中堅・中小企業は、なぜソーシャルメディア活用が進まないのか?ソーシャルメディア活用の基本を考える~アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 取締役CMO 徳力 基彦 氏(前編)

  • Writer : 野本 幹彦
  • Data : 2017/10/27
  • Category : 業務改革

大企業よりも中堅・中小に向いている
ソーシャルメディア活用

ーー大企業では、ソーシャルメディアに目を向けて、活用しようとする企業が増えてきているように見える。大企業の多くがソーシャルメディアアカウントを持ち、企業同士のやり取りが話題となったりしているが、徳力氏も「10年前に比べれば、ソーシャルメディアアカウントを作るのが当然となり、企業の中に担当者がいるのがここ数年で急速に普通になってきていますね」と話している。

個人的には、ソーシャルメディアやインターネットの活用は義務でやるものではなく、無理にやる必要はないと考えています。しかし、日本の経営者や年配のビジネスマンでもったいないと感じるのは、まだまだインターネットはアングラで特殊なネットユーザーが使う場所で、自分たちの場所ではないと思っている人が多いことですね。メディア企業勤務ではない個人が情報発信できることは、ネット以前ではあり得なかったことです。

自分自身も、ブログで情報発信できるようになり、他愛のない話をいろんな人が読んでくれて、メディアのコラムのオファーもいただくようになりました。これは、以前は考えられなかったことで、インターネットならではの話だと思います。こうした可能性を最初から無視して、ネットから距離を取るビジネスマンがまだまだ多いのは残念なことです。

ーーその上で、むしろ大企業よりも、中堅・中小企業こそがソーシャルメディアを活用すべきではないか、と徳力氏は話を続ける。

マスマーケティングと我々がアンバサダープログラムと呼ぶソーシャルメディア活用のポジションは、価値観としては真逆にあると考えています。従来のマスメディアは、お金がたくさんあれば大量の広告を打てて、大勢の人に知ってもらえるから、その何割かが買ってくれるという世界で、お金のある大企業が強い世界です。

ソーシャルメディア時代の一番の変化は、ユーザーがメディア化されたことで、商品やサービスを気に入ったファンやアンバサダーが口コミで広めてくれることで、お金をかけなくても宣伝を行える可能性が出てきています。資金力のない中小企業は、これまでほとんどいわゆる広告宣伝を行うことができませんでしたが、クチコミの拡がりを意識して創意工夫することで大企業に対抗したマーケティングが可能になったと言えます。

アンバサダープログラムの考え方

資料提供:アジャイルメディア・ネットワーク株式会社

たとえば、チェーン展開していないレストランが広告費をかけることは今までほとんどあり得ませんでした。しかし、写真映えするようなメニューを開発すれば、ユーザーがインスタグラムなどで拡散して、行列ができるようになる、ということが実際に起きています。また、たとえば、ロボット掃除機などのように、いくら広告を打って認知が広がっても、贅沢品であるとか、大きな家のための家電と、自分には関係のない商品と思われてしまうケースがあります。

しかし、近所の人や会社の人が買ったという話になったり、ネットの評判や便利な使い方を読んだりすると、一気に自分事となるケースもあります。自分には関係のない商品やサービスだと思っている人を振り向かせるのにも、ソーシャルメディアや口コミが有効です。個人的には、中小企業のほうがソーシャルメディアを活用すべきと考えていますが、大企業に比べて、まだまだ取り組んでいない企業が多いですね。