松尾豊

07

「眼」をもつロボットが、
日本の産業の活路を開く

東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻
消費インテリジェンス寄付講座 共同代表・特任准教授
産業技術総合研究所 人工知能研究センター企画チーム長

松尾豊

MATSUO Yutaka

2016. 11 .29 公開

interview : SAKIYA Miho 
photo : KAWAZU Tatsunari

1

「人工知能=AI」が従来の仕事や社会を大きく塗り替える。乗り物の運転はすべてAI任せとなり、これまで人間が行ってきたさまざまな仕事がAIによって置き換えられる──。そんな未来予測が昨今ささやかれる中、日本のAI研究を牽引するのが松尾豊さんだ。大学、企業、行政の枠を超えて、ジャパンAIの道を築こうとする松尾さんの研究室からは、キュレーションメディア大手「グノシー」の開発者などを輩出し、自著『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』がベストセラーとなり、「ディープラーニング」という概念が広まった。
アメリカに負けないために日本のAIのとるべき秘策を松尾さんが、明かす。

ディープラーニングでコンピュータに「眼」ができた

── 松尾さんは、人工知能(AI)の最新技術「ディープラーニング(深層学習)」の研究で知られています。

AIとは、「人工的につくられた人間のような知能、あるいはそういった知能をつくる技術」のことです。これまでに3度のAIブームがありました。1956年から60年代にかけてが第1次ブーム、1980年代が第2次ブーム。ただし、この2回のブームのときは、期待されたようなAIはできませんでした。
そしていま3たびAIブームが訪れています。
今回大きく進歩したのは、「ディープラーニング」に代表される「特徴表現学習」という領域です。AIの発展において、AIのプログラムがデータから学習する「機械学習」は重要な技術ですが、当初、機械学習に必要な特徴量の設計自体は、人間が行っていました。
一方、ディープラーニングは、AI自身が特徴量を学習する仕組みです。つまり、コンピュータが人間に頼らずとも自動的に特徴量を学習し、複雑な画像認識や音声認識ができるようになるわけです。
このディープラーニングとさまざまな技術が組み合わさることによって、最近話題の自動運転などはもちろん、工場における機械の制御からインターネット上のさまざまなプログラムに至るまで、さまざまな産業や社会への変化をもたらすと思っています。

写真

── 松尾さんは、最近どのような研究活動をされているのでしょうか。

ディープラーニングの研究で世界トップレベルと戦うために研究することはもちろんですが、それ以上に、いかに企業の役に立てるかということに腐心しています。ディープラーニングの技術をもとに、企業に儲けてもらわないと困る。心からそう思っています。この会社だったら最も大きな利益を生み出す可能性はどこにあるのか、この会社だったらこういう手を打てば他の企業は追従できないはず、そんなことばかり考えています。
それは、マクロに見れば、よい研究をするためです。知能の仕組みを構成論的に明らかにするという人工知能の研究の目標に向けて頑張りたいということなのです。
でも、それがなぜ企業が儲けることにつながるのかというと、この世界はすでにゲーム・チェンジしてしまったからです。

── ゲームが変わった、とは?

グーグルの創業は1998年です。この頃からシリコンバレーでは、大学の研究とビジネスの世界が圧倒的に近くなりました。大学で行っていた検索エンジンなど、ITの研究をもとに事業を立ち上げる起業家が登場し、ビジネスを立ち上げ、事業を拡大していく。

僕が2005年から2007年までスタンフォード大学に籍を置いていたときに目の当たりにしたのは、ヤフーの研究所のトップが大学で検索エンジンの作り方を教える光景でした。日本ではインターネットの授業ですら、始まっていない頃にです。

写真

学生も最新の検索エンジンの技術に興味があるから、講義は大人気。そこで学んだ人がヤフーやグーグルに就職したり、あるいは自分で起業したりと、ビジネスの現場に散らばっていく。そこからまた次のビッグビジネスが生まれ、研究者をどんどん雇用し、技術が進み、そして、大学で学生たちを教える……。
そんな具合に、シリコンバレーではリアルなビジネスの世界と大学での人材育成のあいだに正のスパイラルがつくられ、ビジネスと研究開発とが渦巻き状に発展しているのです。検索エンジンの作り方だけでなく、iPhoneアプリの作り方の授業、オンライン広告の授業など、さまざまな新しい技術があっという間に授業になります。オンライン広告の仕組みを解説し、中のマッチングの技術とか最適化の仕方とか教えるんですよ。ちょっと日本では信じられないです。
スタンフォードの機械学習の授業は昔から有名ですが、ディープラーニングでも、畳み込みニューラルネットワークの授業と、自然言語処理におけるディープラーニング応用の授業の2つがすでにあります。

── 日本の大学と企業の産学連携よりはるかにダイナミックな動きがあったわけですね。

はい。グーグルやフェイスブックなどは、こうした事業と研究、企業と大学とのあいだに起きる正のスパイラルをうまくとりこみながら、事業を大きくしてきました。グーグルのキャンパスはまさに大学のキャンパスのようですが、たくさんの技術者、研究者たちがのびのびと仕事をする環境を提供してきました。もとは学術コミュニティで長らく研究されてきた技術がベースになっているわけですが、それが結果的に、数億人、数十億人を対象とするサービスへと成長したわけです。

