巨大なエコシステムが変えるクラウドの未来 境界のないフラットなITを実現するVMwareのハイブリッドクラウド戦略

オンプレミスとの“二刀流”運用は
クラウドのメリットを半減させる

 近年、ハイブリッドクラウドを選択する企業が増えている。企業内にはコスト、拡張性、即時性といった観点からクラウドを利用したいシステムもあれば、データやアプリケーションを自社内に置かなければならないシステムもあるからだ。実際、ある調査会社のレポートによれば、既にクラウドを利用している日本企業の7割は何らかのハイブリッドクラウド戦略を策定しているという。

ヴイエムウェア株式会社 代表取締役会長 三木 泰雄氏
 しかし、その多くはオンプレミスとクラウドが分断された“二刀流”。「それぞれ異なる管理ツールを使い分け、まったく統合されていない中でIT基盤の非効率性が増してしまっているケースが少なくない」とヴイエムウェアの三木泰雄氏は指摘する。これではクラウドのメリットは限定的なものになる。

 「例えば、開発をクラウドで行い、本番はオンプレミスで稼働する場合、ワークロードをシームレスに移動できる高い互換性がなければ、その活用に大きな制約が発生してしまいます」とヴイエムウェアの小林 泰子氏は話す。

 ネットワークの問題も大きい。「オンプレミスとクラウドでネットワーク環境が異なると、ワークロードを移行する際にネットワークの再設定が必要になり、手間がかかる。物理的な作業が必要になり、結果、コストの増大や設定ミスなどの発生も懸念されます」(小林氏)。

 目指すべきは、オンプレミスとクラウドの“境界”を意識することなく運用できる環境だ。「CPUやメモリといったコンピューティングリソースだけではなく、ネットワーク、セキュリティ、ストレージまで含むすべてのITリソースを統合管理できてこそ『真のハイブリッドクラウド』と言えるのです。そのためには互換性の確保に加え、ハードウェア構成に依存しない統合運用管理基盤の構築が不可欠です」と三木氏は訴える。

SPの提供するクラウドサービスを
利用者視点で強化するvCANとは

 真のハイブリッドクラウドの実現に向け、ヴイエムウェアが推進するのが、「VMware vCloud Air Network」(以下、vCAN)である。

 vCANはVMwareのテクノロジーを基盤としたクラウドサービスを提供するサービスプロバイダー(SP)向けパートナープログラム。仮想化基盤「VMware vSphere」、共有ストレージソリューション「VMware Virtual SAN」、ネットワーク・セキュリティ仮想化プラットフォーム「VMware NSX」、デスクトップ仮想化ソリューションの「VMware Horizon」など多様なVMwareソリューションを提供し、SPのサービス強化を支援する。「参加するパートナー数は国内約140社、グローバルで約4,200社におよぶ巨大なクラウドパートナーエコシステムです」と三木氏は述べる。

ヴイエムウェア株式会社 ソリューションビジネス本部 本部長 小林 泰子氏
 最大の強みは、VMwareのテクノロジーをベースとする共通点を持つこと。「企業の仮想化基盤として広く利用されているVMware vSphereと高い互換性を持つクラウドサービスを活用できるのです」と話す小林氏。このメリットを生かし、SPがそれぞれの強みを発揮することで、革新的なサービスの提供が可能になる。

 SCSKやNTTスマートコネクトなどが提供する「ハイブリッドクラウドサービス」はその1つ。VMware vSphere基盤のオンプレミスとクラウドを統合的な1つのインフラとして扱い、ワークロードのプロビジョニングや移動、アプリケーションの実行などをシームレスに行える。

