ITモダナイゼ―ションSummitレビュー|ITモダナイゼ―ションSummit 2016 いつまでそのシステムを使い続けますか?

情報技術開発

豊富な実践で培った技術とノウハウで
安心・安全なリホストを実現

 

独立系SIベンダーである情報技術開発は、リホストを柱とするモダナイゼーションのソリューションを提供する。数々の大規模案件での実績を通じて蓄積したリホストの最適な進め方、ツールを有効活用した効率的な移行方法、ありがちな課題とその対策などを強みに、短期間で安全なモダナイゼーションを支援する。

 

 

 

移行実現性検証など事前の分析が重要

情報技術開発株式会社 開発本部 東日本事業部 マイグレーション推進部長 赤瀬 克己 氏

情報技術開発株式会社
開発本部 東日本事業部
マイグレーション推進部長
赤瀬 克己

 情報技術開発ではモダナイゼーションの手法の一つとして、リホストを推奨している。「システム資産をまずはオープン化したい場合、リホストなら短期間で、安心・安全に実施できます」と情報技術開発の赤瀬氏は話す。

 

 リホストの一般的な進め方は、通常のシステム開発とは一部異なる。最初の計画フェーズの次に実施する分析フェーズでは、移行要件を確認・整理し、移行方式の基本設計を行う。あわせて、不足/未使用資産の洗い出しや非互換検証など、ソース解析を軸とする資産分析も行い、移行実現性を検証する。

 

 「採用を決めた移行方式によって、現行資産を本当に移行できるのか、事前にしっかりと『移行実現性検証(POC = Proof Of Concept)』を実施します。当社では、富士通やIBMの環境からの移行を検証できるPOC環境を自社データセンター内に用意しています。そのため、お客様はデータのセキュリティを堅持したまま、短期間・低コストでPOCを進められます。加えて、手軽に短期間でPOCができるサービス『おてがるPOC』も提供しています」(赤瀬氏)

 

 次の実施フェーズでは、移行設計に応じて変換をかけたプログラムに対して、単体テストに該当する疎通照合テストから業務シナリオテストや外部接続テストなどまでを行ったら、運用を整備する。赤瀬氏は実施フェーズを踏まえ、その前の分析フェーズの重要性を改めて、「必要最小限の期間・工数・負荷での実施フェーズを実現するために、分析フェーズは非常に重要です」と強調する。

 

図1情報技術開発が提供する「おてがるPOC」は、短期間・低コストでのPOCを可能とする。

 

「OpenFrame」で効率的にリホストを実施

 情報技術開発はリホストの実績が豊富であり、有効な手法を確立している。その代表がツールの活用だ。「TmaxSoft社製のリホストツールである『OpenFrame』シリーズを適宜用いて、効率的に移行しています」と赤瀬氏は述べたうえで、二つの事例を挙げた。

 

 一つ目は、大手物流会社における富士通メインフレームのシステム資産をLinux環境へ移行した事例だ。総資産数はCOBOLやJCLなどのプログラムが107,700本、ファイルが56,000 DSN。最大150名体制で、工期は15ヶ月である。

 

 移行では、メインフレームの各資産をOpenFrame製品を軸にオープン環境で置き換えていった。「AIM/DCMSによるオンラインは『OpenFrame OSA』、JESによるバッチは『OpenFrame Batch』で同等機能を提供しました。TPモニタの機能は『Tmax OpenFrame Base』で実装しました」(赤瀬氏)

 

 アプリケーションについては、COBOL資産は富士通製品と相性のよいNetCOBOLを用い、JCL資産はそのまま移行。一方、ASM資産は「『OpenFrame ASM』を利用することで互換性を保持するとともに、アセンブラ技術者の確保が困難なことや将来の保守性を考慮し、一部C言語で新規開発しました」と赤瀬氏は振り返る。

 

 端末のGUIについては、従来の6680エミュレータを「『OpenFrame Webgateway』によって、Webブラウザー上にホストの画面を再現しました。画面イメージや操作を踏襲することで、オープン化後も業務をスムーズに継続できます」(赤瀬氏)その他の通信系やセキュリティ、帳票なども、OpenFrameや他製品による代替、またはストレート移行を適宜使い分けつつ、オープン環境で実現した。あわせて、テープに保管していた過去17年分のデータのストレージへの移行も行っている。

 

 二つ目の事例は、製造業におけるIBMメインフレームのリホストである。システム資産をz/OSからLinuxへ移行した。データベースは従来から導入していた「DB2」を継続利用。プログラム14,800本とファイル3,700 DSNの規模であり、資産分析から切替・フォローまで10ケ月で完了した。

 

 移行方式は一つ目の事例とほぼ同じであり、異なる部分について赤瀬氏は「オンラインはCICSで作られていたため、それらに対応する『OpenFrame OSC』を採用しました。REXXで記述されたアプリケーションによるJCL起動方式も移行設計して対応しました」と説明する。

 

実践のなかでわかった課題と対策

 赤瀬氏は二つの事例のプロジェクトを進めていくなかで直面した課題と対策を紹介した。まずは非互換項目がネックとなるので、その抽出と代替方法の検証に充分時間をかける必要があると解説した。

 

 次に挙げたのがコード体系の課題だ。「文字コードがメインフレームのEBCDICからオープン環境のASCIIに変更されます。すると、ソート順が変わるので、画面や帳票の表示順も変わってしまいます。しかも、シフトコードの対応を誤ると、文字化けや罫線ズレが起こってしまいます。こうした非互換に起因する問題は事前に移行設計でしっかりと抽出し、対策を精査しておくことが肝要です」と赤瀬氏は解説した。

 

 テスト品質の課題にも直面した。全資産を対象としたテストは理想だが、工数や期間の面で現実的ではない。「効率的な網羅性を設定するため、主要業務に着眼し、重点的にテストする資産のチョイスとシナリオ策定は、お客様に選定頂きました。その内容を当社で分類し、疎通照合テストに各々落とし込んで実施します。そして、各種テストで判明した課題の対応策を他のプログラム資産やデータ資産にも横展開することで、システム全体の品質を担保します」(赤瀬氏)

 

 情報技術開発は以上のような実践を通じて蓄積した技術とノウハウを強みに、短期間での安心・安全なリホストのソリューションを顧客に提供する。

 

情報技術開発株式会社

営業本部
TEL 03-3372-4041(直通)
http://www.tdi.co.jp/

Webお問い合わせはこちら