日経テクノロジーonline SPECIAL

【三菱電機】FAとICTの共通プラットフォーム、生産性や安全の向上に貢献

FAシステムとICTシステムを合理的に接続するには、共通のプラットフォームを設けるのが理想的だ。こうした役割をまさに担っているのが三菱電機のFAソリューション「e-F@ctory」に組み込まれている「iQ Platform」だ。同プラットフォームは、二つのシステムを接続するだけでなく、生産システム全体に様々な利点をもたらす。

岩田 恭伸氏
三菱電機 名古屋製作所
FAソフトウエアエンジニアリング部  部長

三菱電機の岩田恭伸氏による講演「生産現場とITシステムを『つなぐ』プラットフォーム」では、同社がiQPlatformを開発した狙いから説明した。

生産現場で使用する機器や装置の特徴の一つは、種類が多様なことだ。一般にFAシステムには、シーケンサやサーボ、ロボット、インバータなど数多くの種類の機器で構成されている。このため、FA機器の制御といっても容易にひとくくりにはできない。

既設ラインの省エネ推進が可能に

e- F@ctoryでは、その難しさを解消するために共通プラットフォーム「iQ Platform」を用意している。iQ Platformは、機器とソフトウエアのそれぞれで生産現場の課題を解決するソリューションだ。同プラットフォームが提供する大きな機能の一つがエンジニアリング環境の統一である。i QPlatformでは、機器ごとにあるエンジニアリングツールを共通のエンジニアリング環境「iQ Works」の上に統合(図)。一つの環境で複数の機器や装置の調整やプログラミングをできるようにした。「異なるツール間あるいは異なる開発フェーズの間でもデータが共有できるので、エンジニアリング作業の生産性が高まります」(岩田氏)。

図 iQ Platform対応の統合環境「iQ Works」
[画像のクリックで拡大表示]

iQ Platformが提供する情報共有の仕組みは開発フェーズだけでなく、設計や生産、保守などものづくりの様々な局面に利点をもたらす。例えば生産ラインを設計する際、ロボットとコンベアの動き(制御)の最適化を考慮して、ラインの機械設計や電気設計をする必要がある。この場合でも、それぞれに必要な機械設計や電気設計、制御設計は別々に行われることが多い。iQ Platformではこれらの設計情報を初期の段階で統合し、情報を共有しながら干渉チェックやタイミング調整などを早期に行える。「海外で初めて全部を組み合わせるときに発生する問題をかなり減らせます。現場の調整作業を大幅に削減できるはずです」(岩田氏)。

生産フェーズでは、消費電力の低減にもiQ Platformが効果を発揮する。生産ラインのどこがムダな電力を消費しているかを知るためには、消費電力をライン単位ではなく機器や設備ごとに把握しなくてはならない。「iQ Platform対応の電力計測ユニットをシーケンサに取り付けることで、個々の機器や設備の電力を把握できるようになります。つまり、今まで以上に生産の最適化が可能になります」(岩田氏)。

保全フェーズでは、iQ Platform対応の絶縁監視ユニットで機器や設備の漏洩電流をネットワーク経由で監視し、設備の故障を予防することができる。

「データ収集だけにとどまらず、どういうデータの組み合わせで何が分かるかなど、高度な予知のノウハウを確立し、データ分析による新しいものづくりの基盤をiQ Platformで作るつもりです」(岩田氏)。

工場見学ができる! e-F@ctoryセミナー開催
お問い合わせ