは、ICTシステムとFAシステムをつなぐための共通プロトコルとして「SLMP(Seamless Message Protocol)」を採用している(図)。MESやエンジニアリング・ツールをCC-LinkIEを介してFA機器とつなぐためのプロトコルだ。「SLMPは、同じ企業の中でFAとICTをつなぐ目的として使われています。今後は顧客やサプライヤのシステムもインターネットを介してつながるように仕様を拡張し、新たなサービスを生む基盤技術に進化するでしょう」(可知氏)。

図 FAとICTをつなぐ共通プロトコル「SLMP(Seamless Message Protocol )」
[画像のクリックで拡大表示]
工場見学ができる! e-F@ctoryセミナー開催
お問い合わせ