クラシックなスーツの復活で注目!

意外と知られていない、
スリーピーススーツの
着こなし9則

 スーツのデザインの最近の傾向はクラシック回帰にあります。そんな中で復活の兆しを見せているのはスリーピーススーツです。日本語では『三つ揃い』と昔から言われ、欧米では『ベステッドスーツ』と呼ぶこともあります。これ1着でスーツ姿が何倍も良く見え、フォーマルな感じが演出できます。オフィスで上着を脱いでもベストがあるので洒落て見えます。「しかしずっと着られていなかったせいか、間違った着こなしをする人も多いです」。こう語るのは本特集のファッションディレクターの森岡 弘氏。そこで改めて、正統派のスリーピーススーツの着こなしの注意点をご教授願った。

イタリアのデ ペトリロのスリーピーススーツ。3ボタン段返りのトラディショナルなデザインで、素材もウール100%で、英国製。クラシックな雰囲気がデザインや素材から漂ってくる。クレリックシャツに伝統柄のネクタイを合わせ、ブリティッシュテイストにまとめてみた。

スーツ17万3000円(デ ペトリロ)、シャツ1万5000円(ブリッラ ペル イルグスト)、ネクタイ1万6000円(フランコ バッシ)、ポケットチーフ6000円(ブリューワー)、靴6万2000円(ジョセフ チーニー/以上すべてビームス ハウス 丸の内☎03-5220-8686)、バッグ8万2000円(セラピアン/ウエニ貿易☎03-5815-5720)

num_01
num_01_thm

ベストからベルトは覗かせない

スリーピーススーツの着こなしでは、ベストは上着とパンツのつなぎ役と言えます。だからパンツのベルトを見せないように着こなすことがルールです。ましてやシャツまで見えてしまうサイジングは、完全にご法度です。ベストの裾がフロントカットされているものは一番下のボタンを外すべきでしょう。

num_02
ng
num_02_thm

シャツの襟先の位置にも注意を

スーツの着こなしの極意はディテールの積み重ねにあります。正統派が漂うスリーピースならば、なおさらのことです。中にベストを着るわけですから、シャツの襟先がベストの中に隠れるように注意を。せっかくクラシックなスーツを着るのですから、こんな細かいところにもぜひ注意を!

num_03
num_03_thm

ボタンは閉めても開けてもいい

この種のスーツを着慣れていない方はボタンを掛けておくべきか、それとも開けておくべきか悩まれるでしょう。実はどちらもOK! シングルブレストのスーツは正式な場所で人と会う時はボタンを掛けるべきなのですが、スリーピーススーツは中にベストがあるので、どちらでも大丈夫!

num_04
num_04_thm

袖口から覗くシャツが清潔感を演出

スリーピーススーツに限ったことではありませんが、スーツを着る時に注意してほしいのは袖の長さです。必ずスーツの袖口からシャツを1〜1.5cm くらい覗かせるようにしましょう。シャツが覗かないならば、「お直し」を。上着の襟からもシャツを同じくらい覗かせてください。

num_05
num_05_thm

上着丈は長すぎず、短すぎず

最近はかなり着丈の短いモード的なスーツも多い。しかしビジネスではこれは不向きです。ましてやスリーピーススーツのように正統派のモデルでは絶対に避けるべき。お尻が隠れるくらいの着丈の長さを選ぶべき。試着の際、鏡で後ろ姿もチェックして、ジャストなサイズのスーツを選んでください。

num_06
num_06_thm

プリーツ入りのパンツが流行中ですが

パンツもノープリーツで股上の浅いモデルから、プリーツ入りに変化しています。スリーピーススーツにセットされているパンツもこのようにプリーツ入りのものが多くなっています。注意する点はプリーツが開かないサイズのものを選ぶこと。開いている場合は小さい証拠です。

num_07
num_07_thm

パンツの長さもスーツでは重要

ビジネススーツでもここ数年タイトなパンツが多かったこともあり、くるぶしが見えるくらい短めにはいている人をよく見掛けます。しかしスリーピーススーツで、これでは短すぎます。パンツを短めにはく傾向が強いとはいえ、裾が靴にわずかにかかるくらいにしましょう。着丈同様、長すぎても短すぎてもNG!

num_08
num_08_thm

ネクタイで印象を与えるように

この種のスーツを着ると、見た目はかなりスーツの面積が増えますので、選ぶネクタイはインパクトがあるものがV ゾーンを印象的に見せます。ネクタイ(左から)チェック1万2000円、千鳥格子1万2000円(ともにバーニーズ ニューヨーク)、ペイズリー1万9000円(アブラ/以上すべてバーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター freedial 0120-137-007)

num_09
num_09_thm

“きりり”と見せるシャツを選ぶべし

ネクタイ同様、英国調の、襟元にアクセントがあるデザインのシャツを選べばネクタイとも好相性です。シャツ(左から)タブカラー1万5000円(ブリッラ ペル イルグスト/ビームス ハウス 丸の内店☎03-5220-8686)、クレリックカラー2万円、ワイドスプレッドカラー1万9000円(ともにバーニーズ ニューヨーク/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター freedial 0120-137-007)

PC向けページを見る