ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

端末に情報を残さないことで セキュアなモバイルワークを支援

一口に「モバイルワークの実現」とはいっても、利用対象となるシステムやアプリケーション機能に関するニーズは一様ではない。ニーズに応じた適切なソリューションを選択し、セキュリティの担保を図ることが重要だ。ソリトンシステムズでは「端末に情報を残さない」を一貫したコンセプトに据えた二つのソリューションを提供。モバイルワークのためのセキュアなシステム基盤の構築を支援している。

ソリトンシステムズ

端末に情報を残さないことで
セキュアなモバイルワークを支援

一口に「モバイルワークの実現」とはいっても、利用対象となるシステムやアプリケーション機能に関するニーズは一様ではない。ニーズに応じた適切なソリューションを選択し、セキュリティの担保を図ることが重要だ。ソリトンシステムズでは「端末に情報を残さない」を一貫したコンセプトに据えた二つのソリューションを提供。モバイルワークのためのセキュアなシステム基盤の構築を支援している。

株式会社ソリトンシステムズ
IT Security Products & Service
事業統括本部
モバイルマーケティング
マネージャ
別車(べっしゃ) 健一郎

業務の利便性、機動性の向上、あるいはBCP(事業継続計画)や在宅勤務への対応などを念頭に、企業にモバイルワークが浸透しつつある。「その取り組みに当たってポイントとなるのが、『何を使って』『何ができる』必要があるのかを明確にすることです」とソリトンシステムズの別車健一郎氏は語る。

具体的には、スマホやタブレット、PCなど、どういうデバイスを利用し、メールやスケジュールなど、いかなる機能にアクセスするか。そしてアクセス先はWebシステムか、他のシステムも含むのかといったことを整理し、それに基づいて適切なセキュリティ対策を施していくことが重要だという。

ソリトンシステムズでは、企業のモバイルワークを支援するマルチデバイス対応のソリューションである「Soliton SecureBrowser Pro/Soliton SecureGateway」(SSBP/SSG)と「Soliton SecureDesktop」(SSD)を提供している。

社外のスマートデバイスからWindows/Mac端末をリモート操作

SSBPは、ほかのアプリからは一切データの参照が行えない保護領域(サンドボックス)を備えたオリジナルのセキュアブラウザーだ。ブラウザー外の領域へのデータ保存が行えないほか、一定のタイミングでブラウザー内のデータを消去する仕組みも実装されている。

また、SSBPからWebへのアクセスはSSG経由で行われる。SSGでは、通信の暗号化およびSSBPなどあらかじめ指定されたアプリ以外の通信をブロックする機能を提供。通信面での強固なセキュリティを担保している。

一方のSSDは、Webに限らずあらゆるシステムを、モバイルでセキュアに利用するための仕組みを提供するソリューションだ。具体的には、外出先でタブレットやノートPCなどから社内にあるWindowsやMacの端末をリモートで操作し、その画面をデバイスに転送するという仕組みを実現するもの。編集作業を含む各種アプリの利用を、スマートデバイスから行えるようになる。もちろん、接続元のデバイス側に一切の業務データが残ることはない。

「SSDのポイントは、独自のストリーミング技術により高速画面転送を実現していることです。全くストレスなくリモートコントロールが行えると、お客様からもご好評をいただいています」と別車氏はアピールする。そのほかにもSSDでは、社内にある接続先の端末の電源を接続元からリモートでオン/オフできる「リモートウェイク」と呼ばれる機能なども用意している。

「これらのソリューションも含めてソリトンシステムズでは、お客様のモバイルワークや在宅勤務の実現、BCP対策などを支えるセキュアなシステム基盤の構築を、多様な製品群の提供により支援しています」と別車氏は締めくくった。

お問い合わせ