SANショット工法

【維持・補修】トンネル覆工剥落防止吹付け工法

道路トンネル施工状況
鉄道トンネル施工状況

概要

 近年、経年劣化したトンネル覆工の剥落防止に対する重要性が高くなり、現場での制約された条件下では施工性・耐久性・経済性に優れ、かつ安全性の高い恒久的な対策工が要求されています。

 SANショット工法は、この要求性能に対応するべく開発した立体構造の特殊繊維ネットと特殊アンカーピンを併用することにより安全性を高め、付着性・耐硫酸塩抵抗性に優れた高耐久性ポリマーセメントモルタルにより貼り付け一体化する画期的で恒久的なトンネル剥落防止および劣化防止対策工法です。

 JR東日本旅客鉄道(株)と共同特許を出願している鉄道ACT工法研究会の認定工法です。

NETIS登録No.KT-090013-A

特徴

工法の特長

● 十分な下地処理を実施することにより恒久対策として適用できます。
● 一次吹付けで特殊繊維ネットを貼り付けてから特殊アンカーを設置し、仕上げまで一連の流れで施工ができるので施工効率に優れています。
● 吹付け面と吹付け材の縁が万が一切れた場合においても、ネットとアンカーピンの耐力により、剥落防止効果を持続します。
● 標準施工厚15mm~20mmですので内空に余裕にないトンネルに有効です。

材料の特長

● 漏水中に含まれる硫酸塩に対する侵食抵抗に優れたビニロン短繊維入り高強度ポリマーセメントモルタル材
● 注入樹脂併用特殊ステンレスアンカーピン
● 立体構造の特殊ビニロン繊維ネット

実績

適用場所: レンガ積み・コンクリートブロック・コンクリート覆工等すべてのトンネルに適用可能
施工実績: 国土交通省、鉄建公団、私鉄、JR等16件

お問い合わせ先

オバナヤ・セメンテックス(株)
技術部
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町16-6 香取ビル
TEL:03-3663-7641 FAX:03-3661-0496
http://www.o-cc.com
E-mail:tokyo_info@o-cc.com