ITモダナイゼ―ションSummitレビュー|ITモダナイゼ―ションSummit 2016 いつまでそのシステムを使い続けますか?

日本アイ・ビー・エム

APIエコノミー時代に向けたモダナイゼーションの必要性

 

ビジネスモデルの変化により、基幹系に求められるシステム像が従来とは異なってきている。日本アイ・ビー・エム(以下、IBM)の宮本昌門氏は、「APIエコノミー時代に向けたモダナイゼーションの必要性」と題し、APIエコノミーを題材に、今後の基幹系システム像と、それを見据えたモダナイゼーションの必要性を紹介した。

 

 

 

バックエンドの開発生産性がフロントエンド展開のボトルネックに

日本アイ・ビー・エム株式会社 システムズ・ハードウェア事業本部 ハイエンド・システム事業部 事業開発 事業部長 宮本 昌門氏

日本アイ・ビー・エム株式会社
システムズ・ハードウェア事業本部
ハイエンド・システム事業部
事業開発
事業部長
宮本 昌門

 モバイルデバイスの爆発的な普及により、多くのモバイルアプリが企業から提供されている。IBMの宮本氏はこの現状を、「モバイル化が大きなITの流れになっており、消費者へのパワーシフトが加速している」と指摘する。消費者は、応答性の悪さなどの不快な体験をするとそのアプリをすぐに捨ててしまう。「次々と新しいモバイルデバイスが生まれる中で、優れた顧客体験を提供するために、基幹系システムとの関係をいかに繋ぐかが課題になっています」と宮本氏は言う。

 

 モバイルアプリなどのフロントエンドシステムは、裏側でバックエンドのシステムに繋がっており、開発の比重はバックエンドのほうが重い。フロントエンドとバックエンドの関係を、モバイルアプリやソーシャルなどの顧客接点システムを意味する「SoE(Systems of Engagement)」と、基幹系システムである「SoR(Systems of Record)」として考えたとき、面白い現象が起きていると宮本氏は言う。「スピードや目新しさ、柔軟性、機動力を重視するSoEと、確実性や堅牢性、信頼性、機密性を重んじるSoR。全く特性、文化の異なるこの2つのシステムが繋がろうとしていますし、一部のお客様はすでに繋ぎ始めています」。

 

 しかし、特に開発という観点ではSoRとSoEの特性は大きく異なる。SoEは迅速な開発が求められ、開発手法はアジャイルが中心。言語もJavaが用いられることが多い。対してSoRはリリース間隔も長く、ウォーターフォール型の開発手法で、今でもCOBOLが主流となっている。従って、「SoRの開発生産性が上がらないと、今後のSoE展開のボトルネックになります」と宮本氏は指摘する。

 

基幹システムのAPI化によりコストセンターからの脱却

 IBMが推進する「APIエコノミー」は直訳すればAPI経済圏だが、「自社で持っている基幹系のデータを、外部に対して公開する試みをAPIエコノミーと呼んでいます」と宮本氏は説明する。IBMではAPIエコノミーを強力に推進し、すでに多くのプラットフォームやインターフェースを提供している。世界的に見ても、2015年にはFortune 1000掲載企業の約75%がパブリックAPIを公開しているといい、APIはすでに新たなチャンネルになりつつある。

 非常に速いスピードで回っているSoEの世界と、ゆっくりとしたスピードで動いているSoRの世界。これを繋げるためのキーがAPIだ。SoEとSoRの間に、API化のためのゲートウエイ的な機能を用意する。API公開のためのマッピングだけでなく、課金や流量制限、セキュリティなどのシステムもこのゲートウエイに内包される。インターフェースの差異はここで吸収されるため、基幹系システムのインターフェースは問われない。基幹系システムのレガシーを取り除き、開発生産性を向上させてこの仕組みに組み込んでしまえば、SoEとSoRの接続を容易に実現できる。

 

 基幹系システムをAPI化することは、増え続けるSoEとの接続を容易にすると共に、他にも効果をもたらすと宮本氏は言う。「基幹系システムのAPI化がもたらす効果は2つあります。1つはモダナイゼーションです。SoEからSoRを活用するためにはモダナイゼーションが必須です。もう1つはマネタイズ、課金です。社内外からの利用促進による課金を実現することで、従来コストセンターとされてきた基幹系システムを、利益を生み出すプロフィットセンターに変えることができます」。

 

 では、基幹系システムをAPI化するにあたって、モダナイゼーションをどう進めるべきか。一般的にモダナイゼーションというと、継続活用中心のリライト・リホスト、あるいはスクラッチでの再構築を行うリビルドという選択肢になるが、IBMが提案するのは「リホスト+モダナイゼーション」である。

 

 宮本氏は、「当資料でモダナイゼーションと言う場合にはリファクターを意味します。基幹系システムの資産はほとんどがCOBOLですが、レガシーを除去することによって再利用できるかを、最初にアセスメントするのが当社の提案です」と話す。

 

図1

 

“見える化”によりAPI化に向けた改善策を提案

 企業によって基幹系システムは様々であり、どのモダナイゼーションを選択するのが最適解かは一様には言えない。そこでIBMでは、見える化のサービスにより、モダナイゼーションの道筋を作り、その後に、API化の要件を満たすための改良開発や、変更要求に即応できる効率的な開発といった効率化のアプローチを行う。

 

 見える化のフェーズでは、アプリケーションの品質評価を行い、見直すべきシステムを洗い出し、さらに、アプリケーションの詳細分析サービスを実施し、最適な移行順序と難易度をアセスメントする。

 

 効率化では、アプリケーションの移行、単体テスト、結合/統合テスト、本番切り替えと、それぞれのフェーズでさまざまなソリューション群を提供している。「アプリケーション移行では、GUIでのメインフレーム開発環境(Rational Developer for z Systems)を提供しています。これにより、分散環境でCOBOLの開発ができます。私たちは、COBOLがなくなるとは考えていませんので、ここの開発生産性を上げるためのさまざまなツールを揃えています」と宮本氏は言う。とにかくフルスクラッチではなく、大きなCOBOL資産を生かしたモダナイゼーションがIBMの提案である。

 

図2

 

 APIエコノミーが急速に拡大している現在、SoEを展開していくためには、SoRの即応力向上がカギとなる。IBMでは、現行のレガシーを除去し、基幹系の資産を再利用しつつ、SoEに対応していくために、モダナイゼーションによる基幹系システムのAPI化を提案する。

 

 「一番大変な基幹系システムを担当されている皆さんにぜひ訴えたいのは、コストセンターから脱却することを視野に、モダナイゼーションを検討すべき時ということです。IBMは“見える化”によりAPI化に向けた改善策を具体化しますので、ぜひご相談ください」と宮本氏は最後に訴えた。

 

日本アイ・ビー・エム株式会社

システムズ・ハードウェア事業本部

http://www.ibm.com/systems/jp/
フォームからのお問い合わせはこちら>>