仕事も家庭もうまく両立するために、住宅も“共働き視点”で選びたい。収納の考え方、子どもの能力を伸ばす部屋作り、家事動線など、知っておきたい基礎知識を解説する。

解説

河崎 由美子

積水ハウス株式会社 住生活研究所長

河崎 由美子

1987年入社。総合住宅研究所でキッズデザインやペット共生、収納、食空間など、暮らしに関わるソフト研究開発全般に携わる。ライフスタイル研究開発グループリーダーを経て、2018年8月、新たに発足した「住生活研究所」の所長に就任。幸せ住まい研究に取り組む。一級建築士。

NEW CONTENTS

BACKNUMBER

その他

2020.01.10

秘訣は距離感、夫婦の心地よい暮らしのアイデア

自分の時間が増え、家族やパートナーとの距離感が変化し始めるARIA世代にとっての「幸せ住まい」について、積水ハウス住生活研究所長の河崎由美子さんが解説する本連載。今回は、「子どもが独立した後、夫婦2人だけで生活する時期」にフォーカスします。 ...続きを読む

その他

2019.10.30

ARIA世代の住まいは「大人の暮らし、もっと自由に」

ARIA世代の「住まい」について考える本連載。今回は「番外編」として、ARIA世代である積水ハウス住生活研究所所長・河崎由美子さんにインタビューを行いました。河崎さん自身の体験談も交え、豊かな人生につながる活動や住まいのあり方を語っていただきます ...続きを読む

その他

2019.10.11

2世帯+隣居の“3世帯同居”を「平屋」で実現

自分の時間が増え、家族やパートナーとの距離感が変化し始めるARIA世代にとっての「幸せ住まい」について、積水ハウス住生活研究所長の河崎由美子さんが解説する本連載。前回は駅近の住宅街で両親と同居するARIA世代家族のお宅を紹介しました。 ...続きを読む

その他

2019.08.26

玄関共用で行き来自由、理想の2世帯住宅を実現

自分の時間が増え、家族やパートナーとの距離感が変化し始めるARIA世代にとっての「幸せ住まい」について、積水ハウス住生活研究所長の河崎由美子さんが解説する本連載。前回は、心地よい距離感を実現する「多世帯住宅」のつくり方について解説しました。 ...続きを読む

その他

2019.07.26

心地よい距離感を実現する「多世帯住宅」のつくり方

子どもの結婚や親の老化など、家族に変化が生じてくるARIA世代。そんなARIA世代は住まい方をどう変えていけばいいのでしょうか。「幸せ住まい」について研究している積水ハウス住生活研究所長の河崎 由美子さんに、ARIA世代にとっての「幸せ住まい」の作り方を解説してもらう本連載。 ...続きを読む

その他

2019.06.26

家族がつながる大空間リビングを実現したお宅を訪問

自分の時間が増え、家族やパートナーとの距離感が変化し始めるARIA世代にとっての「幸せ住まい」について、積水ハウス住生活研究所長の河崎由美子さんが解説する本連載。前回は家族の幸せな大空間「ファミリー スイート」の魅力を説明してもらいました。 ...続きを読む

その他

2019.05.31

ARIA世代にとって、リビングは広いほど良い

自分時間が増え、家族やパートナーとの距離感が変化し始めるARIA世代。そんなARIA世代にとっての「幸せ住まい」とは、どんな住まいなのでしょうか?「幸せ住まい」について研究している積水ハウス住生活研究所長の河崎 由美子さんに、ARIA世代にとっての「幸せ住まい」の作り方を解説してもらいます。 ...続きを読む

家事

2019.01.23

家族の4大家事がラクになる動線・収納のコツ

積水ハウスの河崎由美子さんが共働きの家づくりに必要な機能や暮らし方について解説する本連載。今回のテーマは、共働き家族が快適に暮らせる家『トモイエ』が提案する「みんな家事」です。同社で住生活の研究開発を担当している服部正子さんをゲストに迎えて、お話を聞いていきましょう。 ...続きを読む

その他

2018.12.19

家族が心地よく過ごせる新スタイルのリビング

家族だんらんも思い思いの過ごし方も。LDKそれぞれの役割にとらわれない空間の自由な使い方で、わが家だけの「幸せリビング」を実現!日々、忙しく過ぎていく共働きファミリーの毎日。仕事、学校、保育園など、日中それぞれの場所で頑張っている家族が平日の夜や休日に集まってくるのがLDKです。...続きを読む

