ITモダナイゼ―ションSummitレビュー|ITモダナイゼ―ションSummit 2016 いつまでそのシステムを使い続けますか?

コベルコシステム

考察:なぜ企業はリビルドを選択するのか

~事例から学ぶITモダナイゼーションの投資価値~

 

ITモダナイゼーションの手法の一つである「リビルド」。比較的投資が大きくなりがちだが、数多くの企業が経営ビジョン達成のために選択している。コベルコシステムでは、リビルドを効果的に実施可能とするソリューション群などによって、顧客の経営課題を解決するリビルドを支援する。

 

 

 

リビルドを選択するには、経営ビジョンの達成を命題に掲げる

コベルコシステム株式会社 産業ソリューション事業部 ソリューション統括 インダストリーソリューション本部 東日本第1開発部 部長 秋山 豊 氏

コベルコシステム株式会社
産業ソリューション事業部
ソリューション統括
インダストリーソリューション本部
東日本第1開発部 部長
秋山 豊

 ITモダナイゼーションにおけるリライトは、業務ロジックはそのままに、旧言語から新言語へとコードを書き換える手法であり、コスト削減などの効果が期待できる。これに対してリビルドは業務ロジックを見直したうえで書き換える手法であり、コスト削減などに加え、業務効率や処理速度の向上までも見込める。両手法は目的や予算などに応じて適宜使い分けられるが、比較的低コスト・短期間で実施できるリライトがより採用される傾向がある。

 

 しかし、それらの中には、IT部門はシステムの複雑化・肥大化や技術者不足をはじめとする諸種の課題をまとめて解決すべく、本来はリビルドを実施したかったが、経営層の理解が得られず、リライトを選択したケースが少なくない。そのような“ネガティブなITモダナイゼーション”に留まってしまう理由をコベルコシステム秋山氏は「経営層が抱える課題はグローバル展開や事業拡張・利益増大、顧客満足度向上などです。それらの経営課題はいずれもIT部門の課題とは全く異なるため、理解が得られないのです」と指摘する。

 

 その障壁を乗り越えてリビルドを実施するには、経営課題からのアプローチが重要と秋山氏は強調する。「経営課題の多くは業務ロジックを含めシステムの抜本的な見直しが不可欠であり、リビルドでなければ解決できません。経営課題の解決による経営ビジョンの達成を命題に掲げれば、経営層の理解が得られ、リビルドによる“ポジティブなITモダナイゼーション”を経営主導で実施できるでしょう」(秋山氏)

 

図1ポジティブなITモダナイゼーションを実現するには、経営層が抱える課題からのアプローチが重要。

 

長期の経営ビジョン、非機能要件の課題解決が肝要

 続けて秋山氏はリビルドを選択した企業の事例を紹介した。経営ビジョンは「10年で売上2倍」と「国内から海外へのビジネス」である。経営ビジョン達成のために解決すべき業務課題は「売上増に伴う業務効率化」などであり、システム面でも「アプリ肥大化・複雑化」などの課題も抱えていた。

 

 そこで、リビルドを決断。従来は紙ベースで行っていた業務をグローバルにシステム化することで、効率化とグローバル対応を果たした。システム化に際して、プログラムやデータベース構造を整理し、アプリ肥大化・複雑化も解消した。他にもリビルドによって業務課題を解決すると同時に、システム課題も解決している。

 

 秋山氏は事例を総括し、まずは中期よりもっと先を見据え、長期での経営ビジョン達成に目を向けることの大切さを訴えた。加えて非機能要件について、「長年培った業務は最適化され、システムの機能要件はすでに満たされています。これから経営ビジョンを達成するには、非機能要件の課題解決が必須となります。その実現にはリビルドが最適な方策なのです。例えば納期回答なら、必要な機能は実装済みですが、回答期間を従来の3日から1日に短縮し、顧客満足度向上およびスピード経営を加速するためにリビルドを行います」と述べた。

 

5つのソリューションで、リビルドを効果的に実施

 リビルドを決断した後の実施の段階では、高い品質を保ちつつ、最小限のコスト・期間で確実に推進することが求められる。コベルコシステムでは効果的にリビルドを実施するポイントとして①現行資産分析、②マイグレーションミックス、③ITモダナイゼーションアセット群、④ハイブリッド開発、⑤高速開発ツールといった5つのソリューションを用意している。

 

 ①は現行機能の有効活用と無駄の排除が主な目的だ。稼働/非稼働特定などを行う現行資産分析サービスも提供している。

 

 ②はリビルドとパッケージによるリプレースを適切に使い分けるソリューションだ。まずは現行基幹システムを定型業務と企業独自業務システムに大別する。財務会計など定型業務は非競争領域であるため、パッケージによるリプレースで標準化やコスト削減を進めつつ、現行業務をしっかりと守る。

 

 「一方、企業独自業務システムは競争領域であり、自社のコアコンピタンスに直結します。手組によるリビルドによって強化することで、付加価値をさらに生み出すよう、攻めの姿勢で積極的に投資します。このように対象を見極め、投資対効果を最大化します」(秋山氏)

 

 ③では、影響調査からリリースまでの各フェーズにおいて、影響調査支援ツールやテストフレームワークなど実績のあるアセットを有効活用することで、開発生産性と保守品質を向上する。

 

 ④では、国内オンサイト開発とニアショア開発、複数のオフショアを適切に組み合わせる。「使用テーブル数などを基準に、開発要件の難易度を決めます。例えば、難易度高なら国内オンサイトで開発し、難易度低なら技術力は高くないが単価が安い東南アジアの拠点で開発します。あわせて、開発規模と各拠点の動員力も照らし合わせます。難易度と規模に応じて開発拠点を決めることで、コスト・リスクをコントロールします」と秋山氏は説明する。

 

 ⑤は③のツールの一つである。詳細設計からプログラミング、単体テストの工程に高速開発ツール「Web Performer」を利用。実装工数や手戻りを削減し、通常の開発手順に比べて2~4倍の生産性を実現する。
 「非機能案件を解決して長期的な経営ビジョンを達成し、企業の独自性を活かすリビルドを、他社より先手を打って効果的に実施しましょう」と、秋山氏は締めくくった。

 

図25つのソリューションにより、コストを削減し生産性の向上を図る。

 

コベルコシステム株式会社

TEL 0120-75-0044
http://www.kobelcosys.co.jp/

メールでのお問い合わせはこちら >> it_modernization@kobelcosys.co.jp