経営イノベーションフォーラム RPA時代の幕開け〜AI・ロボティクスにより異次元の生産性革命が始まる〜

「働き方改革」による生産性向上が大きな経営課題になる中、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)やAI(人工知能)に対する期待が高まっている。RPAとは、人事や経理などのホワイトカラーの業務領域で、人の動きを真似て各種アプリケーションを操作するソフト/サービスを指す。これに、AIを組み合わせれば、高度な知的作業も代行することが可能だ。RPAとAIによって働き方改革はどう革新するのか。その答えを探るべく開催されたのが「経営イノベーションフォーラム RPA時代の幕開け」(主催:日経BP総研 イノベーションICT研究所、共催:KPMGコンサルティング)だ。同フォーラムには、有力なRPA・AIベンダー各社(日本IBM、Blue Prism、ナイスジャパン、RPAテクノロジーズ、UiPath、ペガジャパン)が協賛社として名を連ね、企業で導入する上での注意点や先進事例を紹介した。ここではその内容を概括したい。

パネルディスカッション

国内外の有力ベンダーが語る

RPA導入を成功に導く秘訣とは
パネルディスカッションでは、国内外で先進的なソリューションを展開するRPAベンダーが一堂に集結。それぞれのソリューションの特長や最新の導入事例を紹介すると同時に、RPA導入の勘所や注意すべきポイントについての議論が行われた。実際の取り組みを踏まえた貴重な意見ということもあり、来場者も熱心に耳を傾けていた。

RPA導入で注意すべきポイントとは

 労働生産性向上や業務効率化を推進していく上で、RPAは極めて有効なソリューションとなる。しかし、実際に業務への適用を行う際には、いくつか注意すべき点も存在する。今回のパネルディスカッションに参加したベンダー各社からも、「まずはスモールスタートで取り組み、効果を実感した上で次のステップに進むこと」「自社の要件をしっかりと洗い出した上でツール選定を行うこと」「業務部門とIT部門がお互いに協力しながら導入を進めていくこと」などの点が指摘された。日本ではこれからRPAに取り組む企業も多いだけに、こうしたポイントをしっかり押さえておきたいところだ。

 スモールスタートで始めれば、全社ビジネスへの影響といった大きなリスクを抱えることなく、RPAのメリットを見極めることができる。また、その後の全社展開に向けた課題の洗い出しなども効率的に行うことが可能だ。あるベンダーからは「小規模環境への導入なら投資も最小限に抑えられるし、ツールの乗り換えなどが生じた際の負担も少なくて済む」という意見もあった。RPAには既存環境への導入が容易という特長も備わっているので、とにかくまずやってみるという姿勢が大事といえそうだ。

 ただし日本では、まだRPAへの期待が先行している段階であるため、「どんな業務課題でも解決できるような誤解をまねく」という指摘もあった。こうした状況のまま一気に取り組みを進めたのでは、経営層から導入成果を厳しく問われるような事態にもなりかねない。こうしたことを避ける上でも、一歩一歩着実に歩みを進めるようにしたい。

自動化で人と会社をハッピーに

 また、もう1つ気を付けたいのが、いくら技術的に大きな問題がなかったとしても、必ずしも導入・活用がスムーズに進むとは限らないという点だ。なぜなら、現場で働く人の意識やこれまでの常識が、大きな壁となってしまうケースがあるからだ。

 実際にあるベンダーが携わった事例でも、ロボットによる作業を許可するための承認プロセスに、人手で3週間も掛かるケースがあったという。もちろん、技術的な観点からみれば、この部分も含めてトータルに自動化を行うこともできる。しかし「企業のガバナンスに関わる承認作業を、全部ロボットに任せてしまってもよいのか」という理由で、自動化の対象から外れてしまったわけだ。

 このように、いくら自動化対象の業務自体を効率化しても、周辺のプロセスがついてこないのでは意味がない。ツールの能力をフルに生かそうとするのであれば、現場の意識改革や業務の見直しにも並行して取り組む必要がありそうだ。

 また、「自動化によって人の仕事が奪われてしまうのではないか」「ロボットが暴走するのではないか」といった懸念も、多くの企業で根強く残っている。これが原因となって、なかなか導入が進まないケースも少なくない。このような誤った認識を打破するためにも、RPAは単純作業から人を解放し、もっと付加価値の高い業務に専念できるようにするツールであることを、広くアピールする必要があるだろう。

