日経テクノロジーonline SPECIAL

蘇州高新区の実力と実績

中国沿海地域の中でも最も多くの日本企業が集まる蘇州高新区が、ここにきて一段と発展する機運が高まっている。これまでの電子・情報、精密機械、自動車部品などのハイテク産業に加えて、医療機器や産業ロボット分野の育成を加速するともに、ベンチャー企業を育てるためのインフラを整備。さらに企業で働く人々の生活インフラも拡充する。これら動きの背景や、蘇州高新区が多くの日本企業を引き付ける理由などについて高新区幹部や進出企業などに聞いた。

高新区の紹介
東は上海、西は浙江省に接し、西は太湖に臨み、北は揚子江を背にする中国・蘇州市。中国で最も経済が発展している揚子江デルタ地帯の中心部に位置し、2500年の歴史を持つ文化都市としても知られている。この蘇州市旧市街と隣接する地域にあるのが、「蘇州国家ハイテク産業開発区」だ。1990年に開発が始まったこのハイテク産業開発区は通称「蘇州高新区」と呼ばれている。総面積は258万平方キロメートル、総人口は70万人を超え、5000人以上の日本人が生活し、働いている。東は京杭大運河に臨み、西は太湖に至る同開発区では、文化とハイテク産業を融合した街づくりを進めている。(続きを読む
浦荣皋氏
中国共産党蘇州市委員会
常務委員
蘇州高新区書記
Interview
上海から新幹線で約30分、車で約1時間半。蘇州国家高新技術産業開発区(略称:蘇州高新区。高新技術は「ハイテク」の意)には、日本企業だけで540社超が進出する。恵まれた立地条件だけでなく、企業・研究機関への積極的なサポート体制、暮らしやすい社会インフラの充実、企業が求める優秀な人材の確保など、高新区の企業誘致努力が結実した結果である。高新区の成長率は年9%。これは国の平均を大きく上回る数字である。成長を続ける高新区の新たな取り組みについて、中国共産党蘇州市委員会常務委員/蘇州高新区書記の浦荣皋氏に話を聞いた。 (続きを読む
周 咏梅氏
蘇州科技城 副主任 
Interview
日本貿易振興機構(JETRO)によると、中国の医療機器市場は2013年が2120億元(日本円で約4兆円)。年を追うごとに順調に成長している。この巨大市場に参入しやすくするためのインフラを整えているのが蘇州・高新区だ。区内に医療機器の検査機関を設立し、製品開発から販売開始までの期間を大幅に短縮した。蘇州は、古くから医療機器に強い土地柄で、医療に強い人材も豊富に揃っている。医療機器振興の責任者である周氏に話を聞いた。(続きを読む
沈明生氏
蘇州高新有軌電車 総経理 
Interview
現在は134km、これを2020年までに6000kmに。総投資額は7000億元(約14兆円)――。中国国内の現代路面電車の敷設距離と、このための総投資額だ。実は現代路面電車の普及に関して中国での産業牽引およびモデル示範の役割を担うのが蘇州・高新区である。車両や関連部品の生産から運転手の教育に至るまで、関連事業のほぼすべてを区内に有し、中国における現代路面電車の標準化作業も主導する。これらの事業の責任者である沈氏に現状などについて聞いた。(続きを読む
自潤軸承(蘇州)有限公司(OILES Suzhou Corp.)
吉田 正洋氏
董事 総経理
自潤軸承(蘇州)有限公司
川崎精密机械(蘇州)有限公司(Kawasaki Precision Machinery (Suzhou) Ltd.)
西坂 伸二氏
川崎精密机械(蘇州)有限公司
董事兼総経理(当時)
佳能(苏州)有限公司(Canon (Suzhou) Inc.)
簱持 秀也氏
キヤノン(蘇州)
董事長 総経理
蘇州日商倶楽部
山本 健氏
蘇州日商倶楽部
事務局長