 新日鉄住金ソリューションズ、富士通などが手がける「仮想デスクトップサービス」は、デバイスやプラットフォームに依存しない仮想デスクトップ環境をクラウドサービスとして提供する。「そこにネットワーク仮想化の『VMware NSX』を活用すれば、分散ファイアウォール機能により仮想デスクトップ単位でネットワークを論理的に分離する『マイクロセグメンテーション』を実現し、近年ますます高度化する内部拡散型のマルウェア対策など、仮想デスクトップ環境のセキュリティレベルを大幅に向上させることができます」(小林氏)。このネットワーク仮想化技術を活用した「アドバンスネットワークサービス」を提供するのが伊藤忠テクノソリューションズやインターネットイニシアティブだ。

図:SDDCが実現する比類ない効率性、俊敏性と柔軟性 図:SDDCが実現する比類ない効率性、俊敏性と柔軟性 サーバー、ストレージ、ネットワークからセキュリティに至るまで、IT環境のすべてのリソースの割り当て、ワークロードのプロビジョニングや移動などを柔軟かつ迅速に行える  ニフティではオンプレミスとニフティクラウドをシームレスに連携させた「ディザスタリカバリサービス」を提供する。クラウドを活用したデータの分散保管により、災害対策を強化し、運用の効率化にも効果がある。

 さらに現在では、ハイブリッド環境で利用できることに加えて、データセンター全体の仮想化を実現するサービスもある。アイネット、IBM、NTTコミュニケーションズ、あるいはソフトバンクなどが提供する「Software-Defined Data Center(SDDC)サービス」だ。サーバーやネットワーク、セキュリティ、ストレージなどあらゆるコンピューティングリソースを物理レイヤから分離し、ポリシーに基づいて柔軟かつ迅速なサービスの提供を可能にする(図)。

ハイブリッドからマルチまで
クラウドの選択肢は大きく広がる

 vCANはSPの事業を強化するだけではなく、エンドユーザーにも大きなメリットをもたらす。パートナーの広がりは、サービス選択肢の広がりを意味するからだ。

 「エンドユーザーは『利用単価の安価なパブリッククラウドを利用したい』『SLAの高いプライベートクラウドを利用したい』『自社専有環境をクラウドの上に実現したい』といった多様な要件に応じたサービスを自由に選択して利用できます。それをオンプレミスとクラウドの違いを意識しない統合的な環境で運用できるのです」と三木氏は語る。

 オンプレミスとクラウドだけでなく、クラウド同士のシームレスな連携も可能になる。実際、SP同士が相互利用を視野に入れ、最新テクノロジーの共同検証やサービスメニューの相互補完に取り組むケースも増えつつあるという。「真のハイブリッドクラウドの実現に加え、真のマルチクラウドの実現も可能になります」と小林氏は述べる。その他にも、地域や供給電力会社の異なるSPがクラウドを活用した相互運用環境を実現し、連携して災害対策の強化に取り組んでいる例もある。

 vCANに参加するSPのクラウドサービスを利用すれば、オンプレミスと同じ環境とリソース、同じテクノロジーを使い、これまでのスキル・ノウハウも継承できる。「事前検証も容易になるため、リスクを減らし、自社の業務要件にマッチした最適なクラウドを選びやすくなります」と話す三木氏。

 今後もより多くの製品やテクノロジーの開発・提供を通じ、vCANのさらなる拡充を目指す。その一環として、vCANに特化した製品開発や、VMwareのエンタープライズモビリティ管理製品「VMware AirWatch」の提供も近く開始する予定だ。安全性と柔軟性を兼ね備えたVMwareのモバイルソリューションが、vCANによってさらなる付加価値と共に利用できるようになる。

 クラウドの普及が進む中、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドの利用は今後ますます加速していく。ヴイエムウェアはvCANのプログラムと広範なパートナーエコシステムを通じ、SPのクラウドビジネスの拡大とエンドユーザーのIT環境の高度化を強力に支援していく。
お問い合わせ
ヴイエムウェア株式会社
〒105-0013 東京都港区浜松町1-30-5 浜松町スクエア13階

VMware vCloud Air NetworkのWeb サイト:
http://campaign.vmware.com/jp/micro/service-provider/index.html