ITモダナイゼ―ションSummitレビュー|ITモダナイゼ―ションSummit 2016 いつまでそのシステムを使い続けますか?

日立製作所

ITモダナイゼーションの成功事例と最新の要素技術

 

既存のシステム資産をより有効に活用させる技術の1つとして期待されているITモダナイゼーション。日立製作所(以下、日立)の新家博文(しんけ ひろふみ)氏は、ITモダナイゼーションを成功させる上でカギとなる最新の要素技術や実施すべき取り組み内容について、これまでの事例を交えながら紹介した。

 

 

 

事業発展に貢献するITモダナイゼーション

株式会社日立製作所 ICT事業統括本部 アプリケーションサービス事業部 サービスソリューション本部 サービス統括部 主任技師 新家 博文 氏

株式会社日立製作所
ICT事業統括本部
アプリケーションサービス事業部
サービスソリューション本部
サービス統括部 主任技師
新家 博文

 企業が勝ち残っていくためには、戦略性の高いシステムへの投資を続けていかなければならない。しかし、システムには肥大化や老朽化、技術者不足など、様々な課題が存在する。日立の新家氏は、それらの課題を解決し、ビジネスや法制度の変化に柔軟に対応できるIT基盤に変えていくことが非常に重要でありITモダナイゼーションの目的であると説明。

 

 ITモダナイゼーションには、リホストやリライト、リビルド、リファクター、リドキュメントなど、様々な技術があるが、日立はそれら技術に基づく多様なサービスを提供している。新家氏は、「リホスト・リライトの領域では、安定したサービス提供により、すでに多くの実績があります。多くのお客様に、事業発展に貢献できるITモダナイゼーションを提供しています」と話す。

 

リホスト・リライトによる移行の成功事例

 既存のシステム資産を活用するためのリホスト・リライトは、大きく2つのパターンに分類することができる。メインフレームからオープンシステムへの移行と、オープンサーバー上での移行だ。

 

 メインフレーム上のアプリケーションはCOBOLが多くの比重を占めているため、メインフレームからの移行ではCOBOLを用いた手法がメインとなる。日立では、COBOL資産をリホストでストレート移行し、その他の言語をリライトで言語変換して移行することで、COBOLに環境を揃えるというアプローチを採用している。プラットフォームの差異をミドルウエアで吸収することも可能だ。

 

 メインフレームからの移行事例として新家氏が紹介したのが、オープンシステムへの移行を成功させたR社の取り組みだ。R社では、ランニングコスト低減のためのオープン化を進めたいという要望を持っていた。そこで、日立では、COBOLによるリホスト中心の方式により移行を実施。オープンシステム化によるランニングコストの低減に成功した。

 

 同時に、R社には性能向上の実現によりエンドユーザーのシステム利用満足度をアップしたいという要望があったため、2段階での移行検証を実施。通常行う移行方式確定のための検証だけでなく、重要業務における性能確認のための検証も実施し、性能の向上を達成した。新家氏は、「R社のように比較的大規模の移行や、日立ホストだけでなく他社ホストからの移行も含め、この10年あまりで流通、製造、運輸、金融など、あらゆる業種における200システム以上のCOBOLを用いた移行実績があります」と語る。

 

 次に、オープンサーバー上での移行だ。オープンサーバーではプラットフォーム同士の差異が多くないため、リホストでの移行が主流だ。しかし、「エンディアンの問題やOSのコマンド、APIなど、プログラムに影響を及ぼす差異はあるため、移行にはノウハウが必要となります」と新家氏。日立では、豊富なノウハウをもった専門の部署が現場を支援しながらプロジェクトを進めている。

 

 加えて、近年では言語をCOBOLからJavaに統一したいという要望も多く聞かれるようになってきた。日立では、これに対応してリライトでのJavaへの移行を実現する技術を開発している。独自ライブラリを用いて、COBOLとJavaの言語差異を吸収することで、業務処理の機械的な変換を実現する技術だ。

 

 この技術を使った事例として紹介されたのが、JavaとCOBOLで構築されたシステムを運用していたS社だ。混在環境のため、両言語の要員を抱えなくてはならず、保守コストの増大が課題となっていた。

 

 これに対して、日立ではリライトソリューションを用い、機械的な移行を行うことで言語をJavaに統一、保守コストの大幅な削減を実現した。さらに実証実験によりライブラリをチューニングし、性能要件もクリアした。「これらの事例の通り、リホスト・リライトによる移行では、安定したサービスを提供することができており、お客様のコスト削減、保守性の向上など、課題解決による様々な効果を実現しています」と新家氏は強調する。

 

最新技術によるリビルドで業務改善を継続的に支援

 リビルドは、既存システムの業務仕様だけを生かして再実装するという方式だ。移行方式としては自由度が高いが、次のような課題からあまり採用されてこなかったという。

 

 「リビルドでは、まず現行仕様の把握が必須となっており、ドキュメントが保守されていない場合にはリドキュメントの作業も必要となります。また、再実装の工程を含むため、リライト・リホストと比べるとコストが高くなります。大規模プロジェクトの場合は、開発プロセスの統制が必要です。」(新家氏)

 

 これらの課題を解決し、自由度の高い移行を実現するために日立が開発したのが「COBOLマイグレーションサービス」だ。COBOL資産のリビルドを現行分析から構築までサポートし、Java資産へのスムーズな移行を実現する。

 

図1

 

 現行分析フェーズでは、日立のリドキュメント技術により現行システム資産の分析支援を行う。次に、システム構築フェーズでは、日立のアプリケーションフレームワーク「Justware」とルールエンジン「Red Hat JBoss BRMS」を用い、設計情報の連携を行う。Justwareの持つ開発フレームワークと開発標準により、開発プロセスの統制を行うことが可能だ。

 

 そして、COBOLマイグレーションサービスの大きな特長は、移行後の保守フェーズをサポートしていることだ。「システム利用状況分析支援サービス」により、移行後のシステム利用状況のログを分析し、業務プロセスやシステム運用上の課題を抽出、業務改善を継続的に支援する。「移行だけでなく、その後の業務の継続的な改善を支援することができるのが、日立のリビルド技術の特長です」と新家氏は語る。

 

 さらに日立では、移行サービスの効率化を進める将来技術として、リビルドのための現行システムからの仕様抽出を効率化する「情報システムスキャニング技術」や、マイグレーションで重要なポイントとなるデータ移行問題を解決する「DBデータ実態可視化技術」などの研究が進められていると新家氏は紹介した。

 

 実際の移行現場では、多くの問題が絡み合って存在し、それを1つの技術で解決するというのは難しい。様々な技術を組み合わせて対処していく必要がある。新家氏は、「大事なのは、システム再構築後に事業発展に貢献できるシステムへと成長させていくことです。そのためには、資産や業務の特性に合わせた適切な方法を選択し、組み合わせてITモダナイゼーションを進めることが成功のカギです」と締めくくった。

 

株式会社日立製作所

ICT事業統括本部
サービスプラットフォーム事業本部
システム基盤ソリューション部 ミドルウェアソリューション窓口
http://www.hitachi.co.jp

メールでのお問い合わせはこちら >> midsol-p@itg.hitachi.co.jp