働き方進化論 -「働き方の変化」を「ビジネスの成果」に結びつける方法とは-

ビジネスリーダーたちが見据える「新たな働き方」の可能性

世界的に見ても極端な少子高齢化が進む日本では、これから労働人口と消費人口が大きく減少していく。2060年には労働人口が4割以上も消失するという予測もある。こうした経営環境の中で、企業のサステナビリティー(持続可能性)を確保するには、労働生産性を大きく向上させることが求められる。現在の働き方を抜本的に見直すとともに、仕事で取り組む案件ごとの付加価値を高める必要があるのだ。ここでは、新しい働き方の可能性とその実現に向けた要件について考えてみたい。

PAGE TOP
PAGE TOP
PAGE TOP
PAGE TOP
PAGE TOP
PAGE TOP
PAGE TOP
PAGE TOP