ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

独自のスマートデバイス仮想化で 多様なアプリをセキュアに活用

モバイルデバイスの業務活用をセキュアに行うための数々の課題を解決するソリューションとして注目なのが、「remotium(ルビ:リモティウム)」だ。これは、サーバー上の仮想環境でモバイル向けアプリケーションを実行し、結果をモバイルデバイスに画面転送するという仕組みを採用している。高度な管理性の下に、市場に流通する各種モバイルアプリをセキュアに利用できる環境を実現する。

マクニカネットワークス

独自のスマートデバイス仮想化で
多様なアプリをセキュアに活用

モバイルデバイスの業務活用をセキュアに行うための数々の課題を解決するソリューションとして注目なのが、「remotium(リモティウム)」だ。これは、サーバー上の仮想環境でモバイル向けアプリケーションを実行し、結果をモバイルデバイスに画面転送するという仕組みを採用している。高度な管理性の下に、市場に流通する各種モバイルアプリをセキュアに利用できる環境を実現する。

マクニカネットワークス株式会社
ネットワーク第1事業部
プロダクト第2営業部
第1課
熊野 圭輔

 業務の効率性、機動性の向上に寄与するモバイルデバイスの活用。特に今日では、BYODも含めてその選択肢や活用方法は広がりを見せている。

 一方で、モバイルデバイスの業務利用には、情報漏洩などセキュリティ上のリスクや運用管理負荷の増大など、いくつかの懸念がある。そうした懸念を解決するソリューションとして、MDM(モバイルデバイス管理)やセキュアブラウザーなど、各社から対応策が提案されているが課題もある。「例えばBYOD環境でMDMを利用する際には、個人のモバイルデバイスを会社側に管理されることに従業員側の心理的な抵抗があります。また、セキュアブラウザーでは利用できるアプリが限定されてしまうこともあります」とマクニカネットワークスの熊野圭輔氏は指摘する。

アプリを仮想環境上で動作させ セキュリティと利便性を両立

 こうした課題を解消するのが、米Remotiumが開発した「remotium Virtual Mobile Platform(以下、remotium)」だ。remotiumでは、サーバー上のモバイルデバイス用の仮想環境(サンドボックス)上で各種モバイルアプリを実行し、その結果を実際のモバイルデバイスにストリーミングで画面転送するという仕組みだ。いわば、モバイルデバイス用のVDI(仮想デスクトップインフラストラクチャー)やシンクライアントのような仕組みが実現されているわけだ。「モバイルデバイス側には業務データが一切保持されることはなく、情報漏洩への懸念を確実に払拭できます」と熊野氏は説明する。

 さらに注目すべきは、市場に流通しているAndroid向けに開発された様々なモバイルアプリを自在に使える環境が実現されていることだ。「サーバーの仮想環境上で動作するモバイルアプリを一元的にコントロールできるので、各モバイルデバイス上のモバイルアプリをいちいち管理する必要がなく、管理者の作業負荷は大幅に削減されます」と熊野氏は語る。

 加えて、サーバー側の業務エリアとユーザーの手元にあるモバイルデバイス側のプライベートエリアを完全に分けられるため、BYOD環境で課題となる公私分離も実現している。

 そのほかにも、キャリアの通信を介したアクセスを不可とし、利用をWi-Fi接続に限定する、Wi-Fi利用時にも登録されたアクセスポイントからのみのアクセスを認めるといった制御も可能。自社のセキュリティポリシーに応じた柔軟な運用が行えるようになっている。

 提供形態は、ユーザーのオンプレミス環境にremotiumサーバーを設置するか、remotiumをクラウドサービスとして提供している事業者からのサービス提供の二通りがある。

お問い合わせ