nbo.jpg(30496 byte)
グローバル人材育成を応援するTOEIC® Program

ビジネスのグローバル化に伴い、求められる人材や英語能力の要件も高まりつつある。英語発信力を高めるには何を指標とし、どう学べばいいのか。TOEIC®事業を通じてグローバル人材育成に貢献する、一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)常務理事の山下雄士氏に、フリーアナウンサーの八塩圭子氏が聞く。

八塩ビジネスをはじめ、あらゆるシーンでグローバル化が求められる時代。グローバル社会で活躍するためには、どのような英語力、コミュニケーションスキルが必要なのでしょう。

山下まず英語力以前に、日本人であるというアイデンティティをしっかり持つことが重要です。その上で英語を使ってコミュニケーションするわけですが、そこにもルールがある。インターネットが通信プロトコル(手順や規約の集合)に基づいてデータ通信を実現しているように、コミュニケーションにもインターナショナルなプロトコルがあります。そのルールにのっとって円滑なコミュニケーションを取るためには、語学に加えて社会人としての経験も必要となるでしょう。

八塩自らを知り、実社会の中で成長しながら学び取る姿勢が大事だということですね。その中で基本的な英語力を身につけるには、どんな方法がありますか。

山下これはもうどっぷり時間をかけてトレーニングするしかありません。目に見えて英語力をアップさせるためには、まとまった時間の学習が必要です。つまり付け焼き刃でテクニックを磨くのではなく、じっくり腰を据えて勉強する心構えが大切です。

八塩社会人がそれだけの時間をつくるのは大変です。やはり英語は学生のうちから学んでおくのが望ましいのでしょうか。

山下私の場合は学生時代に何もせず、会社で苦労した口です(笑)。商社に勤めていたこともあり、社会に出てから英語がここまで必要なのかと思い知らされました。でも、どんなに忙しくても通勤中などの隙間時間を使ってリスニングのトレーニングをしたり、英語の本を読んだりといったことはできます。また仕事の後に語学学校に通う人も多いでしょう。ビジネスの中で英語を使う場面があれば、それが最も効果的な学習にもなる。学生時代に勉強しておくに越したことはありませんが、社会人になってからでも遅くはないということです。

八塩ひと口に英語といっても、「聞く」「読む」に始まり、「話す」「書く」まで多彩な技能が求められます。学習の優先順位などはありますか。

山下「聞く」「読む」というのは、野球で例えれば、走る、球を受けるといった基礎トレーニングの部分ですが、試合では投げて打たないと勝てない。それに対応するのが、「話す」「書く」能力です。つまりどれか1つだけというのではなく、4つのスキルをバランスよく身につけて初めて英語が使えるようになるといえるでしょう。

八塩英語がどれだけ使えるかを測る目安として、多くの企業がTOEIC® プログラムを活用しています。TOEIC® プログラムが指標とされるのはなぜですか。

山下第一にテストの品質が挙げられます。TOEIC® テストは米国の非営利テスト開発機関であるETS(Educational Testing Service)が制作していますが、開発に当たっては何度も分析と検討を重ねて、英語能力を測るための「モノサシ」としての徹底した品質管理に努めています。また、TOEIC® テストは場所も取らず、2時間程度で実施できるため、多くの社員が一斉に受験するのにも適しているのです。

八塩テスト結果を合否ではなく、スコアで評価する利点はどこにありますか。

山下TOEIC® テストは、10点から990点までのスコアで評価されます。このスコアは、常に評価基準を一定に保つために統計処理が行われ、能力に変化がない限りスコアも一定に保たれます。これにより現在の自分の英語能力を正確に把握することができ、目標とするスコアも設定しやすくなるため、モチベーションアップにもつながるというわけです。

八塩しかもスコアは履歴書に書くことができ、採用や社内評価にもつながると。

山下それができるのも、TOEIC®スコアの価値が世の中に浸透しているからに他なりません。1979年にTOEIC® テストがスタートしてから37年たちますが、その間に累計3000万人以上が受験しています。長い歴史と多くの経験を重ねてきた結果、誰でもスコアを見ればだいたいの実力が分かるという価値の共有ができているのです。

1979年のスタート以来、あらゆる企業や団体、教育機関の英語能力測定に活用されてきたTOEIC® テスト。その受験者数は、累計3000万人を突破した。

1 2 NEXT