ITモダナイゼ―ションSummitレビュー|ITモダナイゼ―ションSummit 2016 いつまでそのシステムを使い続けますか?

マイクロフォーカス

COBOL資産を有効活用するITモダナイゼーション

~最新COBOLテクノロジーと事例~

 

レガシーシステムの保守切れへの対応、“ベンダーロックイン”からの脱却などを念頭に、企業で取り組みが進むITモダナイゼーション。マイクロフォーカスでは、既存システム資産を活用し、新たなプラットフォームへと移行するための「モダナイゼーション(リユース)」を支援する一連のソリューションを提供。そこでは、リスクを最小化した安全な移行に加え、最新技術との融合や開発スピードの向上など、新たなビジネス価値を提案している。

 

 

 

資産を生かすモダナイゼーションが最善のマイグレーション手法

マイクロフォーカス 技術部 マネージャー 光富 良裕 氏

マイクロフォーカス
技術部
マネージャー
光富 良裕

 メインフレーム、オフコンや古いUNIXベースのシステムを新たなプラットフォームへと移行するITモダナイゼーション。いま、多くの企業が検討を進めている。一般に企業がモダナイゼーションを進めるための手法としては、大きく3つのアプローチがあげられる。1つ目は、COBOLなどで記述された既存システムのビジネスロジックをJavaなどの言語で書き直す「リライト」、2つ目は、既存システム資産を捨ててERPなどで置き換える「リプレース」、そして3つ目は、既存システム資産を活用し、新たなプラットフォームや技術との融合をはかる「モダナイゼーション(リユース)」である。

 

 「対象となるシステムの特質にもよりますが、通常、これら手法のなかでもっとも有効だと考えられるのが3つ目のモダナイゼーション(リユース)です。なぜなら、企業がこれまで自社の業務に合わせて構築してきた現行システムを最大限に再利用することで、移行にかかわる品質劣化のリスクを最小化しながら、コスト面、工期面で多大なメリットを享受できるからです」と光富氏は説明する。

 

 こうしたモダナイゼーションを支援するソリューションとしてマイクロフォーカスが提供しているのが、COBOL統合開発環境製品「Micro Focus Visual COBOL」である。この製品では、オープン環境に対応するCOBOLコンパイラをはじめ、EclipseやVisual StudioといったIDEに組み込んで利用できるCOBOL開発用エディタ・デバッガ、さらにはJava、.NETとの連携機能など様々な開発支援機能が提供されている。

 

 加えてマイクロフォーカスでは、このVisual COBOLを包含し、企業が抱える特にIBM製メインフレーム上のミドルウエア関連資産も含めてリホストを可能とする「Micro Focus Enterprise Developer」や COBOL 資産の棚卸し等を強力に支援する「Micro Focus Enterprise Analyzer」といった製品もあわせて提供。「これら製品については、海外はもちろん、国内においても大手金融機関様など数多くのお客様に採用いただき、豊富な実績を積み重ねてきています」と光富氏は紹介する。

 

インタフェースのモダナイズなど、新たなビジネス価値を追求する

 メインフレーム上の既存資産を可能な限り活用するというリユース(再利用)においては、品質面にかかわる高い安心感は担保されるものの、その一方ではオープンシステム環境で提供されている新技術の活用など、新たなビジネス価値の獲得という要求を満たし得ないと評価されることもある。「これに対しマイクロフォーカスが提案しているのが、既存のCOBOL資産とJavaや.NETの連携や、各種デバイスから利用できる環境の実現などにより、新たなビジネス価値を追求するというアプローチです」と光富氏は紹介する。

 

 具体的には、例えば画面インターフェースを持ったオンラインアプリケーションであれば画面を処理するロジックと、その裏で動くビジネスロジックに分けて捉える。まずビジネスロジックについては既存資産から抽出したものをVisual COBOLのコンパイラーで処理することで、ネイティブコードをはじめ、Javaバイトコードや.NETのMSILコードとして生成できる。さらにネイティブコードについては、マイクロフォーカスが提供するCOBOL専用のアプリケーションサーバーにデプロイして、EJBとして利用したり、RESTfulやSOAPのWebサービスとして利用したりすることが可能となる。

 

