suits01_head_copy
suits01_head_copy2

財布の許す限りなりに金目をかけてよい。しかし派手やに金をかけるもんじゃない。華美を避け、質の良いものを着なさい。服装で人柄が分かるからな──英国の作家ウィリアム・シェークスピアが『ハムレット』の第1幕で侍従長に語らせたセリフだ。現代でも通用するビジネススタイルの神髄を語る言葉ではないか。最新の流行を身につけたからといって装いが突然うまくなるわけではない。自分に似合う服を発見して、細部に気を配り、スタイルに磨きをかける。着るスーツをよく知り、シワを伸ばし、いつも清潔なシャツを着こなす。身ぎれいにすることもスーツスタイルでは重要だ。まして昨今は正統的なスーツスタイルが復活の兆しを見せている。正しいスーツを選び、正しい着こなしを学ぶことはビジネススタイルの成功の近道と言える。

写真/藤谷 望 モデル/日比野 玲、直樹 ファッションディレクター&スタイリング/森岡 弘(グローブ)
ヘア&メイク/右近 了(UNRU) デザイン/岡本和也(HARPH-Imaging) 文/小暮昌弘(LOST & FOUND)

※本特集内の商品の価格表記は、すべて税抜きです。

LOUIS VUITTONルイ・ヴィトン

着こなしに正統さをもたらす
ダブルブレストのスーツ

 メンズスーツ全体のクラシック傾向を反映してか、ダブルブレストのスーツが復活している。1990年代にも世界的なブームとなったモデルだが、以前と違うのは、シルエットが細身になっていること。このスーツはその代表で、シャープな印象を与えてくれる。素材は100%ウールで、色もトレンドのグレーで、光沢を湛えた深い色合いが洒落ている。上着はアンコンストラクテッド仕立てで着心地と正統さをもち合わせる。合わせたパンツはノータックのセンタープリーツで、スマートさが強調され脚長効果も高い。ラペルのステッチや体を包み込む柔らかな仕立てに、メゾンブランドの職人技を感じ取ることができる。

スーツ45万6000円、シャツ6万8000円、ネクタイ2万3000円、バッグ22万6000円(すべてルイ· ヴィトン/ルイ· ヴィトン クライアントサービスfreedial 0120-00-1854)

PC向けページを見る