日経テクノロジーonline SPECIAL

展示コーナー出展社

ベッコフオートメーション


■小型かつ高い柔軟性

 DINレールに搭載可能なコンパクト設計。  
 様々なインターフェイスモジュールを追加することで、柔軟な システムが構築可能です。


■高性能

 シングルコアからIntel Core i7 クアッドコアなどのマルチコアCPUまで、ニーズに合わせて選択できます。


■長期供給

 販売期間5年以上、保守期間5年以上で10年以上使える安心の長期供給体制。
 20年以上使えるモデルもあります。

デジタルアーツ

渡したファイルが “あとから” 消せる!

「FinalCode」は、社外に提供した重要ファイルを暗号化して、開封状況などの利用状況を追跡し、リモートで消去もできる情報漏洩対策に有効なファイル暗号化・追跡ソリューションです。

開封できるユーザーを限定してパスワードレスでファイルを暗号化(AES 256bit形式)するため、パスワード通知の手間がなく、転送などによる第三者への情報漏洩のリスクもありません。

社外に提供したファイルや不正に持ち出されたファイルの権限を、あとからリアルタイムで変更することで、従来では不可能だった機密情報ファイルの行方の追跡や回収(リモート消去)も簡単に実現でき、万全の情報漏洩対策が実現します。

レクサー・リサーチ

GD.findiはノンプログラミングでシミュレーションモデルが作れるため、現場の人にも使って頂ける、従来の常識を打ち破ったシミュレータです。GD.findiを使えば、工場や物流センターをすばやく仮想的に構築し、その生産性を高める方策を練り上げることが出来ます。クラウドサービスとして提供されているため、世界中のどこからでも利用でき、シミュレーション結果をグローバルに情報共有することができます。  

三菱電機

ものづくりの現場ではITの活用が進む一方、各工程ではデジタル空間と現実のギャップがあり、そのギャップを埋めるために「人」を介した調整、擦り合せが重要となります。デジタル空間でシミュレーションされたデータを「人」が現実に落とし込み、人の「気付き、経験、ノウハウ」をフィードバックし、改良・改善につなげます。これを実現するのが、『e-F@ctory』です。

今回のデモでは、生産設備の情報収集・分析により、事前に障害を予知する、理想的な設備保全を実演することで、ものづくり将来像の一端をお見せします。  

日本セーフネット

セキュリティ侵害からの保護を実現

モノのインターネット(IoT)の可能性に注目が集まっている中、IoTをベースとした新しいアプリケーションを構築し自社のソリューションの機能を強化することは様々な企業にとって最優先事項となっています。一方、ネット上では、様々な脅威が存在しており、ソフトウェアにおいては、違法コピーをはじめハッキング、不正アクセスによる改ざん、そしてリバースエンジニアリングによるセキュリティ侵害といったセキュリティ被害が増大し今や、ビジネスを脅かすものとなっています。こうした脅威への自衛法としてセーフネットがいち早く製品化したのがSentinel RMS/EMS・Sentinel Cloud これらはAndroidをはじめ様々なプラットフォームに対応しているためどのような環境下にあるソフトウェアでもセキュリティの脅威から保護されます。

日本ナショナルインスツルメンツ

プロセス開発やビジョンの具現化をより短期間に実現

LabVIEWとNIハードウェアを開発プラットフォームとして採用することにより、エンジニアはアイデアを素早く形にすることができます。リアルタイムOSを用いた画像処理やFPGAによる高速なフィードバック 制御など、従来は専門性が高く使いこなすのが難しかった技術もNIの開発プラットフォームを使用することにより、LabVIEWを学ぶだけで実現できます。また、多様な実装ハードウェアが用意されているため、用途に合わせて選択できます。