経営者なら必ず抱く疑問 「ITコストが高くないか」

疑問その壱

なぜ維持費が減らないのか

 いまどき経費を増やしたいとは、いったい何を考えているのか。

 来年度の予算を議論する予算会議に出たところ、情報システムの責任者は来年度の経費を1割近く増やした予算案を出してきた。

 増額分の大半は今使っているシステムの維持費だという。どの部門も数字が厳しく、経費をぎりぎりまで削って予算申請をしている中で増額とは……。

 責任者に問いただしたところ、システムの維持管理を委託している外注先の担当者を増やすためだと答えた。

 数年前に完成したはずのシステムなのに、いまだに人を張り付けていたのか。しかもそれを増やすとはどういうことか。システムの責任者は「来期は営業のやり方が見直しになり、それに合わせてシステムを修正しなければなりません。それは手作業になるのです」という。

 営業の見直しは最重要であり、そのためにシステムを直さないといけないなら仕方がない。だが、本当に人を増やすしか手はないのか。

***

疑問その弐

なぜITの都合に合わせて金を払うのか

 IT(情報技術)の都合に合わせるために、どうして我が社が金を払うのか。

 システムの責任者が来年度に始めるシステム刷新計画を経営会議で説明したが、納得できない話が多く、聞いているうちにイライラしてきた。

 そもそもなぜ刷新するのか。あれこれ説明していたが、現行のシステムに使っているコンピュータの老朽化と基本ソフトウエアのサポート切れが一番の理由のように聞こえた。

 工場の設備と同様に、システムでも老朽化に伴う入れ替えは必要なのだろう。そこまでは分かる。だが説明の中に「基本ソフトがバージョンアップし、古いものが使えなくなりました」あるいは「基本ソフトを変えたので、その上で動かしていた応用ソフトも作り変えます」といった言葉が出てくる。

 基本ソフトを新しくしたらビジネス上どういう効果があるのかと聞くと、「情報セキュリティの確保に役立ちます」などと言ってくる。セキュリティの話を持ち出されるとこちらは何も言えなくなる。

 素人の考えなのかもしれないが、要するにITが勝手に進化し、そのために我が社が金を払うということではないのか。だいたい基本ソフトや各種のソフトに対し、毎月高い保守費を支払ってきた。その範囲で技術の進化に対応してくれないものか。

 当社の業務の都合と関係ない理由で金を投じろと言われているようで、どうにも納得できない。ITに振り回される本末転倒な状況から逃れられないものか。

***

疑問その参

なぜ追加費用が発生するのか

 「新事業に備えて開発してきたシステムについて思わぬ事態が発生しました。追加費用の支出を承認してください」。

 システムの責任者から「相談がある」と連絡があったから時間をとった。私の部屋に入ってくるなり、責任者はこう切り出した。これでは相談ではなく、脅迫ではないか。

 ある程度まで開発を進めたところで、システム開発を委託している会社の作業量が当初の見積もりより増えたという。このため開発に携わる技術者を増やさなければ、計画している時期に動かせないそうだ。

 一体全体、何が起きたのか。追加費用は本当に必要なのか、作業量を減らすことはできないのか。問い詰めてみたものの、「当社が狙っている新事業に必須の機能を備えようとすると、どうしても作業量が増えてしまいます」と言ってきた。

 新事業は重要だから、システム開発に相当の人材と金を投じてきたつもりだが、なぜ突然こういう話になってしまうのか。

 とにかく使えるシステムを完成させなければならない。背に腹はかえられず、しぶしぶ追加費用の支出を承認した。

 最初から高い金を払っていたところに、さらに金が必要になるとは。予想外のことは起きるものだと言われればそれまでだが、もう少しうまく進めることはできないのか。

***

私の疑問はおかしいのだろうか
 なぜシステムにこれほどのお金がかかるのだろうか。しかも継続して。

 なぜITが変わったからといって、こちらが金を払うのか。しかも数年ごとに。

 なぜ想定外の追加費用を求められるのか。しかも突然に。

 納得できない出費をまた強いられるのではないかと思うと、ビジネスの先行きに不安を感じてしまう。

 新聞や雑誌を読んでいるとAI(人工知能)が進化したと書いてある。ロボットの進化にも目を見張る。だが、業務で使うシステムやITについては何も進歩していない気がする。

 「あなたは分かっていませんよ」と言われたらそれまでだが、システムやITにはおかしなところが多々あるように思えてならない。

 私の疑問はおかしいのだろうか。
——あなただけではありません。
ITコストへの疑問

***

Futureproofing Your Business
ビジネスの未来を守る
お問い合わせ

ジェネクサス・ジャパン株式会社

http://www.genexus.com/japan/futureproofing-your-business-jp?ja