ミニショット工法

【維持・補修】断面修復工法

写真1
写真2

概要

 コンクリート構造物の小断面欠損部の断面修復工法では、左官工法が一般的に行われてきました。

 左官工法は、特殊な機械を必要とせず狭い作業空間でも施工可能ですが、品質が作業者の技量に依存する割合が非常に高く、熟練作業者の高齢化・人手不足などにより、十分な品質が得られないことがあります。

 高品質の断面修復モルタルを得るには吹付け工法が適していますが、従来の吹付け工法では、機材が大型で作業空間を大きく必要とし、取り扱いに不便なものでした。

 今回紹介するミニショット工法は、(財)鉄道総合技術研究所・(株)ジェイアール総研エンジニアリングの技術指導・協力を頂き開発された、小断面・小規模施工に適した、軽量コンパクトな吹付けシステムです。

特徴

工法の特長

1.コテ塗り左官工法では、得にくかった高品質の断面修復モルタルが施工可能。
2.鉄筋背面・周辺部・上向き施工でも,高い充填密度を確保できる。
3.修復表面は,金コテできれいに仕上がります。
4.機材が軽量・コンパクトで操作簡便。
5.リバウンドロス,機械操作ロスが少なく,小断面でも高効率。
6.機械は100V電源で動作し,低振動,低騒音。

価格・実績

材料価格: 断面修復材-VF(mini)280円/kg
施工実績: JR、鉄建公団など

お問い合わせ先

オバナヤ・セメンテックス(株)
技術部
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町16-6 香取ビル
TEL:03-3663-7641 FAX:03-3661-0496
http://www.o-cc.com
E-mail:tokyo_info@o-cc.com