株式会社テラスカイ

SAPのAWS移行を支援して
顧客の事業の俊敏性を向上
クラウド専業で業務系システムの構築・運用を主力とするテラスカイが、今年3月にSAPのソフトのクラウドインテグレーションを目的とした新会社「BeeX(ビーエックス)」を設立した。どのような企業であってもクラウドの利点を享受できるよう、基幹業務のクラウド化を推進していく。

アマゾン ウェブ サービス(AWS)が国内にデータセンターを開設した2011年以降、業務系システムを同社のパブリッククラウドで稼働させる企業が急増している。企業の中核業務を担うERP(統合基幹業務システム)も例外ではない。SAPジャパンによると、既に100社を超える日本企業が、同社のERPをAWSのパブリッククラウドで稼働中だ。
 ERPをクラウドへ移行することによって、TCO(総所有コスト)の削減やハードウエアの運用保守が不要になるなどの数多くのベネフィットが得られるが、クラウドならではの新たな課題も生まれてくる。テラスカイで執行役員を務める藤井徳久氏は、「IT基盤をオンプレミス(社内運用)からAWSに移行した後に、システムを安定して稼働させるためには様々なノウハウが必要です」と指摘する。例えば、多くの企業がERPとほかのシステムを連携させているが、クラウドとオンプレミス間、あるいはクラウド同士でデータを連携させる仕組みを作ることが求められる。
 こうした課題の解決を支援するために、テラスカイが新たに設立した企業がBeeXである。同社には、SAPのERPシステムの構築・運用に精通したエンジニアが属する。同社の副社長でCTO(最高技術責任者)も兼ねる広木太氏は、「同じERPシステムでも、クラウド化により、クラウドに最適化したノウハウが不可欠です。システム監視・リソース管理やバックアップといった日常運用、アクセス制御などクラウドに最適化した仕組みが必要となります」と語る。

万全を期して企業を支援

 BeeXは、顧客企業のニーズに即応できる俊敏性の高いビジネス基盤を構築することを目標として掲げている。クラウドに最適化した運用基盤を構築提供するとともに、現行システムの短期間での移行サービスも提供する。ハードウエアの更新やクラウドへの移行などによってERPのIT基盤を変更する場合、作業が膨大となり長期休暇を利用することが多いが、BeeXのクラウドマイグレーションは週末の2日間で移行を完了させる。また、ERPのクラウド化に伴い、多くの企業で課題となるシステム間連携では、テラスカイのクラウド連携サービス「SkyOnDemand」を活用し、オンプレミス上の密結合なシステムを、クラウドアプリケーションと連携する俊敏性の高い疎結合なシステムに移行する。
 ERPの安定稼働に向けて、関連企業との協業も推進する。テラスカイが出資するサーバーワークスのAWS運用自動化サービス「Cloud Automator」を活用してシステムの運用を自動化し、運用コストを最適化。運用保守では、テラスカイとサーバーワークスが出資するスカイ365のサービスを統合。同社は、クラウドに特化した運用・保守・管理を手がけ、24時間365日のサポートサービスを提供する。
 BeeXの広木氏は、「これまでアーリーアダプターしか享受できなかったクラウドのメリットを、幅広いお客様に提供していきたい」と抱負を語る。

株式会社テラスカイ

〒103-0027
東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル7階
TEL:03-5255-3410
URL:http://www.terrasky.co.jp/