 「こうしたアプローチにより、COBOLで記述されたビジネスロジックに、Javaや.NETのアプリケーションからシームレスにアクセスできるようになります。現状のビジネスロジック維持しながら、フロントエンドに関してはJavaや.NET等によるWebアプリケーション、リッチクライアントなどのかたちで再実装し、モダンなインターフェースに刷新することができるわけです」と光富氏は解説する。

 

 例えば、RESTful技術によるCOBOLモジュールのWebサービス化について言えば、COBOL専用アプリケーションサーバーにデプロイしたCOBOLでは、JSON(JavaScript Object Notation)形式でデータの授受ができるようになる。このためPCはもちろん、モバイル端末上のアプリからもCOBOLで記述されたロジックにアクセスすることが可能だ。これに関しセッションでは、RESTfulでWebサービス化された売上データ集計のCOBOLモジュール呼び出し、集計データをグラフ化して表示するAndroidのモバイルアプリがデモにより示された。

 

図1マイクロフォーカスが支援するCOBOLと他技術の連携の仕組み。現状のビジネスロジックを維持しながら、Javaや.NETを活用したフロントエンドの刷新が可能である。

 

各開発フェーズの支援ツールを連動。作業自動化で開発スピードをアップ

 一方、レガシーマイグレーションの重要な動機の1つに、現状の開発スピードを向上したいというニーズがある。近年、ビジネス環境が激変するなかで、システムにかかわる仕様変更や機能追加の要求が、発生する頻度がこれまでとは比較にならなくなってきている。モバイルアプリやWebアプリの領域では、場合によっては1週間、2週間というサイクルで新たなリリースが投入されているケースも決して珍しくはない。

 

 「そうしたなかで、COBOLのアプリケーションについてだけは、これまで通りの開発スピードで対応するというのでは、ビジネス上、競合他社に遅れをとってしまうことは必定です。これに対しマイクロフォーカスでは、ツールの支援によってCOBOLに依存する開発作業を自動化するアプローチを提案しています」と光富氏は語る。

 

 具体的には、まずプランニングについてはCOBOL専用のアプリケーション・ポートフォリオ・マネジメントツールとして、すでに述べたEnterprise Analyzerを提供。このツールを使えば、COBOL資産の棚卸しや、仕様変更に伴う影響分析なども容易に行えるようになる。またVisual COBOLでは、既述の通り、EclipseやVisual StudioといったIDE上で利用できるCOBOL専用のエディタ機能を提供しており、高度な生産性によるCOBOLコードの実装が可能。またビルドについても、これらIDE上でのビルドに加え、MSBuildやApache Antを使ったバッチビルドにも対応している。

 

 さらにテストに関しては、Visual COBOLではIDE上にCOBOL専用のデバッガを提供しており、COBOLプログラムをステップ実行し、その時々の変数の値をモニタリングすることができるほか、単体テスト用のフレームワークや、静的解析、カバレッジ解析、パフォーマンス解析といった各種機能も用意されている。

 

図2マイクロフォーカスのCOBOLソリューションでは、プランニングからコード実装、ビルド、テストに至る開発サイクルをトータルに支援する各種ツールを用意している。

 

 セッションでは、これらVisual COBOLの提供する一連の開発支援機能をJenkinsで自動化するデモが行われた。具体的には、EclipseのIDE上でソース変更が行われ、リビジョンが上がったことが検知されると、Apache Antでビルドを行い、単体テスト、コード規約の準拠性チェック(静的解析)、カバレッジ解析、パフォーマンス解析といったプロセスをそれぞれ自動実行する例が実地に示された。

 

 「ITモダナイゼーションでは、既存COBOL資産を安全かつ低コストで新たなプラットフォームに移行するという観点に加え、最新技術との柔軟な融合によるシステム活用環境の刷新、さらにはALM(Application Lifecycle Management)ツールなどと連動した開発スピードの向上なども含め、今日のビジネスに求められる新たな価値を追求していくことが不可欠。ぜひ、マイクロフォーカスの提供するCOBOLソリューションにご注目いただければと思います」と光富氏は語り、セッションを閉じた。

 

マイクロフォーカス株式会社

営業部
TEL 0120-20-9612
http://www.microfocus.co.jp/

メールでのお問い合わせはこちら >> sales@microfocus.co.jp