収納

2018.06.15

増える在宅ワーク ポイントはデスクと収納

積水ハウスの河崎由美子さんが共働きの家作りに必要な機能や暮らし方について解説する本連載。今回のテーマは「家で働くときの空間づくり」です。同社で「働き方」をテーマとした研究開発を担当している彌重(やしげ)功さんをゲストに迎えて、お話を聞いていきましょう。 ...続きを読む

家事

2017.12.08

面倒な家事のハードルを下げる間取りの魔法

仕事に家事に子育てに忙しい共働き夫婦。時間がなくてつい後回しにしている家事はありませんか? 例えば、ハンカチのアイロンかけや、隅っこのほこりの掃除、まとめ買いした食料品の整理収納など……。やらなくても暮らしは回っていくけれど、やったほうがきっと気持ちよく暮らせますよね。そこで今回は、積水ハウス錦糸町展示場の家を舞台に、...続きを読む

家事

2016.12.21

“裏動線”で家事のストレスをなくす工夫とは?

Nさんファミリーは、小学1年生の長男と2歳の長女、パパ、ママの4人家族。ママはフルタイムで働くデュアラー家族だ。「ローンを借りて家を建てるなら早いほうがリスクが小さい」と考え、長男が生まれる直前に37坪の土地を購入。長男の育休明けに、家族で過ごす時間を大切にできる家のプラン作りを始めたという。...続きを読む

家事

2016.09.05

狭くても豊かに暮らすカギは“水回り空間”

とかく、浴室や脱衣室、洗面化粧室などの“水回り空間”は、北側の狭いスペースに押し込まれがちだ。しかし、水回り空間を少し広いスペースにするだけで、家族の生活は驚くほど豊かに、便利になる。そのポイントを、積水ハウス総合住宅研究所の河崎由美子課長に教えてもらった。...続きを読む

子ども

2016.07.15

子どもイドコロ、家族で家事、共働きの理想の家

1階の家事室、2階のLDKにこだわり、共働きのための“工夫”満載の住宅を拝見
家族で最も長い時間を過ごす居心地のいいリビングがあり、家族みんなの家事分担が進み、子どものイドコロがたくさんある---。共働き家庭にとっては、理想的な家ではないだろうか。今回は、そんな、「共働きの理想の家」を実現したAさん宅におじゃました。...続きを読む

収納

2016.05.09

収納プロ技!使いやすい収納が家事を減らす

下着や部屋着は脱衣所に収納、リビングにランドセル置き場…「生活動線」に合わせて収納スペースを作ると、こんなに便利
住まいづくりで誰もが頭を悩ますのが収納だろう。だが、ちょっとした発想の転換で、すっとしまってさっと取り出せる誰にでも分かりやすい収納になる方法があるという。...続きを読む

その他

2015.12.10

ネコとほっこり~ペットと共に暮らす住まい

子どもの好奇心と社会性を育むペットとの暮らし
住む人にもペットにも心地よい住まいであるためには、家づくりにも工夫が求められるという。子育て中の共働き世帯に向けて、ペットが子どもに与える影響、ペットと暮らす家づくりの知恵や、子育てと両立させるためのポイントを伺った。...続きを読む

その他

2015.10.08

1階に親世帯でいいの?二世帯住宅の新常識

「同居するなら、親が元気なうちに」が賢い選択
異なる世代の人達がともに暮らす多世代の住まいでは、お互いの生活時間や価値観の違いなどが原因となる失敗もつきもの。そこで今回は、具体的な失敗例を取り上げながら、「二世帯住宅」「多世帯住宅」の賢い作り方を、住まいのプロに聞きました。...続きを読む

収納

2015.08.27

子育て世帯必見!「収納技」満載の住宅を拝見

時短と整理の両方に役立つ3種類のウォークインクローク
いくつかのポイントを押さえることで住宅は暮らしやすくなり毎日の生活にも余裕が生まれます。今回はMさん宅を実際に訪れ、「働きながら子育てをする」ことを念頭に作られた住宅を、収納を中心に、見せていただきました。...続きを読む

その他

2015.07.30

子育て世代に注目される「リノベ」の住まい

新築同様の住宅が割安に手に入る。周囲の環境が成熟しているのも魅力
新築に比べリノベーションのメリットとしてあげられるのが費用を低く抑えられる点ですが、それ以外にも子育て世代にとって見逃せないメリットがあります。実際にリノベーションされた住宅を訪れ、リノベのメリットを見ていきましょう。...続きを読む