 そうした意味でも、とにかく手近なところから実践してみることが重要だ。「業務負担が軽減された」「やりがいのある仕事ができるようになった」という声が社内で聞こえてくるようになれば、その後の展開もスムーズに進むはず。「RPAは人をハッピーにするツール」というあるベンダーの言葉は、決して根拠のないものではないのである。
協賛企業一覧
  • UI Path CEO & FounderDaniel Dines

    当社のRPAソリューションは、幅広い業種・業務に対して大きな効果を発揮。部門内/部門間の両方の業務プロセスを最適化することができます。既に金融業や会計事務所をはじめとする多くの企業にソリューション提供を行っていますが、業務効率を70%向上、ROI目標を100%達成するなど、目覚ましい成果が上がっています。今後は日本企業でもRPA導入の機運が高まると考えられますので、当社としても日本市場への投資を拡充します。コスト削減だけでなく、日本企業が生産性のリーダーシップを取り戻すためのお手伝いをしていきたいと考えています。
  • Blue Prism ASEAN & JAPAN Development Director - Global AccountsStephen Tickhill

    ある海外のモバイル通信事業者では、SIMカードの変更業務に当社のソリューションを適用。これまで24時間掛かっていた業務をわずか4分に短縮すると同時に、作業ミスをゼロにすることにも成功しました。現在ではミドルオフィスの業務にも適用し、約45%の業務効率化も実現しています。これまで当社では欧州・北米で事業展開を行ってきましたが、今後はアジア地域にも力を入れていきます。その一環として、先頃日本オフィスを開設しました。これを機に、当社グローバル収益の約3割を占める北米市場に匹敵する成長を目指します。
  • ナイスジャパン カントリーマネージングディレクターEzer Alshech

    RPAの導入は、対象業務の絞り込みと可視化、業務改善と進みますが、当社のあるお客様では、業務をどのように変えるかという、最後の部分で悩まれていました。そこで当社のデスクトップ分析技術を活用し、約10日間でロードマップを提供、完全自動化/人介在半自動化の2種類のロボットを組み合わせ、年間1000時間以上削減という導入成果を達成しました。当社は20年以上にわたり日本市場で活動しており、認定エンジニアの数も約50名に上ります。お客様のニーズもよく理解していますので、幅広いご要望にお応えできます。
  • ペガジャパン 代表取締役社長渡辺 宣彦

    当社をBPMの会社と認識されている方も多いと思われますが、現在ではRPA分野へも事業を拡大。従来のBPMプラットフォームを「業務の質を上げる」ソリューション、新たに加わったRPAを「業務の量を減らす」ソリューションとして展開しています。既にグローバルで多くの実績を積んでいるほか、日本でも金融業やエレクトロニクス企業への導入を推進。ある大手銀行では、業務量を従来の半分に削減することを見込んでいます。こうした自動化によるメリットに加え、本業である業務改革の部分でも手厚くご支援をしていきます。
  • RPAテクノロジーズ 代表取締役社長大角 暢之

    100社・4000ロボットの稼動実績を誇る当社では、様々な日本企業の業務効率化に貢献しています。例えば大手保険会社では、1件あたり数分掛かっていた作業を約20秒に短縮。また都市銀行でも、年間約8000時間分の事務処理作業を削減しています。さらにその他にも、単純作業をロボットに移管したことで、社員をやりがいのある作業にシフトできたといった評価もいただいています。もっとも、RPAの導入がゴールではなく、デジタルレイバーの運用を定着することが一番重要。そのための体感パッケージなども提供していきます。
  • KPMGコンサルティング ディレクター田邊 智康

    各社のRPA製品は、それぞれ異なる背景から生まれてきましたが、AI活用なども含めまだまだ進化していくでしょう。RPA製品もそれぞれ得意な領域があるので、今後はそれらを適材適所に組み合わせていくことが、必要になってくるはずです。ただしそのためには、デジタルレイバーをどう自社の武器にしていくのかをきちんと考え、その目的に合わせて取捨選択していくことが肝心です。そのための組織作りやツール選定も含め、当社では幅広くコンサルティングを行っています。
お問い合わせ