リンナイリラックス Presents

憧れのランドリールームはリンナイ幹太くん+αがトレンドに

洗濯機置き場は暗くて狭いという考えは、もはや過去のもの。
洗濯して、乾かして、畳むという一連の仕事を全部完結できるほど広い、専用のランドリールームを作る家庭が増えています。
中心にあるのは、洗濯物をふかふかに乾燥できる「乾太くん」。
そこにスロップシンクやランドリーポールを備えて快適な洗濯ライフを送るユーザーの声を「インスタグラム」から集めました。

汚れものの多い家庭は+スロップシンクで

スロップシンクでつけおき洗い→洗濯→乾燥→畳む→収納までを全てひと部屋で終えられる。ランドリールームは共働きのラク家事を支える欠かせない部屋になっています。洗濯にまつわる無駄な移動がなくなって、作業が大幅に効率化できると大評判です。さらに、「ここにいること自体楽しくなって、毎日の洗濯をストレスに感じなくなった」と多くの人が言っています。

洋服を汚す子供が多かったり、オムツをたくさん洗う必要があったりと、別洗いの洗濯物やつけおき洗いが必要な家庭では、洗濯室にスロップシンクが当たり前になっています。

ランドリーポール+作業台も必須アイテムです

また、ランドリーポールと、アイロンやたたむための作業台もまた、乾太くんを上手に使うためには欠かせないようです。乾太くんから出した洗濯物をそのままハンガーにかけて、まとめてクローゼットに持って行ったり、出してすぐに畳んで、そのまま保管。なかには、ウォークインクローゼットに洗濯機と乾太くんを設置するご家庭も。洗濯・乾燥のあり方が、乾太くんのおかげでどんどん自由になっています。

2人の子の世話が格段にラクになった
@9mari_fさん

キッチンの隣にランドリールームを作り、子供の着替えもランドリールームに。保育園に通うお子さんの朝の支度がすぐにできて、今やランドリールームがいちばんのお気に入りになったそう

 

スロップシンクのまわりは壁紙ではなくキッチンパネルを使用したので、水が飛び散ることを気にせずに安心して使うことができるそう

@kantakuma1122さんの
明るく広いランドリールーム

2畳に全部入りの洗濯室を作った
@ie_iriさん

家事効率化のため、洗濯→乾燥→畳む・アイロンの一連の流れを半径1m以内ですべてこなせる設計に。2畳のスペースに洗濯機・乾太くん・スロップシンク・アイロン台・物干し竿を詰め込みました

 
 

@haruroom18さんの
脱衣所兼洗濯室

乾太くんの位置を低くし、上に棚を作って排気パイプを上手に隠しています

@rihome17さんの
クローゼットと一体になったおしゃれな洗濯室

乾太くんの場所を最初に決めて、ランドリールームを設計したというRさん。除湿機やサーキュレーターなどを多用するため、洗濯室にはコンセントを多めに付けました

リンナイ乾太くん、3つのメリット

一度使うと手放せなくなってしまうほど、生活を豊かにしてくれる道具。それが、リンナイの「乾太くん」。ユーザーの95%が「買って良かった」と答えるその理由は、「外干し」をしなくて済むからです。

洗濯機から洗濯物を取り出して、外に「移動して」「干して」「取り込んで」「たたんで」「しまう」。

この面倒な作業を大幅に短縮できるだけではなく、天気の心配もしなくて済むから、洗濯にまつわるストレスが一気に激減するのです。

リンナイの「乾太くん」ならガスを使ってパワフルに、5㎏の洗濯物も約50分で乾燥。高温で一気に乾かすから、繊維を根本から立ち上げて、洗濯物がふんわりと仕上がります。カビ・ダニ・菌、そして花粉までシャットアウトするとなれば、もはや外干しする理由がありません。

メリット1
タオルのふっくら具合にこんなに差が出ます
タオルのふっくら具合にこんなに差が出ます
メリット2
除菌効果比較
除菌効果比較
各処理後の検体(おむつ)1枚当たりの大腸菌をカウントしたもの[(一社)東京都食品衛生協会 東京食品技術研究所調べ]
メリット3
ガス式と電気式の乾燥時間の比較(5kgの洗濯物の場合)
ガス式と電気式の乾燥時間の比較(5kgの洗濯物の場合)
※ガス衣類乾燥機(乾太くん):リンナイ、電気ヒートポンプ式乾燥、電気ヒーター式乾燥 試験実施:リンナイ(株) 条件:実用衣類5kg(綿50%、化繊50%)/脱水度70% RDT-54S-SV・標準コースで算出 ガス種:LPGの場合で約52分

ユーザーに聞いた満足度

ユーザーに聞いた満足度 ※2011年6月 (大阪ガス調べ)
※2011年6月
(大阪ガス調べ)