「アイデアをどう活用するか」が明暗を分ける時代 勝ち抜くカギは「つながり」中心の情報活用 インターネットへの接続が安価かつ容易に行えるようになった今、企業が競争力を維持し続けるには、生み出されたアイデアをいかに素早くビジネスに結びつけるかということが重要になりつつある。日本ヒューレット・パッカードでは、こうした「アイデアエコノミー」時代を勝ち抜くための手段として、エンタープライズソーシャルの活用を提唱。さらに自社のコミュニケーション基盤の運用ノウハウを生かし、幅広い業種・業界の働き方変革を支援している。

650円の通信デバイスが象徴する 従来の常識が通じない時代の到来

企業に求められる情報活用改革をエンタープライズソーシャルが支える

社員30万人をつなぐ情報基盤を構築 運用ノウハウを顧客支援にも生かす

お問い合わせ

日本ヒューレット・パッカード株式会社
カスタマー・インフォメーションセンター

TEL:03-5749-8370
URL:https://www.hpe.com/jp/ja/services/consulting/mobility-workplace.html