中小ビルTOPICS

電力をビルのコスト削減ツールに
「でんきの窓口」オーベラス・ジャパンに聞く

大庭勇太・代表取締役社長、池田良太・代表取締役副社長へのインタビュー

2018/07/18
中小ビルTOPICS

オーベラス・ジャパン(東京都・江東区)は、不動産を所有する企業に、電力小売り事業者の切り替えを通じたコスト削減を提案している。契約先を切り替えて電気代が削減できれば、新たな投資をしなくても収益率アップにつながる。同社は創業から3年ほどで、プロの不動産投資家を対象に、オフィスや商業施設など1500棟にサービスを提供した。今後は中小ビルのオーナーに提案していく計画だ。

──オーベラス・ジャパンの主なサービスを教えてください。

大庭勇太氏・池田良太氏(以下、大庭・池田) 不動産業界を対象に、新電力など電力小売り事業者の切り替えを通じて、電力コストを削減し、建物の収益向上をサポートしています。ビジネスモデルとしては不動産業界と電力小売り事業者とをつなぐ「でんきの窓口」と考えてもらえば良いと思います。

ビルのオーナーが電力小売り事業者を切り替えようとする際、インターネットで問い合わせて見積もりをとって、という流れが一般的ですが、それではわからないことがたくさんあります。というのも、いまは小売り事業者が乱立していますから、地域によっても、時期によっても、そして建物用途によっても、どの小売り事業者が一番安くなるかがまるで違ってきます。私たちは建物の使用状況をヒアリングしたうえで、最適な小売り事業者を4〜5社ほど提案させていただき、その中から選んでいただく形をとっています。

Photo

左が大庭勇太・代表取締役社長、右が池田良太・代表取締役副社長(写真:清水盟貴)

──建物の使用状況によって、最適な電力小売り事業者はそんなに違ってくるのでしょうか。

大庭・池田 はい。建物の用途によって、電気を大量に消費する時間帯は大きく異なるので、提案内容も変わってきます。例えばオフィスは昼間の電力消費が中心ですが、ホテルは夜が中心です。

電力小売り事業者にも特徴があって、得意分野が異なります。そのため、例えばオフィスとホテルを所有しているオーナーが全部1社にまとめたいと思っていても、コストとしては2社に分けた方がお得になるケースがあります。一方、手続きが面倒だからという理由から、1社にまとめたいと希望するオーナーもいます。

時期によっても電力小売り事業者の提示価格は変動します。当社は毎月100棟くらいの切り替えを手がけているので、小売り事業者のタイムリーな情報を常に入手しています。このような様々な状況を勘案しながら、最適な小売り事業者を提案します。

──取引先はどのような会社ですか。

大庭・池田 2015年5月の創業から3年ほどで、およそ1500棟の建物にサービスを提供しました。これまでの取引先の大半は、プロの不動産投資家です。いわゆる不動産デベロッパー、不動産ファンド、そして不動産投資信託(REIT)などです。主な建物としては、オフィスビル、商業施設、ホテルなどです。今後は、中小ビルのオーナーにも提案していきたいと考えています。

Photo

オーベラス・ジャパンが手がける電力ビジネスのスキーム図(資料:オーベラス・ジャパン)


聞き手:編集部、文:高橋真樹

併せて読みたい
併せて読みたい