子ども

2015.06.25

疲れを癒し集中力を高める「木の子ども部屋」

大学の実験で明らかになった「木の部屋」が子どもに与える好影響
内装に木を多く使った空間は、そうでない空間に比べて疲れを癒す効果が高く、集中力も高まる――そんな事実が、実験によって明らかになったという。積水ハウス総合住宅研究所の河崎由美子課長と、同技術研究室の植山生仁研究員に伺った。...続きを読む

その他

2015.05.14

絶対失敗しないインテリア・コーディネート

組み合わせは洋服と同じ感覚で。自由に、自分のセンスで選んでも問題なし
住まいのインテリアをどのようにコーディネートすればよいのか、迷っている人も少なくないはず。わからないことはプロに聞くのが早道だ。失敗しないインテリア・コーディネートのコツを、積水ハウス総合住宅研究所の河崎由美子課長に教えてもらった。...続きを読む

子ども

2015.03.26

子ども部屋作り、忘れてはいけない3つのポイント

「居どころ」「間仕切り」「インテリア」で能力を最大限に伸ばす
住まいでの子育てを考えるとき、どんなスペースを与えてどのように過ごさせるかで悩むケースは少なくないだろう。子育てに効く住まいはどうつくればよいのか、積水ハウス総合住宅研究所の河崎由美子課長に、部屋づくりのポイントを伺った。押さえておきたいポイントは大きく3つだ。...続きを読む

家事

2014.11.25

家族団らんと作業効率が両立する食空間とは?

おいしい365日は家族が笑顔で集まる食空間から生まれる
住まいで過ごす時間のなかで、最も家族が集まりやすいのは食事の時間だろう。みんなが笑顔で食べられるおいしい食卓は、食べる空間のあり方にも左右される。積水ハウス総合住宅研究所の河崎由美子課長に、「つくる場」「食べる場」「しまう場」としての食空間づくりのコツを ...続きを読む

家事

2014.10.24

家事の負担を軽減できる家作りの鉄則

キッチンや洗濯スペースで楽しく過ごせる家作りのヒント
夫婦ともに忙しいDUAL世代にとって、毎日の家事をいかにこなすかは大きなテーマだ。家事の負担を減らしながら、家族が一緒に楽しく過ごせる家作りのヒントを、積水ハウス総合住宅研究所の河崎由美子課長に教えてもらった。...続きを読む

その他

2014.09.30

電気代も節約!「断熱」で激変する家のコスト

省エネの第一歩は断熱、太陽光発電などの「創エネ」も加えたコスト管理
マイホームを手に入れてからも、かかるお金は色々ある。住宅ローンの返済を気にする人は多いが、意外と見落としがちなのが光熱費やメンテナンス費だ。住まい回りのお金を賢く抑えるコツとは――積水ハウス総合住宅研究所の河崎由美子課長に伺った。...続きを読む

子ども

2014.08.22

「子育ち」の家、今すぐ実現できる一工夫

子どもの能力を伸ばす家づくりのアイデアとは
子どもの好奇心や探究心を刺激し、能力を伸ばす「子育ち」の家では、住まいづくりにも子どもの成長段階に応じた工夫が求められる。今回はそんな、子どもと一緒に育つ家を実現するためのアイデアを、積水ハウス総合住宅研究所の河崎由美子課長に伺った。...続きを読む

子ども

2014.07.18

“居どころ”で能力を伸ばす「子育ち」の家とは?

知っておきたい!成長に合わせ住まい作りのポイント
家族の生活の拠点である住まいは、子どもにとって大切な自己形成の場でもある。親が子育てするための家ではなく、子が自分で育つための家づくりが重要だと、積水ハウス総合住宅研究所の河崎由美子課長は話す。具体的なポイントを教えてもらった。...続きを読む

収納

2014.05.20

「収納は大きいほうがいい」は間違い

「収納」への満足度が上がるポイントとは?
仕事と家事で忙しいDUAL世代にとって、「片付け」は住まいの中でも最大級の問題と言える。「収納が少なくて散らかり放題」「家具を置いたら部屋が狭くなった」など、収納に関する悩みは尽きない。だが、そんな頭痛の種を根本から解決してくれる住まいづくりのポイントがあるという。...続きを読む

収納

2014.02.27

収納が決める快適度!住宅選び、5つの肝とは?

「共働き」視点から見た重要ポイントを探る
仕事があって子どもと一緒にいられる時間が限られるから、家では子どもや家族との時間を大切に過ごしたい――そんな願いを持つDUAL世代は、住まい選びをどのように考えるべきなのか。キーワードは「収納」「子育てによい環境」「家族のコミュニケーション」「家事の負担を減らす」 ...続きを読む