「価格は安いけど、トラブルが多くて信頼性が低い」「問題が起きても、きちんとサポートしてくれない」――。サーバーの導入に際して、デルを敬遠する人は、こんなイメージを抱いているのではないだろうか。このほかにも、PC専業ベンダーとしての印象が強く、「エントリーモデルの安価なPCサーバーがメインだから、用途も限られる」と考えている人は少なくない。  

だが、現在、日本でも、病院や銀行、大手クラウド事業者、運輸、製造、流通など、あらゆる業種の企業において、高い信頼性が求められる業務用途にデルのサーバーが導入されつつある。  

本特集では、マーケティング本部ソリューションマーケティングマネージャーの魚田直良氏に、以下のデル・サーバーに対する“3つの誤解”に対して、真実の姿を聞いた。

[1] 価格はリーズナブルだが信頼性が低く、重要なシステムでの利用は無理
[2] エントリーモデル中心で、業務システムや話題のIoTでは使えない
[3] サービス・サポートが不十分で、トラブルが起きても解決に時間がかかる

本当に”やめとけ”なのか?デル・サーバー3つの誤解、そして真実とは?

「価格は安いけど、トラブルが多くて信頼性が低い」「問題が起きても、きちんとサポートしてくれない」――。サーバーの導入に際して、デルを敬遠する人は、こんなイメージを抱いているのではないだろうか。このほかにも、PC専業ベンダーとしての印象が強く、「エントリーモデルの安価なPCサーバーがメインだから、用途も限られる」と考えている人は少なくない。だが、現在、日本でも、病院や銀行、大手クラウド事業者、運輸、製造、流通など、あらゆる業種の企業において、高い信頼性が求められる業務用途にデルのサーバーが導入されつつある。本特集では、マーケティング本部ソリューションマーケティングマネージャーの魚田直良氏に、以下のデル・サーバーに対する“3つの誤解”に対して、真実の姿を聞いた。[1] 価格はリーズナブルだが信頼性が低く、重要なシステムでの利用は無理 [2] エントリーモデル中心で、業務システムや話題のIoTでは使えない [3] サービス・サポートが不十分で、トラブルが起きても解決に時間がかかる

詳しく見る