10年以上前から、国際的な学会に集まる研究者の顔ぶれは変わらないのに、研究者のネームカードにある所属が大学からグーグルやフェイスブックに変わっていくという現象が顕著に見られました。世界中の優秀な研究者をヘッドハントし、また、有望な技術開発をしているベンチャーを果敢に買収し、人材を集めているわけです。そうした人が、とても快適な環境で四六時中研究に没頭している。
もちろん、これを可能にしているのは、検索連動型広告という「お金を生み出す仕組み」を作り出したからですが、その仕組みがあるので、少しでも機械学習の精度が上がれば、それだけで売上が増え、利益が増える。全体の売上規模が数兆円ですから、少しでも精度があがるのであれば、いくらでも研究に投資できるわけです。そうした仕組みを作り上げたということ自体が、まさに勝因です。

写真

これは、もはや、僕一人、あるいは研究者一人が、どんなに頑張っても勝てる世界ではありません。まさに、飛行機に対して竹槍で戦おうとしているようなものです。竹槍で戦っていた時代から、飛行機で戦う時代に変わったのです。

日本はいま、国として人工知能に投資しようとしています。文科省や経産省、総務省などを合わせると、国の投資額は年間で約30億円です。ところが、グーグル1社で研究開発費が1兆円を超えるのです。何かおかしいと思いませんか? 国力からいうと、そこまで差はないはずです。基礎研究に国がお金を出し、それが実用化されるといういわば「単利」のイノベーションから、基礎研究から事業が生まれ、事業で得た利益が研究に再投資されるという「複利」のイノベーションに、ゲームが変わったのです。単利と複利の違い、これは一見するとささいなことのように思いますが、時間がたつと残酷なほどの違いになって表れます。

── では、日本に打つ手はないのでしょうか。

あります。日本もアメリカと同じ複利のゲームをすればいいのです。そうした仕組みを作ることだと思います。そのためには、最も大事なことですが、企業が技術をもとに利益を出さないといけません。企業が儲けてはじめて、複利のループが回り始めるのです。で、それが、ディープラーニングの場合にはできるのではないかと思っているのです。日本の強いものづくりと、ディープラーニングを組み合わせると「眼のある機械」を作れます。

写真

── 生き物の「眼」、ですか?

はい。2012年以降、ディープラーニングは画像認識で顕著な成果を収めています。特に、ここ2年で、(静止画に関しては)人間の認識精度を超えるようなところまできています。見て、対象物が何なのか認識できる。人間には当たり前のことのようですが、AIの世界では革命的なことです。近似的には、ディープラーニングというのは「眼」の技術と言ってしまってもいいと思います。

5億年前のカンブリア紀に生き物が一気に進化し多様化した「カンブリア爆発」というのがありましたが、その原因は「眼の誕生」だったという説があります。
「光スイッチ説」と呼ばれ、アンドリュー・パーカーという人が提唱しました。眼がなかった頃の生き物は、ぶつからないと餌がどこにいるかもわからないし、敵が近づいているかもわからなかった。それが、眼ができることによって、生き物の行動は一気に高度化しました。餌となる他の生き物を遠くから見つけられるわけですから、捕食の確率が大幅に上がります。逆に、食べられる側が眼を持てば、敵が遠くにいるのを発見して逃げる、隠れる、擬態するなどなど、「眼の誕生」によって、実にいろいろなことができるようになりました。その結果、現存する全ての生物の「門」が一気に出揃ったのです。

生き物の世界で起きたカンブリア爆発と同じことが、これから機械やロボットの世界で起こります。つまり、機械やロボットが眼を持ち、いままでできなかったさまざまな作業をするようになるということです。考えてみれば、人間が眼を使って「認識」し、こなしている仕事というのはたくさんあります。それらが全て自動化される可能性があるということです。

1

Column DRIVE de Cartier

What drives You?

変革へのパッションこそ、すべての源だ

DRIVE DE CARTIER

ドライブ ドゥ カルティエ ウォッチ SS 41mm ¥640,000(税抜)

What drives You?

変革へのパッションこそ、すべての源だ

挑戦なくして、成功はない。カルティエの3代目ルイ・カルティエは、良き挑戦者であり、常に業界をリードするパイオニアであった。その最大の功績の一つが、紳士用腕時計を世界で初めて製作したことだろう。1904年、彼はブラジルの飛行家にして、ベルエポック期のパリで注目を一身に集めただて男、アルベルト・サントス=デュモンのためにエレガントな腕時計を製作。これこそが紳士用腕時計の始まりであり、その後のメンズウォッチの方向を決定づけた。名作「サントス」の誕生である。

カルティエは、その後も「タンク」「バロン ブルー」「カリブル ドゥ カルティエ」など、数々のメンズウォッチを生み出し、いまも時計業界のパイオニアであり続けている。そして、それらの傑作時計すべてに当てはまるのが、官能的なデザインと機械的精緻さの両立である。美しいフォルムを持つカルティエの時計は、ひと目見ただけでそれとすぐに分かる。これは、ウォッチメーカーとしての高い技術力なしには成し得ないものだ。

今年、メンズコレクションに新たに加わった「ドライブ ドゥ カルティエ」にも、その伝統は受け継がれている。ローマン数字のインデックスやフランケ模様のギヨシェダイヤル、ソード型の針など、随所に際立つ“カルティエらしさ”。優雅なクッションケースのボリューム感が目を引くが、実際は薄く作られており、腕にすると驚くほどよくなじむ。スケルトンバックからは、自社製ムーブメントCal.1904の美しい仕上げを堪能できる。

腕時計としては揺るぎない正統派。それでいて、7のインデックスに小さくCartierの隠し文字を入れるカルティエの伝統的な遊び心も、現代の粋人を引きつけている。

Text by SHINODA Tetsuo

主催:日経ビジネスオンライン
 特別協賛:リシュモン ジャパン カルティエ